費用は助成金で全額返還!+100万円が手元に残る!「Digima〜出島〜 海外ビジネス研修」Digima~出島~

参加申込みはこちら

費用は助成金で全額返還!+100万円が手元に残る!「Digima〜出島〜 海外ビジネス研修」

費用は助成金で全額返還!+100万円が手元に残る!「Digima〜出島〜 海外ビジネス研修」

 
 
海外ビジネスの支援プラットフォーム「Digima〜出島〜」は、
今まで海外に進出したいという日本企業様からの質問を一万件解決して参りました。
そこで見えてきた「海外ビジネスをする上で知りたいこと」をまとめ、
それらすべてを丸2日間で詳しく解説する研修を用意しました。

これまでは、海外進出が決まっている企業様やある程度進出先の国やエリアを
選定されている企業様向けにセミナーという形で情報提供を行ってきました。
しかし、実際はその前段階で「海外ビジネスをするには何を準備すればいいのか」
「自分たちの商品・サービスはどこで売れるのか」などといった
入り口でお悩みの企業さんが多くいらっしゃいました。
今回の企画はまさにそうした企業様向けの「海外ビジネス研修」サービスとなっております。

これから海外ビジネスを検討する企業様にとって、まさにゼロから学ぶことができ、
研修受講後はすぐにでも自社の海外展開に必要な準備を始められるような、
「Digima〜出島〜」にしかないノウハウがびっしりつまった内容となっております。

Digima~出島~とは、
海外進出・海外ビジネスの課題を解決に導く日本最大級の海外ビジネス支援プラットフォームです。
https://www.digima-japan.com/

費用は助成金で全額返還!+100万円が手元に残る!「Digima〜出島〜 海外ビジネス研修」

費用は助成金で全額返還!+100万円が手元に残る!「Digima〜出島〜 海外ビジネス研修」

取引先機関

費用は助成金で全額返還!+100万円が手元に残る!「Digima〜出島〜 海外ビジネス研修」

最大の海外ビジネス支援プラットフォームだから、
海外進出企業に必要な「はじめての海外ビジネスノウハウ」を提供できます!

<ご導入 3つのメリット>

  • 1万件の海外ビジネスノウハウが凝縮!

    最新の海外ビジネス情報を入手

    「Digima~出島~」は、2011年のサービス開始より「海外進出を希望する日系企業」と、各国への進出支援を行う「サポート企業」とのマッチングを行ってまいりました。その総マッチング数は1万件に及びます。その相談窓口へのお問い合わせで見えてきた「海外ビジネスをする上で知りたいこと」と、サポート企業が提唱する「進出時にやっておくべきこと」をまとめ、2日間で詳しく解説・指導する海外ビジネス研修を企画いたします。

  • 60万円の研修が無料+最大100万円手元に残る

    その場で直接相談できる

    今、助成金は日本中で3000以上あると言われています。その中でも比較的すべての企業に受給しやすいものをピックアップ! 最大で180万円受給できるので研修費用全額キャッシュバック+手元に100万円が残せます。




  • 申請は助成金専門社労士が担当、手間ゼロ

    あらゆる角度で比較できる

    通常、助成金の申請は手間がかかるもの。それがネックで多くの企業様は受給を諦めている実情です。Digima〜出島〜では、助成金申請を専門とする社労士と提携し、申請時の手間を最小化することに成功。プロに任せることで申請ミスなく確実に受給できます。



Digima〜出島〜 海外ビジネス研修とは

いざ海外進出! といっても、まずは何から準備をしていいのかわからない。かといってノウハウを構築する予算もない――。
そんな企業様も多いのではないでしょうか?
そこで、海外進出・海外ビジネスに関わるありとあらゆるご相談を"10,000件"頂戴してきた「Digima〜出島〜」が立ち上がります!

題して、
海外進出のノウハウがゼロから身につく「Digima〜出島〜 海外ビジネス研修」
です。

今回の企画のポイントは、助成金を活用することにより、研修費用60万円が全額返還されることです。
さらに最大140万円が手元に残るので、そちらで市場調査や海外視察を実施することも可能になります!

もちろん、助成金は返済不要!
今までコストをかけられなかった研修を実施し、かつ手元に資金が残るというまたとないチャンスです。
助成金の申請も専門社労士が完全サポート。是非、奮ってご参加いただけますと幸いです。

開催概要

開催日時

毎月開催

主催

Digima〜出島〜(株式会社Resorz)

会場

東京都内の会場を予定しております

こんな企業にオススメ

・これから海外進出を検討している企業様
・海外進出のノウハウを一から身につけたい企業様
・助成金活用に興味をお持ちの企業様
(※助成金の申し込み条件)
(1)社員を雇用していること、(2)過去1年以内に会社都合で社員を解雇していないこと

プログラム

①海外進出、海外展開の魅力
・情報化社会の進展~国境を意識しない思考
・アイスブレーク:自己紹介他(例:GDP・人口上位国クイズ等)
・日本市場-人口動態、少子高齢化等
・海外市場-経済成長と所得向上による消費性向の変化等
・TPP他FTAやEPA

②最初に整理すべきこと
・目的の明確化
・社内コンセンサス等リソースの確認
・ワーク:自社商材・サービスの把握(事前課題?SWOT分析、3C・4C分析等)
・販売ターゲットは誰(海外ローカル企業? 進出日系企業?)

③社内インフラの整備
・商材・サービス紹介ツールの他言語化(英語、繁体字と簡体字他)
・ウェブサイト、SNS類による情報発信
・公的機関のマッチングサイト:TTPP、J-Goodtech、CCI-IBO
・民間企業のECサイト:アリババワールドパスポートやECモール出品
・他言語による問合せへの対応
・知的財産保護(特許、商標等)

④基本的な国際ビジネスの流れは抑えておく
・インコタームズ2010と基本的な物の輸出入の流れ
・ウィーン売買条約(CISG)や原産地証明
・安全保障貿易管理や輸出入に関連する法令
・貿易クレームと貿易保険、代金回収

⑤国内でできる事前リサーチ
・情報収集と展開国の仮説をたてる(ジェトロDB、スタイルシリーズ、貿易統計ほか)
・事業計画書の必要性(綿密過ぎる計画より大事なのは軌道修正力)
・成功のポイント:ニーズの明確化(ニーズが無ければ売れない)

⑥現地での事前リサーチ(F/S)
・まず行って見て、聴いてみる(3rdオピニオンまではとる)
・訪問アポイントの取り方(公的機関やDigimaの有効活用)
・成功のポイント~立てた仮説の検証

⑦現地パートナー・卸販売先の開拓
・ロングリストとショートリスト(ジェトロのDB KOMPASS他)
・遠隔アプローチと条件交渉(販売店契約と代理店契約の違い)
・MOQとコンテナ船等の基礎知識、2つのInvoice
・取引打診の英文サンプル
・見本市や展示会の活用(J-Messeや共同出展の活用)
・現地でのPUSH型アナログアプローチ(Digima支援機関の活用他)
・信用調査の実施方法
・契約書の重要性(英文契約書DB Draftsman)

⑧小さく生んで大きく育てる(現地拠点の設立)
・拠点の形態(駐在員事務所、支店、子会社の違い)
・長期出張やインキュベーションオフィスの活用
・不動産賃貸事情とレンタルオフィスの活用
・外資規制や現地法人設立登記、現地国籍者の雇用等
・Digima支援企業(会計士、弁護士、法律事務所等)の活用
・現地と本社間のコミュニケーション(OKY)

