• このエントリーをはてなブックマークに追加

【世界の経済成長都市ランキング】「ホーチミン進出」に役立つ経済&ビジネス情報

掲載日:2018年11月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本稿では、「世界の経済成長都市ランキング」として、第1位であるベトナム「ホーチミン」進出に役立つ経済&ビジネス情報と、日本企業の進出先としてホーチミンがなぜ注目を浴びるのかについて見ていきます。

近年話題となった書籍『年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学』でも述べられているように、同じ国内でも、その都市・地域によって特徴やビジネス環境は異なってきます。

同じベトナム国内でも、北部のハノイと南部のホーチミンとでは、その参入障壁に異なる特徴があるのです。

ホーチミンはベトナム最大の経済都市といわれています。最近では、ベトナム国内の教育機関で日本語教育が行われていたり、技能実習生として日本で働いたり、更にはベトナム現地の日本企業で働きたいと考える人が増加しています。

日本企業がベトナムの進出・現地の販路拡大等を検討する場合には、現地の文化や習慣に精通している人材が必須です。そのため、日本語ができるベトナム人材を採用することで、ベトナム進出・販路拡大の舵取り役として期待できます。

特にホーチミンでは、日本企業が多く進出していることもあり、日本企業への需要が高まりつつあるのです。

Photo by Marco Verch on Flickr

【2018年、最も成長する都市ランキング】
■第1位:ホーチミン(ベトナム)
■第2位:ジャカルタ(インドネシア)
■第3位:マニラ(フィリピン)
■第4位:クアラルンプール(マレーシア)
■第5位:深セン(中国)

【海外進出白書 2017-2018年版】より↓
白書バナー_17-18版

1. ベトナム随一の経済成長都市「ホーチミン」

成長する経済都市「ホーチミン」



ホーチミンは、ベトナムの南部に位置する、国内最大都市です。北部には首都のハノイがあります。ホーチミンの人口は約830万人で、ハノイの人口は約730万人となっており、およそ100万人の差があります。

南部のホーチミンと北部のハノイでは、特徴が異なります。ホーチミンは経済都市と言われており、多くの外資企業が進出しています。しかしながら、ハノイは外貨流通が厳しいこともあり、外資系企業の進出は、ホーチミンと比較すると外資系企業が少ないと言われています。そのため、ハノイは政治都市ともいわれています。

中国の都市と性格が似ていることから、しばしばハノイは北京、ホーチミンは上海という具合に例えられます。

ホーチミンの主な産業としては、サービス業、工業・建設業、観光業、IT産業が挙げられます。特にIT産業では、日本企業によるオフショア開発により盛り上がりを見せています。

2. 経済成長都市「ホーチミン」が進出先として注目を浴びる理由

インフラ整備により、外資企業が進出しやすい環境に

ホーチミンが進出先として注目される理由の一つに、インフラの改善が挙げられます。ホーチミンでは、外資誘致を積極的に行っており、その取り組みとして、公共交通機関の整備が挙げられます。その一方で、ビジネス環境を重視する外資企業を呼び寄せるためには、インフラ整備が重要になります。

ホーチミンでは、急激な人口増加により、自動車やバイクによる大気汚染や交通渋滞が深刻な問題となっていました。しかし、現在では鉄道の敷設を軸にした交通インフラの整備により、上記の問題が改善されつつあります。

この交通インフラプロジェクトには、日本からも総合商社、大手ゼネコンが携わっていることもあり、日本の鉄道技術が使用されています。ハノイでも同様の鉄道プロジェクトが施行されていますが、こちらは中国企業が携わっています。

ホーチミンでは、積極的な外資誘致のため、外資系企業の進出がしやすくなっています。進出にあたっては、法人税軽減などの優遇制度や工業団地進出の際の関税免除など、コスト面での恩恵を受けることができます。

らにホーチミンは、アジアの中でも経済成長が著しい都市の一つとして数えられていることから、将来性の高さがうかがえます。

とある統計予測によると、ホーチミンは、2021年までに年平均8%で成長し、アジアで第2位の成長都市になるともいわれています。この予測では、トップ5位は、ホーチミンを除きすべてインドの都市となっており、東南アジア(ASEAN)域内では、最も成長が期待できる都市だと言うことができます。

3. ホーチミンでは日本企業も人気の就職先

ベトナム国内で需要が高まる日本語人材

ホーチミンには、日本企業が1,200社あると言われており、ベトナムに進出している日本企業のうち、半数以上がホーチミンに進出しています。日本企業の進出が盛んなホーチミンでは、日本企業への就職が人気になりつつあります。いったい何故なのでしょうか?

理由としては、ベトナム国内で日本企業の給与が高いことが挙げられます。ベトナムでは、韓国企業の影響力が大きく、電化製品や自動車といった製品が韓国製品として国内市場を席巻している現状があります。

また、韓国からの移民も多く、その行動や言動からホーチミンでは、不信感や嫌悪感を抱いている人も少なくないため、アジアの国でもイメージが良い日本企業の就職を目指す人が増加しています。

その一方で日本に滞在するベトナム人の増加も顕著です。法務省入国管理局によると、2017年の在留外国人は、256万1,848人と過去最高を記録しました。国別では、ベトナム出身の在留外国人が2016年と比較して、31.2%の増加となっています。在留ベトナム人の数は、全体で3位になっていますが、今後も増加する可能性が高いです。増加した理由としては、留学生や技能実習生の増加が挙げられます。

日本企業で働くベトナム人が増加した背景には、小中学校で日本語教育が行われるようになり、さらには、国内で日本文化や日本製品が広く普及していることで、日本に親しみを感じている人が多いことが挙げられます。

さらに、ベトナム国内で高卒者が仕事を得るのは難しいため、海外志向の人が増えつつあります。ベトナムと日本経済の結びつきが強くなったことで、そうした人たちが技能実習生として日本に滞在しています。技能実習生終了後は、高い日本語能力を身につけ、ベトナム国内の日本企業、もしくは日本で就職をすることがデフォルトになりつつあります。

日本企業としても、ベトナム人は勤勉で、英語を話せる人も若い人を中心に増えてきていることから、ベトナムに進出を検討している企業や現地での販路拡大において、現地の事情に精通しているベトナム人材の採用は有効であると考えられます。

4. 今後も重要な進出先となるホーチミン

以上、ホーチミンについて見てきました。ベトナム国内では、小学校で第一外国語に英語と並んで日本語を導入しました。このことからも、ベトナムが日本との関係を重視していることがわかります。

そんなベトナムの経済の中心となるホーチミンでは、日本企業も多く進出しているため、日本語人材のニーズが高いです。また、日本企業としても、日本語が堪能なベトナム人材を採用することは、ベトナム進出や販路拡大において、メリットがあります。今後も、ホーチミンは日本企業の重要な進出先となるでしょう。

5. 優良なベトナム進出サポート企業をご紹介

今後も成長が見込まれるベトナム・ホーチミン。ベトナムも高い経済成長率を誇っています。PwCの調査によると、2050年までに実質経済成長率は年平均5.4%であると推計されています(日本は1.4%)。

短期的に見ても、長期的に見ても非常に将来性が高い国です。また、労働人口も多く平均年齢の30歳と若い為、労働市場としても魅力的です。

「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良なベトナム進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

「ベトナム進出の戦略についてサポートしてほしい」「ベトナムに進出したいが何から始めていいのかわからない」「ベトナムで優秀な人材を採用したい」…といった、多岐に渡るベトナム進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリのベトナム進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。



失敗しないベトナム進出のために…!
最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう