• このエントリーをはてなブックマークに追加

マレーシアオフィス・事務所の賃料

掲載日:2016年04月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マレーシアにおけるオフィスの賃料の相場

マレーシアにおけるオフィスの賃料の相場

マレーシアのオフィス賃料については、5名程度が利用出来る広さで3,200リンギほどという相場になっています。マレーシアオフィス仲介業者を通じてマレーシア事務所賃貸する場合、仲介手数料は家賃の0.5ヵ月分が相場のようです。なかには無料や1ヵ月といった所もあります。礼金は必要ありませんが、敷金はマレーシアオフィス仲介会社経由でオーナーと交渉の上決められます。家賃の2ヵ月分ほどが多いようです。また、マレーシアでの賃貸はほとんどが年間契約で、1〜3ヵ月の短期貸しはごく限られています。短期貸しが可能なマレーシア事務所賃貸物件を見つけられた場合でも、マレーシアオフィス賃料は年間契約の5割増しから倍ほどというかなり割高な料金になります。

賃料の違いによって、マレーシアの物件は何が変わるか

賃料の違いによって、マレーシアの物件は何が変わるか

マレーシアオフィス賃料が高額になるにつれ物件の面積が広くなるのは当然ですが、その他賃料の違いで何が変わるのでしょうか。基本的には価格が上がるにつれ立地が良かったり、設備が整っていたりするのですが、マレーシアでは必ずしもそうならないケースがあります。マレーシア事務所賃貸物件のオーナーの多くは個人です。そのため、オーナーによって物件の善し悪しに差が出ます。マレーシアでの賃貸物件探しは、良いオーナーを探すことが重要となるのです。稀に価格に見合わない物件もありますので、マレーシアオフィス仲介会社から情報を得つつ、慎重に物件を選ぶと良いでしょう。

マレーシアオフィス賃料以外にかかる費用について

マレーシアオフィス賃料以外にかかる費用について

マレーシアオフィス仲介会社などを通じてマレーシア事務所賃貸が決まったら、次はオフィスに必要な設備を整えなければなりません。机や椅子などの家具やOA機器はもちろん、電気や電話の工事費やインターネット環境を整備する費用もかかります。また、内装を整える場合その費用もかかり、退去時には原状回復費も必要となります。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加