⑨成功に不可欠なものは”人”
1.海外の取引先、提携先との信頼関係
2.経営者の強い意欲と率先垂範
3.スタッフの志と熱意

⑩ Digima〜出島〜利用企業様の事例紹介
・スポットサポート:通信機器レンタル・販売企業様
・継続的サポート:特殊機械メーカー様

⑪ワーク:自社の行動計画の作成と共有

研修講師

日本グローバルサポート株式会社
代表取締役 木村 孝之

【プロフィール】木村 孝之
【職務経歴】
1961年広島生まれ。愛知県立大学外国語学部英米学科卒業後、日本通運株式会社入社。広島旅行支店に13年半勤務し、自動車産業をはじめとした地場企業・財界、自治体の経済ミッション等グローバルビジネスを実践した後、より市場の大きい都市での勤務を上申して大阪に異動。 関西勤務中の8年間に、同期入社でいち早く管理職に昇格した後、更に東京に転勤、「世界日通」の旅行事業部全体の販売戦略策定、営業管理、社員教育等を掌る経営幹部となる。 現在は200回・約50ヵ国にのぼる海外渡航経験と海外ネットワークを活かして自ら起業した「日本グローバルサポート株式会社」代表として、中小企業の海外進出、海外展開を幅広く支援しながら、グローバル人財育成の支援も手掛ける(「企業は人なり」を信条とし、人材の文字には必ず“財”を使用する)。
研修テーマは、新入社員・チームリーダー・管理職・支店長等階層別職場研修に加え、リーダーシップ、コミュニケーションスキル、営業戦略構築、海外市場の魅力と異文化理解、企業内資格制度の実技試験官まで幅広い経験をもつ。

【所属団体等】
・一般社団法人貿易アドバイザー協会(AIBA)認定貿易アドバイザー
・東京商工会議所中小企業国際展開アドバイザー
・独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)SWBS登録企業
・独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)メンバーズ

サービスの流れ 〜まずはセミナーにご参加ください〜

<無料説明会に参加 ▶ 研修申込 ▶ 助成金申請 ▶ 研修実施 ▶ 報告書提出 ▶ 助成金交付>

【無料説明会に参加】
まずは、本ページ末のフォームより、無料説明会への参加申し込みを行ってください。海外ビジネス研修についての概要や、助成金の仕組み・申請方法といったことを解説し、申込書類などを配布いたします。

【研修申込】
上記、申込書類に署名捺印の上、ご提出いただきます。 ※ 研修費用60万円は申込書を提出いただいた時点でご請求書を発行させていただきます。

【助成金申請】
弊社提携の助成金専門社労士のサポートにより、助成金を申請いたします。
※ 会社謄本などご用意いただく書類がございます。また、下記が助成金申請の条件となります。
・社員を雇用している企業であること
・過去1年以内に会社都合で社員を解雇していないこと
・雇用保険に加入している従業員がいること

【研修実施】
海外ビジネス研修にご参加いただきます。

【報告書提出】
社労士のサポートを受け、報告書を提出いたします。

【助成金交付】
2ヶ月後、3ヶ月後、半年後、と段階的に助成金が交付されます。

お問い合わせフォーム

無料説明会・個別相談

スケジュール

無料説明会:毎週開催(※ 詳細はお問い合わせください)
個別相談:随時承っております

参加費用

無料

会場

「Digima~出島~」中目黒オフィス

〒153-0051
東京都目黒区上目黒3丁目34-1 第二上目黒シティハウス4号


<アクセス>
東急東横線・東京メトロ日比谷線 中目黒駅 徒歩7分

内容

1. 助成金について(種類と内容、条件など)
 まずは、日本中で数千以上あると言われている助成金・補助金について、その特徴と活用のメリット、注意点などをお話しします。

2. 海外ビジネスにどう助成金を活用するか?
 その中で、海外ビジネスを始める・推進するにあたって、どの助成金が利用できるのかをお話しいたします。また、実際に受給した際の金額イメージと、受給までのスケジュールなどもこちらでご説明します。

3. Digima〜出島〜 海外ビジネス研修の内容について
 今まで他社や他機関ではなかなか実施することができなかった、リアルな日本企業の声をもとにお作りした実践的な「Digima〜出島〜 海外ビジネス研修」について、プログラムなど詳細をご説明いたします。

4. 質疑応答・個別面談
 個別でのご相談や、セミナー内で気になることがございましたら、その場でおうかがいいたします。

   費用は助成金で全額返還!+100万円が手元に残る!「Digima〜出島〜 海外ビジネス研修」

お問い合わせフォーム

フォーム入力 確認画面 お申込み完了

会社名

ご担当者氏名

メールアドレス

電話番号

希望日時

未入力の項目を埋めていただくと、次に進めます。

GOTOTOP