• このエントリーをはてなブックマークに追加

インドネシア進出のメリット・デメリット|日本企業の意図・進出動向は?

掲載日:2019年07月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドネシアへ進出した際のビジネス上のメリット&デメリットについて解説します。さらにはインドネシアに進出した日本企業の意図と最新の進出動向に加えて、インドネシアでの海外ビジネス成功のカギを握る、インドネシア進出を支援する海外進出サポート企業の探し方についてもレクチャーします。

2019年より再スタートした第二期ジョコ・ウィドド政権の動向も注目されるインドネシア。世界最大のイスラム国家であり、2億6,000万人という世界4位の人口を抱える巨大マーケットを持つことでも知られています。日本との関係も、第二次世界大戦後から、歴史的、経済的、政治的つながりは緊密なものに成長していき、多くの日本企業が進出しています。

現在、他のASEAN諸国同様に、インドネシアでも中間層が増加の一途を辿っており、今やアジアの中では中国・インドに続く経済成長国とも言っても過言ではありません。さらには今後のASEANを牽引するリーダー国とも目されているのです。

1. インドネシア進出 3つのビジネス上のメリットとは?

メリット1 豊富な人口の中で拡大する中間層が、消費市場を牽引

インドネシアでは、中間所得層がここ10年間で12倍にも増えており、消費規模が拡大し続けています。国内総生産(GDP)の5割強を個人消費が占めており、その個人消費が経済成長をさらに後押しし、中間層がさらに拡大、それがさらなる消費の拡大につながるという正のスパイラルでの成長に期待できます。

例えば、中間層の拡大は生活必需品などの需要を高めます。インターネットの普及が高まるとともにEC市場も拡大しています。日本国内では、人口減少や少子高齢化が進み市場が縮小する中、ASEANで1位、世界でも4位の人口を抱え、潜在的にも巨大な消費市場であることは非常に大きな進出メリットです。

メリット2 歴史的に親日国家である

インドネシアは歴史的背景などもあり「世界最大の親日国家」と言われています。第二次世界大戦後、念願の独立を果たしたインドネシアにオランダが再度侵攻を仕掛けてきました。日本はなんとしても独立を貫こうとしたインドネシアに共感、協力しました。そういったこともあり、今でも親日感情が根付いています。

また、アウンコンサルティング株式会社が今年の7月に行った調査によると、日本に対して「好き」または「大好き」と答えた人は94%に上ります。インドネシアにおける日本語学習者数も約90万人と中国に次いで世界2位となっており、その関心の高さが伺えます。

親日、そして日本への理解があることは、インドネシアに進出する日本企業にとって大きなメリットとなります。もちろん文化も宗教も異なるインドネシアでビジネスを始めることは簡単ではありませんが、そういった理解があることは大きな助けとなるでしょう。

また、アニメや映画を通して日本の文化への関心も高く、日本製品の人気も高まっています。今後さらなる中間層の拡大とともに、質のいい商品の需要が高まり、日本製品の人気がさらに高まることも期待されています。

メリット3 豊富な資源国家

インドネシアの国土は広大であり、農林水産物を筆頭に、天然ガスや石炭などの豊富な天然資源があります。インフラ改善とともに、外資企業からの注目を集め、投資マネーが集まっています。特に今後、ASEAN諸国の経済発展により、エネルギー需要が高まることが予期されている中、広大な国土と豊富な資源を生かしエネルギー生産拠点としての活躍も期待されいます。資源を生かしたビジネスにも商機が広がっています。

2. インドネシア進出 3つのビジネス上のデメリットとは?

デメリット1 未整備なインフラ、深刻な交通渋滞

電力については近年の急激な経済発展により、国全体としての需給が逼迫している状況です。ただし、首都ジャカルタ以外の地域では停電が頻発していますが、公社との優先供給契約を締結していることなどもあり、近年では工業団地群での深刻な電力不足は報告されていません。ちなみに、インドネシアの電力送電は、国営インドネシア電力公社が独占して担っています(公社への売電は民間参入が認められている)。

交通インフラの状況は、首都ジャカルタに人口が集中しているため、ジャカルタ近辺での渋滞がひどいです。自動車と二輪車の道路占有面積が道路の総面積を超え、交通が麻痺する「グリッドロック(金縛り)」状態にあります。また、ジャカルタ以外でも、ジャワ島の一部主要都市間で高速道路が開通しているものの、一般道の舗装率はまだ十分とはいえません。一方で、改善策も進められています。例えば、国内で高速鉄道の建設が始まり、一部日本企業も参画しております。

