マレーシアレンタルオフィス・サービスオフィスの注意点

掲載日:2016年04月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何に留意して選べば良いか

何に留意して選べば良いか

マレーシアレンタルオフィスやマレーシアサービスオフィス、マレーシアバーチャルオフィスなどを借りる際の選ぶポイントですが、当然自社が必要とする業務を行なえるかという所にあります。事務所として住所や電話番号が必要かどうか、登記が必要かどうかにより、それらのサービスのあるレンタルオフィスを選ぶことになります。また、IT系の企業であればインフラの安定したレンタルオフィスといったように、業種によっても選ぶポイントがあります。 次に、マレーシアレンタルオフィスやマレーシアサービスオフィス、マレーシアバーチャルオフィスをレンタルする際の手続きについて説明します。

レンタルする際の手続きについて

レンタルする際の手続きについて

どこのレンタルオフィスを利用するか決まったら、次に手続きをします。レンタル開始までの手続きについてはレンタルオフィス会社によって異なりますが、まずは契約期間を決めておきます。月単位、年単位で契約可能な所や、時間単位、日単位での契約を行なっている所など様々です。マレーシアレンタルオフィス、マレーシアサービスオフィス、マレーシアバーチャルオフィスといったサービスの違いでも、契約出来る期間が異なりますので、滞在期間に合った契約期間を選びましょう。契約期間が決まったら、レンタルオフィス会社に申し込みをします。後はレンタルオフィス会社の指示に従って手続きを行ないます。

メリット・デメリットについて

メリット・デメリットについて

マレーシアレンタルオフィスマレーシアサービスオフィスマレーシアバーチャルオフィスにおけるメリットは色々あります。まず、受付やコピー機などを共用することで、初期費用を抑えることが出来ます。また、ガスや水道、インターネットなどに対する手続きも不要なので、余分な時間と経費がかからず、契約後すぐに仕事を始めることが可能です。
他言語圏での郵便物の管理や電話への対応は、慣れないと予想以上に時間がかかってしまうものです。レンタルオフィスではそれらの代行サービスを受けられるので、本来やるべき業務に集中出来ることもメリットです。それから、事業が拡大して人員が増えていき、オフィスが手狭になった時、賃貸オフィスではいちいち引っ越しをして、ガスなどの手続きもしなおさなければなりません。レンタルオフィスの場合は、別の区画を借り直すだけで済むので、オフィス拡張も簡単に行なうことが出来て便利です。
反対にデメリットは、不特定多数の人間が利用するためにセキュリティ面での不安があることです。オフィスがオープンであったり、壁一枚で隔てられているだけだったりするので、プライバシーもあまり確保されません。またコスト面に関しても、レンタルオフィスの利用が長期になればなるほど、賃貸オフィスに比べ割高になってしまいます。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加