• このエントリーをはてなブックマークに追加

インドレンタルオフィス・サービスオフィスの注意点

掲載日:2016年04月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドレンタルオフィス事情

インドレンタルオフィス事情

インドは日本のおよそ8.8倍の国土を持ち、まもなく中国を超えるだろうと言われる12億人もの人口に支えられた巨大なマーケットを誇っています。日本企業の進出先といえば中国だったのは一昔前の話で、インドへ拠点を構えたいと望む企業が年々増えています。拠点を構えたいと思っても、賃貸物件を探し必要な設備をすべて整えるとなるとたいへんなコストとなり、進出すべきタイミングに間に合わずビジネスチャンスを逃してしまうことがあります。
ビジネスチャンスを逃さないためにも、インドレンタルオフィスを利用し拠点とするのも一案です。拠点を構えてオフィスで事務作業や営業活動の準備を行うなら、インドサービスオフィスがお勧めです。インドサービスオフィスは、営業活動をするのに欠かせない設備やサービスが利用できて、契約と同時に営業所として使用することができます。営業活動は日本国内で行い、インドに会社の籍をおいて、現地での信頼性を高めたい場合はインドバーチャルオフィスを選択するのがよいです。
こちらは住所と私書箱・現地の固定電話番号を使用することができ、インドバーチャルオフィスを提供するサービス会社によっては郵便物や電話への対応代行や転送サービスを実施してくれるところもあります。

レンタルオフィスの費用とメリット

レンタルオフィスの費用とメリット

インドレンタルオフィスを借りる際の参考として、オフィス賃貸物件の相場について触れておきたいと思います。賃料(月額)の相場を人気のビジネス地区でみていくと、ニューデリー中心部CBDで1坪15,400円、ニューデリー新興地区グルガオンで1坪6,000円、ムンバイ中心部BKCで1坪18,000円となっています。
インドサービスオフィスの賃料は相場より高く、例えばグルガオンの2坪のスペースで約6万円〜という物件がありました。ただこの中に電話、ファックス、コピー機などの使用料が含まれています。滞在期間が長くなれば割高になりますが、初期投資が安く済みすぐに営業活動を行うことができるのがメリットです。インドバーチャルオフィスはムンバイ中心部で月額152インドルピー、日本円にして300円程度と現地価格の格安なプランもあります。

レンタルオフィスを探すときの注意することは?

レンタルオフィスを探すときの注意することは?

インドレンタルオフィス(インドサービスオフィス・インドバーチャルオフィス)のサービス提供会社の中には、日本資本のサービス提供会社が多くあります。一般的にインドと日本は価値観が違うところが多いと言われていますから、日本資本のサービス提供会社を利用したほうが無難で日本と同じ感覚でビジネスを行える環境を整えることができます。そういった会社のほとんどが、インド進出サポート全般を行っているのでトータルサポートをパッケージで依頼すれば、レンタルオフィスに係る経費を割安に抑えられます。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出のオススメサポート企業

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう