シンガポールの市場調査・マーケティングの流れ

掲載日:2016年04月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポール市場調査において

シンガポール市場調査において

近年、企業が海外進出を考える際に、アジア圏はもはや欠かせない進出先となっています。中でもシンガポールは、一人あたりのGDPが日本やアメリカを超え世界第8位(2013年USドル)となっており、とても魅力的な国であると言えます。その魅力的なシンガポールでマーケティングを考える際にまず必要となってくるのが、シンガポールでの市場調査です。シンガポールでの市場調査の流れは、まずその調査を自社で行うのか調査会社やコンサルティング会社へ委託するのかということから検討しなければなりません。調査のノウハウや現地での人脈などがないのならば、調査会社やコンサルティング会社に依頼した方が時間やコスト、情報の正確性などの面からも効率が良いと言えます。

シンガポール市場調査の流れ

シンガポール市場調査の流れ

シンガポールの市場調査において、調査会社選定後に行うべきは調査の具体的な内容の検討です。現地ではどういった商品のニーズがあるのか、どういった物を好む傾向にあるのか、店舗を構えるのなら不動産情報といったものも調査する必要があるのです。そのためにまずは、調査目的を明確にすることが重要です。また、調査の予算や納期などを決めることで市場調査会社への依頼がスムーズに行えるでしょう。現在はインターネット上で情報収集できるものもあるので、事前にそういった情報を集めておくことで調査コストの削減につなげられます。

シンガポール市場調査結果を活かすには

シンガポール市場調査結果を活かすには

シンガポール市場調査の流れの最終段階は、情報の分析です。それでは、その市場調査の結果をどのように効果的にマーケティングへと活かしていけばよいのでしょうか。市場調査結果の具体的な数値による評価や、現地の人による商品の感想などの評価を整理して、その中でも本来の調査目的の核心を突くものを中心に分析をしていきます。現地の人の率直な意見、ニーズなどは特に重視していくべきものであると言えるでしょう。市場調査結果と依頼したコンサルティング会社からの助言なども含め、しっかりと現地での展開戦略を練りましょう。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加