デメリット2 イスラム教国で、日本とは文化が異なる

国民の88%がイスラム教徒であり、世界最大のイスラム国家であるインドネシア。進出の際に難しいのは、やはり「ハラル認証」です。「ハラル認証」とは、イスラム教が摂取を禁じている豚肉やアルコールなどを使わないなど、戒律に従って製造されていることの証明をいいます。日本人には馴染みの薄いイスラム独特のマーケットルール、「ハラル認証」で苦労するインドネシア進出企業も多いのが現状です。


デメリット3 規制や法の難しさ

インドネシアでは、業種分野によって外資が参入できないものがあります。例えば、運送会社、タクシー会社は「内資100%」と現地民間企業に限られている業種ですので、日本企業は会社を興すことができません。ですので、進出する業種に外資100%で法人設立が可能かどうかについては念入りに確認する必要があります。

また、インドネシアの労働法は概して労働者保護の傾向が強く、現地人を正社員で採用すると解雇は非常に難しいです。またコスト面でも負担が大きいといえます。そのため企業は非正規従業員を多く雇用する傾向があります。しかし、近年インドネシアでは正社員化を訴えるデモが多発しているため、現地人を採用する際の雇用形態の選択には慎重な判断が必要となります。

3. インドネシアに進出する日本企業の進出動向

インドネシアに進出している企業数は1,911拠点(2017年10月1日時点)

このセクションでは、インドネシアに進出している日本企業の意図と進出動向について解説します。

2017年10月1日時点でインドネシアに進出している日系企業数は、前年比+5.6%増となる1,911拠点となっています。

その内訳としては、インドネシアの現地法人が1,343拠点(本店550拠点・支店等101拠点・合弁企業634拠点・日本人が海外で興した企業58拠点)となっており、本邦企業(現地法人化されていない日系企業)が200拠点(支店74拠点・駐在員事務所および出張所126拠点)となっています。※区分不明が368拠点

※外務省「海外進出日系企業実態調査(平成30年要約版)」より

4. 次期ASEANのリーダーと呼ばれる理由

ASEAN首位のGDP&購買力を誇る中間層の拡大

ここまでは、インドネシア進出のメリット・デメリットを簡単にまとめました。メリットを見ると、インドネシア国内には旺盛な消費市場、豊富な資源があることがわかります。その中で、今経済成長を後押ししているのは個人消費であり、今後資源に着目した外資企業の投資が進むことによってさらなる経済発展が期待されます。一方で、デメリット2で述べた、宗教上の独自のルールがあったり、デメリット3の規制の厳しさや法整備などにおいて、日本と全く異なる部分も目立ちます。

ただ、親日であることも含め、やはりインドネシア進出へのチャンスは大きく広がっているといえます。そこで、実際の経済状況、インドネシアビジネスの実態をつかむことで、インドネシア進出をするにあたってメリットを最大限に活かすために必要なことを読み取っていきます。

アジア各国の名目GDP成長予測 (IMF World Economic Outlook 2016年10月版)によると、2016年のインドネシアの国内総生産(GDP)は約9,400億ドルでASEAN首位です。そして、2021年までのGDP成長率は年平均8.4%で、約1兆4000億ドルに成長することが予測されています。また、現在では約50%のインターネット普及率も拡大していくことが予測されます。

数字からもわかるように、インドネシアはASEAN域内のGDPを牽引する存在であることがわかります。そのため、インドネシアは次期ASEANのリーダーになる国家といわれているのです。また、メリット1で述べた、中間層の拡大とインターネットの普及が進むことで「越境EC」市場の拡大が期待されています。中間層の拡大、そしてメリット2で述べた、潜在的な親日感情により、より良い製品を求めることで日本製の消費品などへの需要が高まることが予期されます。その消費がさらなる経済成長を後押しすることになるでしょう。確実に広がっている市場のニーズに応えるチャンスが今、日本企業に確実に広がっているのです。

4. 異文化・インドネシア進出に求められるのは「対応力」

ムスリム国家ならではの文化の違いに注意

進出メリットが広がる中でも、インドネシア進出が容易と言われることは多くありません。その理由は、日本との根本的な文化の違いや、商習慣・規制の違いが大きいからです。国民の大半が日本にあまり馴染みのないイスラム教徒であるインドネシア市場には、独特のルールが存在します。日本で通用する商習慣であったり、日本の規制で許されていることが通用しないということも少なくないです。

