• このエントリーをはてなブックマークに追加

ベトナム市場調査・マーケティングの流れ

掲載日:2016年04月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベトナム市場調査の流れを知る

ベトナム市場調査の流れを知る

現在、ベトナムは中国に次ぐ生産拠点として、多くの日本企業が進出を検討しています。自社はどのタイミングで進出し、どのように事業展開するかなどを考えるにはベトナムでの市場調査が必要となってきます。ベトナムの市場調査の流れとしては、例えば、製造業で工場をベトナムに置きたいと考えている場合、立地や人件費の相場観について調べ、さらに、現地の人々の生活、価値観、仕事に対する向き合い方などに関する調査により、工場での従業員の雇用方法など、より具体的な計画を立てることもできます。ベトナム市場調査をどう進めていくかがベトナム進出における最初の大切なポイントとなります。

ベトナム市場調査の流れ、情報を集める

ベトナム市場調査の流れ、情報を集める

では、ベトナムでの市場調査は、具体的にどうしたらいいのでしょう。まず一番身近なものとして、インターネットのwebサイトを利用することです。Jetroや中小機構のHPではある程度ベトナムの基本情報や現状を知ることができます。もっと深く知りたい場合は現地に赴き、実際に見聞きしながら自分の足で市場調査を行います。現場で直接話を聞けば、インターネット等では知りえなかった本当のニーズや問題点がわかってきます。更に詳細なデータを知りたい場合ベトナムの市場調査会社やベトナム進出コンサルティング会社を利用すると、短期間で正確な情報が得られます。

ベトナム市場調査の流れ、情報の活用

ベトナム市場調査の流れ、情報の活用

ベトナム市場調査により必要な情報が揃ったら、ここからが計画立案への道となります。ベトナム市場調査の結果を元に、自社の向かうべき方向、目標を達成するためには何から取り掛かるべきなのかなどを決めていくことができます。計画が整ったらプロジェクトを発足させ、企業調査や商談を進めていきます。ベトナム進出コンサルティング会社に依頼すれば、プロジェクトの準備から、販路開拓、業務運営まで、様々なサポートを受けることができるでしょう。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加