• このエントリーをはてなブックマークに追加

マレーシアの店舗・テナント賃料

掲載日:2016年04月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マレーシアの店舗・マレーシアのテナント賃貸について

マレーシアの店舗・マレーシアのテナント賃貸について

高度経済成長期にあるマレーシアは建設ラッシュで街の不動産構成が目まぐるしく変化しています。中でも首都クアラルンプールは政治経済の中心で最大の都市であり、商業施設や企業のオフィスが多い地区となっています。また、マレーシア第二の都市ペナンは、華人系住民が多くを占めており、日本人会、・日本人学校・日本総領事館があるため、日本企業の進出が多い地域でもあります。マレーシアには1000社を超える日本企業がすでに進出しており、街の中で日本企業の店舗を多く見かけることが出来ます。そのため、マレーシア店舗マレーシアテナントを日本の企業向けに紹介している専門のマレーシア物件仲介業者も多く、日本に居ながらマレーシアの物件を探すことも出来ます。また、マレーシア進出をコンサルティングしている企業から、信頼できるマレーシア物件仲介業者を紹介してもらうことも可能です。

マレーシア店舗・マレーシアテナントを借りる際にかかる費用

マレーシア店舗・マレーシアテナントを借りる際にかかる費用

日本や他国からの進出企業や、マレーシア経済の発展によりテナントの需要は拡大しているものの、対する新規供給も多いため比較的安価な賃料で借りることが出来るといえます。また、今後さらに建設予定のビルがいくつかあるため、当面はその賃料でテナントを借りていくことが可能でしょう。店舗やテナントを探す際には、日本人向けの不動産のマレーシア物件仲介業者を利用することが多いと思いますが、その際には賃料2〜3か月分くらいの仲介手数料がかかることがありますので業者へ依頼する前に確認しましょう。

マレーシア店舗・マレーシアテナントの賃料以外の費用

マレーシア店舗・マレーシアテナントの賃料以外の費用

マレーシア物件仲介業者が決まったら、賃料以外にどの様な費用がかかるのかを見ていきましょう。店舗やテナントを借りる際に、賃料とは別に、保証金・敷金・共益費・駐車場・仲介手数料・内装、設備工事費などの費用がかかります。さらに、退去時には物件を原状回復するための費用が必要となる場合があります。賃貸物件には賃料の差によって、物件のセキュリティ面や設備面などに違いが出てきます。また、現在は車社会であるマレーシアですが、2020年にはクアラルンプールとジョホール・バルを結ぶ高速鉄道が開通予定となっていることもあり、駅周辺となる地域の物件賃料にも影響を与えるでしょう。その影響を踏まえたうえで、駅周辺の物件は店舗運営する上で押さえておきたい地域といえます。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう