• このエントリーをはてなブックマークに追加

インド市場調査・マーケティングの流れ

掲載日:2016年04月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業進出の第一歩マーケティングをはじめる前に

企業進出の第一歩マーケティングをはじめる前に

インドは人口12億人の巨大市場で、成長市場でもあるので魅力を感じ、進出を考える企業も少なくはありません。しかし多様な民族、言語、宗教によって構成される国で、困難が立ちはだかることも多くあります。そんな困難やリスクを回避するのに重要なのが、インド市場調査です。今回は進出を目指す際のインドでの市場調査の流れについて話をしていきます。 まず考えなくてはいけないのが、どのような調査が必要かという事です。広大な土地と多くの人口を持つインドにおいては、進出にあたって必要な調査を適切に行うことが、費用と時間の両面で大切になってきます。業務提携や買収などで進出を考えるのなら、現地の提携先候補や企業の与信調査が必要です。また自社商品を現地で売るのであれば、消費者のニーズや価格調査などが必要になります。他にもどの地域をターゲットとしてマーケティングを行うかも大切なポイントになります。次に調査の内容を決めたあとのインドの市場調査の流れを説明します。

どのような手段で調査を行うか

どのような手段で調査を行うか

次に独特の商慣習や法規制などがあり、複数の言語が使われるインドで市場調査を行うのに必要な事は何でしょうか?よほど現地に精通した人材がいるか、現地企業に伝手がない限り、自社でのマーケティング調査は難しいものです。もし自社での調査が難しいと感じた場合に活用したいのが、インドの事情に詳しい市場調査会社です。この際、複数の調査会社の実績や強みなどを分析し、見積もりやインドでの市場調査の流れなどを話し合った上で、依頼する会社を決めます。

インド市場調査の結果を受けて

インド市場調査の結果を受けて

インド市場調査の流れの最後は、マーケティングの結果を受けて、その結果をどのように活かすかという事です。まず調査結果をレポートにまとめ、社内でインド進出をどう進めるか考えていきます。その後、はっきりしない点などがあれば、再調査など納得のいくまで調査をすることが大事です。ここで見切り発進的に進出を決めてしまうと、失敗につながりかねませんので、最後まで慎重に進めましょう。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出のオススメサポート企業

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう