• このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾の店舗・テナントの賃料

掲載日:2016年04月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾の店舗・台湾テナントの賃料

台湾店舗・台湾テナントの賃料

台湾の店舗・テナントの賃料は、首都台北では東京とほぼ変わらない相場となっています。ただし、台湾では借主が法人名義の場合、個人名義の場合より約10%賃料が高くなります。また、台湾物件仲介業者に依頼した場合、台湾物件仲介業者に支払う手数料は賃料の1ヵ月分ほどです。店舗やテナントとして使用する場合、内装工事を必要とすることも多いのですが、工事期間中の賃料はオーナーとの交渉次第で免除してもらうことも出来ます。免除出来る期間は、半月から1ヵ月ほどが一般的です。

ト賃料の違いによる物件の違いは何か

台湾店舗・台湾テナント賃料の違いによる物件の違いは何か

賃料の違いによる物件の違いは、日本とあまり変わりありません。台北の郊外に比べ中心部では賃料が高くなりますし、その中でも人通りの多い場所であると更に高額で取引されます。ただ、台湾では日本より物件のオーナーの権限が強く、交渉次第で賃料を下げることも可能です。逆に、店舗が繁盛しているのを見て物件のオーナーから値上げの要求をされることもあります。その他、クーラーや備え付け家具など物件の設備によって賃料が変わります。セキュリティのしっかりしているショッピングモール内の店舗においても、賃料は高くなる傾向にあります。現地の事情や物件の情報は台湾現地の不動産仲介業者が詳しいので、仲介業者に相談しながら物件を探すと良いでしょう。

賃料以外にかかる費用について

賃料以外にかかる費用について

台湾でも店舗・テナント賃料の他、敷金がかかります。敷金は賃料の1〜2ヵ月分ほどで、ほとんどが退去時に全額返金されますが、何らかの清算事項がある場合はその分を差し引かれます。礼金は基本的にありません。台湾物件仲介業者に依頼した場合には、前述したとおり仲介手数料の支払いもあります。また、共有部分の設備維持のための管理費がかかります。内装工事をする場合、その費用も必要です。その他、月々に電気・ガス・水道などの公共料金がかかります。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出のオススメサポート企業

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう