• このエントリーをはてなブックマークに追加

ミャンマーのオフィス・店舗賃貸事情

掲載日:2016年04月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミャンマーのオフィス賃貸事情

ミャンマーのオフィス賃貸事情

ミャンマー店舗賃貸やオフィス賃貸は現在、高騰状態にあると言われています。特にヤンゴンでは今後の都市化を見据えて、多くの外国企業が進出したことにより、赤坂や六本木並みの賃料相場となっています。ミャンマーで店舗・オフィスを探すのであれば、それなりの予算を用意しておかなければ物件探しは難航するかもしれません。 では予算を用意して実際に物件を探す場合、どういった流れになるのでしょうか。まずはミャンマー店舗仲介会社に予算や場所、広さなどの条件で問い合わせを行います。希望の条件に近いものを紹介されたら、内覧しに行きましょう。ミャンマーでは店舗賃貸時にオーナーにアポイントメントをとる必要があるため、訪問スケジュールを相談して決める必要があります。気に入った物件が見つかれば、契約に入ります。ミャンマーオフィス賃貸は言語や習慣の違いなどから行き違いも起きやすいため、ミャンマー語と日本語を併記した契約書が用意されているなど、しっかりとしたフォローのある会社を選びましょう。

ミャンマーオフィス賃貸の特徴

ミャンマーオフィス賃貸の特徴

ミャンマー店舗賃貸やオフィス賃貸は、現在のところ需要と供給のバランスが不安定なため、価格変動が起きやすい状態にあります。賃料の値上がりなども頻繁に起こるため、契約時にしっかりと確認しておくといいでしょう。トラブルに発展しそうな場合はミャンマー店舗仲介会社にフォローしてもらうことも考えておくと良いでしょう。また、ミャンマーにはビル物件が多くありますが、その多くにエレベーターがありません。高層階を提案された時には、荷物の運び入れなどを考慮して決めるようにしましょう。

ミャンマーオフィス賃貸で注意するポイント

ミャンマーオフィス賃貸で注意するポイント

現地のミャンマー店舗仲介を行う会社は、外国人相手に割高な条件の店舗やオフィスを提案する場合があります。ミャンマー店舗賃貸事情をよく調べて、あまりにも相場とかけ離れている場合や、不利な条件の契約をさせられそうになった場合には、しっかりと断りましょう。ミャンマーの不動産市場は需要に対して供給が追い付いていないため、条件のいい物件はあっという間に買い手がついてしまう状態ですが、焦るあまりに不満の残る契約をしないように気をつけましょう。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう