• このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリピン市場調査・マーケティングのメリット

掲載日:2016年04月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若年層の消費傾向を掴む フィリピン市場調査のメリットとは?

若年層の消費傾向を掴む フィリピン市場調査のメリットとは?

フィリピン市場は約4兆円規模と推測され、旺盛な消費意欲に支えられています。華僑やスペイン系の財閥企業が幅を利かせており、外資の参入は難しいといわれていましたが、日本企業でもミニストップ・セブンイレブンなどがフィリピン市場調査を行い、工夫したマーケティングで成功を収めています。マニラ首都圏の人口の半数を20歳以下が占めており、現在の若年層をどう取り込んでいくかが将来の鍵となります。フィリピン市場調査のメリットは、若年層の好みと消費傾向を掴み、適切なマーケティングを展開していけることにあります。適切なフィリピン市場調査をすれば難しいといわれているフィリピン進出を果たし、自社を成長させることができるのです。

フィリピン市場調査のメリット マーケティングを適切に

フィリピン市場調査のメリット マーケティングを適切に

日系企業がフィリピン進出を考えるときには、ターゲットとなる所得層を決定することが重要です。一般的には、富裕層・中間層をターゲットとして、品質の良さやブランドを重視した商品を高めの価格で投入しますが、フィリピンの場合は食品や生活必需品であれば低所得層の取り込みも可能です。フィリピン市場調査をしっかり行うことで、売上が見込める所得層に的を絞って、その層に適切な売上展開をすることができます。

買い物好きのフィリピン人 地元の方の声を聞く

買い物好きのフィリピン人 地元の方の声を聞く

低所得者の割合が非常に多いフィリピンですが、消費性向が高く、世界各国の家計消費支出額を比較したデータでも、アジア諸国の中で最も高く、世界でも第2位となっています。富裕者層・中間層だけでなく、低所得者さえ「欲しいものは有り金をはたいて買う」国民性です。そんなフィリピン市場調査のメリットの1つは、買い物好きな現地の人の生の声を聞けることです。 成功している企業は、フィリピン市場調査を必ず行い、地元の人の声を直接聞いています。年齢層・性別・所得層が異なるローカルを10名程度集めて商品についてのディスカッションを行ったり、試供品を配って集めたアンケートを分析して、現地の方の好みをしっかり理解してから、好みにあったメディアや手法でマーケティングを展開していきます。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加