• このエントリーをはてなブックマークに追加

ミャンマー市場調査・マーケティングの流れ

掲載日:2016年04月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミャンマー市場調査・マーケティングの流れについて

ミャンマー市場調査・マーケティングの流れについて

ミャンマー市場調査・マーケティングの流れとしては、まず、ミャンマーの市場調査を行ってくれる調査会社に調査を依頼することから始まります。調査会社と打ち合わせを済ませ、どのような調査を行うかが決定した時には見積もりを出してもらい、料金に納得できれば調査が開始されます。調査会社が行うミャンマー市場調査・マーケティングの流れとしては、調査会社のミャンマーの現地スタッフが、ミャンマー国内で定量調査と定性調査を実施し、これらの調査で得られたサンプルを分析します。分析の結果は市場調査報告書に記載され、日本語の調査報告書がクライアント企業に交付されます。クライアント企業は市場調査報告書の内容を基に、ミャンマーでのマーケティング戦略を立案し、ミャンマーに進出するというのが一般的なミャンマー進出の流れです。

ミャンマー市場の定量調査の流れについて

ミャンマー市場の定量調査の流れについて

ミャンマー市場調査・マーケティングの流れの中で、ミャンマー市場の定量調査は、ミャンマー国内でアンケート調査を実施し、サンプルを収集します。アンケート調査はインターネットを使って行う場合もありますが、ミャンマーではヤンゴンなどの大都市を除き、全土にインターネットが普及していないため、訪問調査によるアンケート調査が中心になります。訪問調査によるアンケート調査は、調査票をアンケート対象者に渡し、後日回収に伺うか郵送してもらう方法が一般的です。収集されたサンプルのデーターは数値化され、数値化されたデーターを基にマーケティング戦略を立案します。アンケート調査はミャンマー語で実施されますが、もちろん調査レポートは日本語に翻訳してもらえます。

ミャンマーの市場調査の定性調査について

ミャンマーの市場調査の定性調査について

  定性調査は消費者調査に該当し、ミャンマーの消費者の購買心理や深層心理などを捉えるための重要な調査になります。定性調査は数名の参加者が集まる座談会形式で行われ、グループインタビューが実施されます。インタビューする内容は多岐に渡り、参加者の表情なども観察できるため、消費者の深層心理まで捉えることが可能になります。機械的に実施される通常のアンケート調査とは違い、ミャンマーの消費者の生の声を聞き取ることができるので、思いもしなかったアイデアを消費者から引き出すこともできます。定性調査によって得られた内容を分析すると、ミャンマーで売り込む商品やサービスの問題点などがわかり、より売れる商品やサービスに改良することができます。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加