• このエントリーをはてなブックマークに追加

マレーシアオフィスエリア

掲載日:2016年04月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マレーシアオフィスエリア クアラルンプール・シティーセンター(KLCC)

マレーシアオフィスエリア クアラルンプール・シティーセンター(KLCC)

マレーシアは起業に関するハードルが低く、アジアでもっとも起業しやすい国といわれています。また一人あたりのGDPなどから現在のマレーシアの経済成熟度は高いとみられますが、子どもや若者の多い人口構成を考えるとこれからもますます市場の拡大が期待される国でもあります。そこで今回は首都クアラルンプールの中でも、日本企業によるマレーシア物件賃貸やマレーシア店舗賃貸で人気の高いマレーシアオフィスエリアを紹介します。 政治経済の中心地クアラルンプールの中でも、現時点で最大のオフィスエリアであるクアラルンプール・シティーセンター。その中心にはクアラルンプールを象徴する建物「ペトロナスツインタワー」があり、その周辺を多くの高層ビルが取り囲んでします。日本企業が多く進出している工業エリアへ車を使えば30分ほどで行けるこの地域のオフィスビルには、日系のレンタルオフィスやサービスアパートメントが入っているものもあり、マレーシア物件賃貸に適した場所です。また複合商業施設もあり市場参入を考える企業のマレーシア店舗賃貸でも注目されています。

マレーシアオフィスエリア クアラルンプール・セントラル(KLセントラル)

マレーシアオフィスエリア クアラルンプール・セントラル(KLセントラル)

クアラルンプール・セントラル駅を挟んで両側に高層ビルが立ち並ぶこの地域は、空港から直行のバスや電車が発着する場所なので、日系企業によるビジネスにも利便性が高くマレーシア物件賃貸でも評価の高いエリアです。人の流れが多く飲食店や小売店も集まる地域なので、日本企業によるマレーシア店舗賃貸にも適したエリアです。

マレーシアオフィスエリア ミッドバレー

マレーシアオフィスエリア ミッドバレー

上の二つのエリアから少し南に行ったところにあるこのエリアは、クアラルンプールのへそと呼ばれる現地の人が集まるエリアでマレーシア店舗賃貸にも人気の高い地域です。また複合商業施設や高層のオフィスビルなどが立ち並ぶ地域で、サービスオフィスなどのレンタルオフィスも多くあります。商業施設内には日系のスーパーマーケットやデパートも入っているので、サービスアパートメントなどを利用する場合にも不都合がなく、マレーシア物件賃貸でも好評です。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう