• このエントリーをはてなブックマークに追加

ミャンマーのオフィスエリア

掲載日:2016年04月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミャンマーオフィスエリア ミンガラ・タウンニュン郡区

ミャンマーオフィスエリア ミンガラ・タウンニュン郡区

ミャンマーは低い賃金で優秀な人材を得ることができると、他の東アジア諸国からの製造拠点の移動を考える外資企業に人気の国です。その広大な土地は豊富な資源を持つため「アジア最後のフロンティア」と言われるほど期待されています。またミャンマーから日本への輸出に特別軽減税率が適用されるため、さらにコストを削減できると日本企業のアジア進出先として注目されています。そこで今回はミャンマーの店舗賃貸やミャンマーオフィス物件の賃貸で人気のオフィスエリアを紹介します。 ミャンマーのオフィスエリアはヤンゴンに集中していて、その中でも店舗やオフィス物件賃貸で人気なのが、ミンガラ・タウンニュン郡区のボーヂョー・アウンサン通りの近辺です。こちらは経済の中心地ヤンゴンにおいてビジネスや政治の中心地域で、ヤンゴン中央駅や多くのビジネスマンでにぎわう5つ星ホテル「スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン」などがあります。また日本企業によって建設され1999年に完成したオフィスビル「サクラタワー」があり、伊藤忠商事や三菱商事、損保ジャパン、JICAなどが入居しています。ビル内にはレンタルオフィスも入っています。ボーヂョー・アウンサン通りは人気があるため賃料は高めですが、日系企業のミャンマー進出の足掛かりとして適したエリアです。

ミャンマーオフィスエリア ヤンキン郡区

ミャンマーオフィスエリア ヤンキン郡区

ヤンゴン市民の憩いの地「インヤー湖」の東に位置するこのエリアは、歴史のあるショッピングセンター「ヤンキン・センター」があり、周辺には由緒あるコンドミニアムの間に新築物件が建設されている地域です。またジェトロ・ヤンゴン事務所やみずほコーポレート銀行などが入る「セドナ・ホテル」もあり、日本企業による店舗賃貸やオフィス物件賃貸で人気の地域です。

ミャンマーオフィスエリア マヤンゴン郡区

ミャンマーオフィスエリア マヤンゴン郡区

ヤンゴン国際空港から車で10分ほどのこの地域は、多くの寺院や教会があり観光客も訪れるエリアです。また「Yadanabonアートギャラリー」やアミューズメントパークなどがあり、多くのヤンゴン市民が余暇を過ごす繁華街でもあり、ミャンマーでの店舗出店に適しています。このにぎやかな街には海外商談会などが行われる「ミャンマー・コンベンション・センター」やミャンマー航空のオフィス、Hondaのショールームなどがあり、ミャンマーでビジネスする外資企業に評判のよい地域です。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加