• このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しない海外市場調査会社の選び方

掲載日:2016年04月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外市場調査を行う市場調査会社の種類

海外市場調査を行う市場調査会社の種類

海外進出を検討する際に行うマーケティングは、法律だけでなく言語や風習、宗教の違う土地での調査になるので、現地の事情に明るい市場調査会社に依頼することが一般的です。海外市場調査を請け負う業者には海外に現地法人を持つ日系企業や、一つの国や地域に特化したローカル企業、大手マーケティング会社などがあります。では、それぞれの企業の特色や市場調査を依頼するメリット・デメリットは何でしょうか。

それぞれの調査会社の特色と依頼時のメリット・デメリット

それぞれの調査会社の特色と依頼時のメリット・デメリット

海外に現地法人を持つ日系市場調査会社の強みは、もちろん現地法人を置いている国の事情に精通しているという点です。また国内にいる日本人スタッフと現地にいるネイティブスタッフが、協力して海外市場調査を行うことが多いので、高精度の調査内容を期待できます。しかしそれ以外の国に関しては海外の協力企業を通しての調査になることが多いので、現地法人を置いている国ほどの強みはないようです。 次に、一つの国に特化したローカル企業は、日本人スタッフと在日のネイティブスタッフや、現地のスタッフとの連携で調査が行われるので、現地に根ざした情報を期待できます。しかし専門以外の国に関する情報がないことが多いという点が、デメリットでもあります。 最後に、大手マーケティング会社が手掛ける海外での市場調査では、長年培った膨大な資料と経験をもとに、幅のある調査結果を期待できるということと、大企業という安心感があるところがメリットではありますが、前の二つに比べて現地の人々の視点が足りないというデメリットもあります。

市場調査会社の選定のポイント

市場調査会社の選定のポイント

数ある調査会社の中からマーケティングの依頼をする会社を選ぶポイントは、第一に自社の求めていることを明確にするということです。進出を希望する国の選定はもちろん、どの調査内容を希望するかや成果物は分析結果のみで良いのか、その結果をもとにしたレポーティングまでを求めるのかなど、細かなところまで考えてから海外市場調査を行う企業の選定に入ることで、スムーズに依頼する企業を選び、海外進出への足掛かりにしましょう。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう