Digima〜出島〜

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

サリカ株式会社

「最速収益化」をキーワードに、インドネシアでの調査、拠点立ち上げ、販路拡大までフルサポート

辰野 元信

担当者から一言

辰野 元信一言で強みを言うのであれば、インドネシア進出「最速収益化プロデュース」が行える、唯一の進出支援会社です。

東京とジャカルタにオフィスがありますので、どちらでも打合せ可能です。ジャカルタにも日本人スタッフがおります。法人設立は通常7ヶ月を最短2ヶ月に、自社でも20名の営業がいるので、進出後も最速で売上を立て、単月黒字を目指します。進出前の現地展示会出展も外国語がしゃべれない、初めての海外展示会の方でもしっかりサポートさせて頂きますし、他にも調査、マッチング、M&A、交渉代行など、多岐に渡り多くの業種でご支援させて頂いております。

辰野 元信

サポート範囲

対応国

対応ジャンル

対応可能な段階

  • 情報収集段階
  • 進出検討中
  • 進出が決定している
  • 既に進出している

対応可能な業種・業態

その他

対応可能な会社規模

10名以下、11名〜50名以下、51名〜100名以下、101名〜500名以下、501名〜1000名以下、1001名〜5000名以下、5001名以上

対応可能な言語

日本語、英語

対応可能な国内エリア

関東

Skype対応

会社の特徴

会社概要

弊社は「販路を作る会社」です。インドネシア進出支援につきまして、年間100件以上のご支援をさせて頂いております。他にも自社ブランドでmade in Japanの美容健康食品を販売しており、20名程度の販売部隊もおります。自社商品の取引先は600社以上、営業先も1000ポイント以上有しています。

既に現地では人口3億人と言われる、東南アジア最大の人口を誇る、インドネシア。しかも超親日国家で、made in Japanがまだまだ大きなブランドとなる同国は、今まで他国と比べ、日系中小企業が殆ど参入しておりませんでした。理由はイスラム圏でハラルとは何かよく知られていなかったことや、他国と比べても強い外資資本規制などが挙げられます。ただ、それをよく理解し、リスク回避方法も知っていれば、そこにはブルーオーシャンが広がっています。

弊社は3年前に参入し、自社でも営業部隊を育成しながら富裕層向けに美容健康食品を販売し、同時に多くの日系企業の進出支援も行って参りました。前述の参入障壁を熟知し、様々なリスク回避スキームもご提案できます。ぜひ、一緒にこの大きなブルーオーシャンを攻めていけたらと思います。

会社の強み

  • 進出前の現地展示会出展など、初めての海外でも徹底サポートします


    海外市場に打って出たい、でも海外展示会に出たこともない・・。大丈夫です。空港の送迎から通訳の手配、展示会現場のサポート、その後の販路開拓まで完全支援致します。

  • 進出後、最短で収益化できます


    法人設立期間7ヶ月を最短2ヶ月で。自社で培った固定費削減ノウハウもご提供し、弊社営業部隊が御社の商品を販売することにより、最短での単月黒字を目指します。

  • 最適なリスク回避スキームをご提案します


    他の国に比べても特に厳しい外資資本規制など、インドネシア特有の注意すべきポイントがあります。弊社から様々なケースを想定したリスク回避スキームをご提案致します。

ご利用企業からの評価

※サポート企業がご利用企業から集めた評価をもとに作成

評価:

サポート実績数:100

価格

4

対応

4

スピード

5

知識

5

この企業にお問合せをする

0120-979-938電話相談窓口 : 平日10:00 -18:00

海外進出サポート企業に
「Digima〜出島〜」がインタビュー

東南アジア最大の人口を誇るインドネシアは、進出チャンスに溢れています。代表取締役社長 辰野 元信

ダミー 更新

インドネシアへの進出のメリットと留意点について教えてください
まず、東南アジア最大の人口によるマーケットがあることが魅力です。また、これから富裕層やアッパーミドルと言われる中間層なども所得の広がりとともに数倍伸びると言われています。「ハラル」などの障壁はもちろんありますが、他国に比べてまだまだ「日本製品」ということが、しっかりとブランドと感じてもらえる市場でもあります。そういった意味でも、まさにやり方次第ですので、チャンスにあふれている国であると言えます。
インドネシアで販路開拓を成功させるポイントについて教えてください
インドネシアは、まだまだネットで物を買う流れが日本に比べて少ないため、販路を拡大するには販売代理店やディストリビュータ、バイヤーなどリアルな販路のパイプを作ることが重要です。販売ルートがあれば商品を売り込みにいけますし、展示会を活用した場合、向こうから商材に注目してくれれば卸数や価格交渉など優位な条件提案ができる場合があります。弊社ではそうした効果もあり、初めて展示会に出展する企業様には出展~当日の運営までフルサポートを行っています。
お客様のサポートで心がけられていることは?
私どもは、日本とインドネシア現地にも拠点を持ち、現地の営業部隊も20人を超える組織で自社ブランド製品なども販売してきた実績があります。その経験や、持ちうる販路や人脈などを全てお客様に提供し、フルサポートできる体制を用意しております。販路のサポート以外にも、拠点展開やライセンスの取得など様々な対応も行います。そして、お客様がスピーディーな収益化ができるよう、一緒に戦略を練らせていただきたいと思っています。

企業情報

代表者氏名 辰野 元信
従業員数 21
URL http://www.salica.jp/
事業内容 インドネシアへの進出支援事業
主要取引先 -
資本金 7000000
設立年月日 2013年5月27日
所在地 【東京本社】東京都渋谷区桜丘町30-12 マイア404
代表者の経歴

2000年日本オラクル株式会社入社 ERP営業 大手自動車メーカー担当 グローバルアカウントマネージャー等

2008年イスラエル デジタルペン技術を持つハイテク企業 ペガサステクノロジーズ バイスプレジデント 及び 日本販売会社 社長 を兼務 

2009年上記企業のM&A完了後、中国新疆ウイグル自治区 区都ウルムチ の1万2千平米のショッピングセンター「辰野名品広場」の代表取締役

2013年親族会社である上記の代表を返上し、 サリカ株式会社を創業 同時にインドネシアにも販売会社を設立 現在に至る

2015年全国3500社が登録する経営者団体、社団法人ニュービジネス協議会(NBC)の東京NBCにて理事と国際ビジネス委員会の委員長も務める

Digima~出島~ 担当者からのコメント

サリカ株式会社は、インドネシア進出を事前調査・会社設立代行、または現地フルサポート支援まで、幅広くご支援致します。インドネシア進出をご希望の企業様はぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

この企業にお問合せをする

0120-979-938電話相談窓口 : 平日10:00 -18:00

この企業を見た方は、こちらの企業も一緒に見ています

海外進出無料相談サービスの専門コンシェルジュにご相談ください。

カンタン15秒!無料相談はこちら