また、インドネシア進出において、その特有の国土の広さや経済発展のばらつきにより地域ごとのマーケットが異なるということもあります。

その中で、日本企業に求められるのはやはり「対応力」です。間違いなく拡大している商機の中で、日本と異なることがあるということ、地域差などに対しての理解、そして対応できる力が重要になってきます。

5. インドネシア進出成功の秘訣は進出サポート企業の活用にあり

進出サポート企業に依頼するという選択

いずれにせよ、インドネシア現地への進出を画策しているのであれば、ハラルなどに代表される、ムスリム国家ならではの文化と宗教、さらにはビジネスシーンのリサーチと準備が非常に大切であることは言うまでもありません。

しかし、それを自社のみでインドネシアのビジネス市場を調査することは、なによりも“時間”という最も重要なリソースを消費することに他なりません。

そもそも、リサーチ及び準備作業と一口にいっても、そのタスクの内訳は多岐に渡るはずです。それらは市場調査およびフィジビリティスタディ(企業が作成した事業計画を実行に移す際に、実現可能性を検証・調査すること)に始まり、あるいは中国ならではの商習慣や法令についてであったり、会計・税務関係に及ぶこともあるでしょう。当然ながら現地での会社設立や登記代行のリサーチも重要ですし、それこそ項目を挙げていったらキリがありません。

海外展開の準備とリサーチを専門家にアウトソーシングする

そこで、ひとつの選択肢として浮かび上がってくるのが、「自社の海外事業における準備及びリサーチに必要なタスクを専門家にアウトソーシングする」ということです。

そもそもインドネシアに限らず、海外での拠点設立には専門的な知識が必要です。進出したい業務によって、法人登記が必要かどうか、営業ライセンスが必要かどうかも変わるからです。あるいは、現地での事業可能性を調査するためには、的確な市場調査や現地視察、テストマーケティングなどが必要になります。また、展示会への出展なども有効な手段です。事業計画立案のため、インドネシア進出専門のコンサルタントに相談するのもいいでしょう。

もちろん、その全てをアウトソーシングする必要はありません。これまでに培ってきた自社の強みは活かしつつ、知見が乏しい分野においては、その道のプロの専門家のサポートを受けるという選択も充分に効果的なのです。もし御社が初めてインドネシア進出に挑戦する段階であるならば、なおのことインドネシア専門の進出サポート企業の支援を検討することをオススメいたします。

6. インドネシア進出サポート企業の探し方

進出サポート企業を探す際は、複数企業の比較検討を

そんなインドネシア専門の進出サポート企業を探す際に、もっとも手間のかからない方法は、やはりインターネット上のオンライン検索になります。ただ、先述したように、各進出サポート企業のHP上に記載している情報だけでは、なかなか判断に悩むところですし、それだけで決めてしまうのは早計です。

また、知人からの紹介といった探し方も有効ですが、自社の事業及び相談内容が、お知り合いの方のケースとぴったり一致することは難しいでしょうし、そのサポート企業の担当者との相性もあるでしょう。関係性が近いため、何かトラブルがあった場合、かえって断りにくい…というケースもあるかもしれません。

結局のところ、進出サポート企業を探すにあたっては、どんな選択をしたところでリスクは避けられません。だからこそ、1社だけに絞るのではなく、複数のサポート企業を「比較する」ことが重要なのです。オンライン検索でも知人の紹介でも、あるいは口コミでも、候補先の企業が選定できたら、まずは「問い合わせ」をすることが大切です。

自社の海外事業について、その道の専門家と話をするだけでも、新たな気づきがあるはずです。仮に具体的なソリューションの提案にまでは至らなくても、それは御社の事業にとって、とても大きな一歩なのです。

7. 優良なインドネシア進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリのインドネシア進出サポート企業をご紹介します

今回は「インドネシア進出のメリット・デメリット」に加えて日本企業の意図・進出動向について解説しました。について解説しました。

「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良なインドネシア進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。「インドネシア進出の戦略についてサポートしてほしい」「インドネシアでの事業計画立案のアドバイスがほしい」「インドネシアに進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡るタイ進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリのインドネシア進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。



失敗しないインドネシア進出のために…!
最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

SukegawaTakashi

助川 貴

株式会社Resorz

「Digima〜出島〜」編集部・コンテンツディレクター。 雑誌編集・書籍編集・WEB編集を経て現職。 これまでに、アメリカ・イギリス・インド・中国・香港・台湾・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・マレーシア・シンガポール・インドネシア・エジプトなどの国・地域へ渡航。趣味は、音楽・スノーボード・サーフィン・ドローンほか。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出のオススメサポート企業

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう