• このエントリーをはてなブックマークに追加

インドのオフィス・事務所の賃料

掲載日:2016年04月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドのオフィスの賃料は

インドのオフィスの賃料は

外資系企業の多いグルガオンにおけるインドオフィス賃料の相場は、平方メートル当たり1,600インドルピー/月ほどとなっています。ただし、インドのオフィス仲介業者に実際に問い合わせてみると、相場とされる金額より高い賃料を提示されることも多々あるようです。やはり、いくつかのインド事務所賃貸物件を実際に見比べて検討することが大切になります。仲介手数料は業者によって異なりますが、家賃の1ヵ月分ほどが一般的です。 インドのオフィス仲介業者にはインド現地系と日系がありますが、日系の仲介業者の方が比較的インドオフィス賃料の高い物件を取り扱っています。その分物件数は少ないのですが、日本人の希望に沿った物件が主なので、探す時間を短縮することが出来ます。

インドオフィス賃料の違いによって、何が変わるのか

インドオフィス賃料の違いによって、何が変わるのか

インド事務所賃貸物件の賃料は、日本と同様、立地と設備によって変わります。エアコン、給湯などの他、インド独自のものとして予備電源や貯水槽などの設備があります。また、テレビや家具付きの物件も多く、それらによっても賃料が異なります。セキュリティに関しても高価格になるほど防犯設備が充実してきます。日本でオフィスを賃貸する場合とは違うことを自覚し、求める設備があるかどうかにも注意して、インドのオフィス仲介業者に物件を案内してもらいましょう。



賃貸料以外にかかる費用について

賃貸料以外にかかる費用について

インドではオフィス賃料以外に保証金といった一時金が必要となります。金額は州や賃貸物件によって異なりますが、家賃の2ヵ月〜10ヵ月となっています。保証金は退去時の物件の状態に問題がなければ返還されるはずなのですが、返還されないというトラブルが起こりがちなので、契約の時点で明確にしておく必要があります。契約を済ませてしまう前に、疑問点などはインドのオフィス仲介業者に確認しておくことが大切ですし、不安点があれば日系の仲介業者を活用しましょう。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう