チューリッヒ保険会社

海外子会社のリスクは本社で管理すべきだということは分かっている。大事な海外ビジネスを、きちんと守りたい。でも、どうやって? チューリッヒは、海外にビジネス展開するお客様に、最適で万全な保険ソリューションを提供します。

企業保険事業本部 営業推進部長 小林充明

担当者から一言

企業保険事業本部 営業推進部長 小林充明近年日本企業の海外進出は上場している大企業にとどまらず、中堅中小企業含め活発になっています。海外に事業を拡大し成長していくためには営業戦略と同時に、いかにして海外子会社を含めたグループリスクを管理していくかという戦略が事業の両輪として必要になってきます。その為、現在海外子会社を含めた保険を日本から手配・管理しようとする企業からの相談が増えています。保険に関するルールは国によって異なりますので、現地で事故処理対応や保険金が受取れ、かつ効率よく日本からコントロールできる仕組みが必要になります。当社は日本では通販型自動車保険のイメージが普及していますが、海外展開している企業の保険も全世界レベルで強みとしています。

企業保険事業本部 営業推進部長 小林充明

サポート範囲

対応国

対応ジャンル

対応可能な段階

  • 情報収集段階
  • 進出検討中
  • 進出が決定している
  • 既に進出している

対応可能な業種・業態

全業種

対応可能な会社規模

指定なし

対応可能な言語

日本語、英語

対応可能な国内エリア

日本全国

Skype対応

×

会社の特徴

会社概要

チューリッヒ・インシュアランス・グループは、グローバル市場および各国市場において幅広い商品ラインアップを揃える世界有数の保険グループです。スイスのチューリッヒ市を本拠に1872年に設立され、およそ53,000人の従業員を有し、世界210以上の国と地域で、個人、そして中小企業から大企業までのあらゆる規模の法人およびグローバル企業のお客様に、損害保険および生命保険の商品・サービスを幅広く提供しています。
特に昨今では、ビジネスのグローバル化に伴って企業を取り巻くリスクが一段と複雑化しており、チューリッヒはグローバルな経験と、専門知識、世界有数のネットワークを駆使して、さまざまなリスクへの対応を必要とされる企業のお客様に、世界レベルで質の高いソリューションを提案しています。
こうした中、海外に事業展開されるお客様向けにチューリッヒが自信を持ってご提供している保険ソリューションが「インターナショナル・プログラム(国際保険プログラム)」です。

* インターナショナル・プログラム(国際保険プログラム)とは?
海外に拠点をお持ちのお客様向けの保険ソリューションで、「海外拠点のリスク管理」、「世界中の拠点を網羅する統一化された補償内容」、「各海外拠点の契約内容・保険事故対応状況などの情報の一元管理」を可能にする保険プログラムです。インターナショナル・プログラムは火災保険、賠償責任保険、貨物海上保険など幅広い保険種目への適用が可能であり、世界レベルで整合性のあるリスク・マネジメントの実現にお役立ていただけます。

会社の強み

  • 1. 海外子会社のリスク管理に関して、企業のお客様が抱えている課題とは?


    海外ビジネス展開を果たすにあたっては、色々とご苦労があったはず。そんな大事な海外ビジネスは確実に守りたい。でも、海外拠点や海外子会社をカバーする保険は、国内の拠点や国内子会社をカバーする保険と何が違うのでしょう?

    * 海外子会社の保険手配を現地任せにしていて、本社では保険の内容を把握していないケースが多くあります。

    * 各国では、それぞれ固有の保険関連規制があるため、日本で発行される証券で直接カバーすることができない国が多数あります。こうした国にある海外子会社の保険は、現地において手配される必要があります。

    こうした注意点を理解しないで保険を手配してしまうと、事故の際に保険金が適切に支払われなかったり、損害調査サービスが受けられない場合があります。

  • 2. インターナショナル・プログラムで、大事な海外ビジネスを、きちんと守る


    チューリッヒのインターナショナル・プログラムは、海外にビジネス展開するお客様向けの、最適で万全な保険プログラムで、

    * 賠償責任保険
    * 貨物海上保険
    * 火災保険など

    さまざまな保険に適用することができます。最適な保険内容を、各国のルールやお客様の利便性を考慮の上で設計し、その上で各国の保険を一元的に管理することにより、会社法に準じたコーポレートガバナンスを確保するだけでなく、何よりも「保険金が迅速かつ適切に受け取れない!」といった事態を排除できます。

  • 3. 万全のサポート体制でお客様をバックアップ


    インターナショナル・プログラムの運営にあたっては、世界中に張り巡らされたチューリッヒの国際的なネットワークに加えて、MIA (*) に代表されるチュ-リッヒ独自のサポートシステムや、リスク査定の専門家(リスク・エンジニア)がお客様をバックアップしています。

    * MIAとは?
    海外子会社のリスクをカバーする保険を手配する際には、それぞれの国における保険に関する規制や税制など、注意しなければならないルールがあり、これに違反すると保険金を受け取れない場合があります。MIAとは、チューリッヒのグローバルなネットワークと、弁護士や会計士といった専門家をフルに活用し、常に最新のルールを確認できるチューリッヒ独自のデータベースです。

ご利用企業からの評価

※サポート企業がご利用企業から集めた評価をもとに作成

評価:

サポート実績数:120

価格

4

対応

5

スピード

4

知識

5

この企業にお問合せをする

0120-979-938電話相談窓口 : 平日10:00 -18:00

サポート内容

  • 情報収集段階
  • 進出検討中
  • 進出が決定している
  • 既に進出している

インターナショナル・プログラム(国際保険プログラム)の設計

ジャンル: 海外保険

説明:
日本のグローバル企業では、海外子会社の保険手配を現地任せにしていて、本社では海外子会社の保険内容を十分に把握していないといった課題を抱えています。また、各国では、それぞれ異なる保険関連規制が運用されており、日本で発行される証券では海外子会社をカバーできない国であるにも係わらず、日本で発行される証券に海外子会社を含めてしまっているというケースも散見されます。このような場合には、事故が発生した際に保険金が適切に支払われないことや、損害調査サービスが受けられないことがあります。チューリッヒは、こうした課題に対する最適なソリューションとして、インターナショナル・プログラム(国際保険プログラム)を提供しています。

依頼例:
中国に製造拠点を持っている。この工場で製造・加工した製品もカバーするような生産物賠償責任保険(PL保険)に加入したい。

対応内容例:
中国現地の保険関連規制に基づき、中国で製造された製品に起因する生産物賠償責任は、日本で手配する保険では補償の範囲に含めることができません。そのため、インターナショナル・プログラム(国際保険プログラム)の仕組みを使ってPL保険プログラムを日本で手配し、このプログラムの仕組みに基づいて中国で現地証券を発行します。これにより中国でPL事故が発生しても、適切に保険金を受け取ることができます。

費用例

価格帯:

  • 0
  • 100
  • 200
  • 300
  • 400
  • 500
  • 600
  • 700
  • 800
  • 900
  • 1,000
  • 単位:万円

実績

インターナショナル・プログラム(国際保険プログラム)の設計

サポート内容:海外保険

実績内容

チューリッヒでは、企業の規模を問わず海外に拠点をお持ちのお客様に、進出国のルールやお客様の利便性を考慮したインターナショナル・プログラム(国際保険プログラム)を積極的にご提案させていただいています。チューリッヒが日本で提供しているインターナショナル・プログラムの契約数も、過去5ヵ年で実に約2.4倍と飛躍的に増加しており、多くの企業様がグローバルなリスク管理のソリューションとして、インターナショナル・プログラム(国際保険プログラム)の導入を進めています。

企業情報

代表者氏名 日本における代表者および最高経営責任者 西浦正親
従業員数 約1,080人(スタッフ社員含む2017年3月末現在)
URL https://gc.zurich.co.jp/corporate
事業内容 損害保険業
主要取引先 NR
資本金 NR
設立年月日 1986年(昭和61年)7月(事業免許取得)
所在地 【日本本社】〒164-0003 東京都中野区東中野3-14-20
連絡先

企業保険事業本部03-6832-8802

この企業にお問合せをする

0120-979-938電話相談窓口 : 平日10:00 -18:00

この企業を見た方は、こちらの企業も一緒に見ています

海外進出無料相談サービスの専門コンシェルジュにご相談ください。

カンタン15秒!無料相談はこちら