• このエントリーをはてなブックマークに追加

ベトナム進出のメリット・デメリット|日本企業の意図・進出動向は?

掲載日:2019年06月06日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベトナムへ進出した際のビジネス上のメリット&デメリットについて解説します。さらには、ベトナムに進出した日本企業の意図と最新の進出動向に加えて、ベトナム事業の成功のカギを握る、ベトナム進出を支援する海外進出サポート企業の探し方についてもレクチャーします。

ASEAN加盟各国の中でも人件費が比較的低く、その一方で労働者の質は高いと言われているベトナム。人口の増加が続いており、国民の平均年齢も非常に若い人口構成となっています。

さらに今後は人口1億人を突破すると言われており、消費市場としても有望です。そのため、多くの外資企業から注目を集めているのは必然と言えるでしょう。また、中国への投資リスクを回避するという観点から、近隣のアジア諸国に第二の拠点を設ける「チャイナプラスワン」としても脚光を浴びています。

Photo by Elyktra on flickr

[告知] 【8月1日開催決定】ベトナムビジネスの熱い夜!
専門家と進出企業のネットワークが築ける『ベトナムコネクトナイト(ベトナムビジネス大交流会)@市ヶ谷』

[PR] 3日間でまる分かり! 初めてのベトナム視察【相談無料】

1. ベトナム進出 3つのビジネス上のメリットとは?

メリット1 若くて意識と質の高い人材が豊富

現在、ベトナムの人口は約9,720万人(2016年)で、6億人という巨大市場であるASEANの中でも3番目の人口を抱えています。さらに、平均年齢が28歳と若い上に人口増加は今後も続き、1億人を突破するとも言われています。その中で特筆すべきことは勤勉な国民性です。儒教の教えが強いため、新しい知識を貪欲に吸収し、かつ真面目に仕事に取り組みます。

また、技術力が高いことも評価されています。繊維産業が主力であることからわかるように手先が非常に器用です。そして、ITリテラシーも高く、細部に渡って質の高い仕事を期待することができます。若くて意識と質の高い人材が豊富であるということはベトナム市場の魅力のひとつです。さらに親日である国民が非常に多いことも付け加えておきます。

メリット2 資源が豊富で物価が安く、雇用コストも低い

ベトナムは、米やコーヒー栽培を代表とする農業資源が豊富です。また、観光資源も豊富で、近年観光地としても人気を集めております。そうした中での物価の安さが、海外からの注目を集める理由のひとつにもなっています。たしかに近年、物価は上昇傾向にあると言われていますが、それでも日本の物価の約3分の1程です。

またコストが低いのは物価のみならず賃金においても同様です。国民の平均月給は約173ドル(約17,500円:ASEAN11ヵ国の人件費調査 〔2015年7月〕)とかなり低コストで雇用することができます。メリット1でも紹介しましたが、低コストである一方での、雇用の質の良さがベトナムにはあります。そのため、人件費が主要なコストとなるITオフショア開発事業などで進出をしている企業は少なくありません。

メリット3 右肩上がりを続ける成長、追い風となる国の政策

ベトナムの国内総生産(GDP)成長率は7%以上で推移しています。1997年のアジア通貨危機で一時失速し、99年の成長率が4.8%までに下がったことがありますが、ここ15年間は安定した経済成長を続けています。

2007年にはWTO加盟を果たし、貿易の自由化も進められています。最近でも複数国との自由貿易化が進められています。それに伴い、近年貸出金利が引き下げられたり、税制優遇措置も実施されたりしました。ベトナム経済の競争力を高め、ビジネスの生産性を高める事を国が後押ししています。また、政府の定めた一部の分野以外には外資100%進出が認められていて、積極的に外資を呼び込む体制ができていることも進出へのメリットとなっています。

2. ベトナム進出 3つのビジネス上のデメリットとは?

デメリット1 インフラ設備が整っていない

ベトナムでも近年、様々な計画が進められていますが、インフラ整備が遅れていることは否めず、やはりデメリットのひとつと言えます。元々ベトナムは農業国家であり、インフラ整備が遅れてしまったという側面があります。ベトナム経済が注目されはじめたのは2000年代に入ってからであり、それまでホーチミンの市内でさえインフラ整備などは行っていませんでした。土壌がむき出しの道路もいまだに多く目立ちます。

また市内の光化学スモッグなども社会問題となり、空気汚染などといった環境問題も課題となっている状態です。またバイク普及率が非常に高いベトナム交通インフラでは、道路の不整備などから渋滞や事故に巻き込まれることも少なくありません。

デメリット2 国と国民の離れた距離、安定しない政策

ベトナムは、中央政府で決定されたことが現場までに到達するのに時間がかかるということがあります。そのため不整合で不条理な場面に出くわすことが多々あります。役所では、担当している人によって言うことが違うことも多く、法外な罰金やチップを要求されることがあります。

また、政策がコロコロ変化したり、不確定な情報に振り回されたり、状況の変化に応じてすぐに前言を撤回したりすることもしばしばです。

デメリット3 離職率が高い

ベトナム人は真面目で勤勉といわれることから、会社選びに関しても、日本同様、同じ会社に貢献し続けてくれると考えてしまうかもしれません。しかし、実際にはかなり離職率が高く、ある人材コンサル会社が調査したデータによると1年間のベトナムの転職率は19.4%と大変高いものでした。20代ベトナム人で転職経験のある人は74%という調査もあります(2014年、株式会社Asia Plus調べ)。4人に1人は3回以上転職をしています。

ベトナム人は社内のコミュニケーションを重んじます。日系企業が進出する際は、離職させないためにも言語の壁を乗り越え、コミュニケーションを密に取っていくことも大切なのです。

3. ベトナムに進出する日本企業の進出動向

ベトナムに進出している企業数は1,816拠点(2017年10月1日時点)

ここからは、ベトナムに進出する日本企業の意図と進出動向について解説します。

2017年10月1日時点でベトナムに進出している日系企業数は、前年比+7.6%増となる1,816拠点となっています。

その内訳としては、ベトナム現地法人が1,474拠点(本店821拠点・支店など298拠点・合弁企業296拠点・日本人が海外で興した企業59拠点)となっており、日本企業の支店または駐在員事務所および出張所などが323拠点(支店61拠点・駐在員事務所および出張所262拠点)となっています。

※外務省「海外進出日系企業実態調査(平成30年要約版)」より

メリットを最大限に活かすために必要なこと

前項では、メリット・デメリットを簡単にまとめました。メリットを見ると、マーケットとして非常に魅力な国であるということがわかります。「若く質のいい人材が豊富」「低コスト」「安定して成長し続けてきた実績」、さらには「外資企業を積極的に受け入れるための政策」が後押しをし、多くの外資企業からも注目を集めているのです。

しかし、そんなメリットに惹かれて進出する一方で、失敗してしまう企業も少なくありません。そこで、実際の経済状況、ベトナムビジネスの実態をつかむことで、ベトナム進出をするにあたってメリットを最大限に活かすために必要なことを読み取っていきます。

2016年1月、米Bloombergが発表した2016年の経済予測リポートにおいて、ベトナムのGDP成長率は+6.6%と見込まれ、東南アジア地域で1位、世界93ヵ国・地域では2位に入ると予想されました。

一方で、その後の2016年4月、世界銀行とIMFはベトナムの2016年実質GDP成長率がベトナム政府の目標を下回るとの見通しを発表しました。ベトナム政府の目標は+6.7%。これに対し、世界銀行の予測は+6.2%、国際通貨基金(IMF)の予測は+6.0%でした。下方予測の理由として挙げられたのは大規模な農業被害や第1四半期の成長率鈍化(前年同期比)でした。

見通しを下回るものの、依然として他国に比べて高水準での成長が見込まれているベトナムマーケット。交通や電気、水道などのインフラの設備が整っていないというデメリットもあります。政府と国民の距離が遠いというデメリットもあります。しかしそれらは改善できることであり、改善をするところにビジネスチャンスがあるのです。そういった未発達な部分も含めて、やはり伸びしろのある有望なマーケットであることは間違いありません。

今後はTPPの加盟も確実視されており、さらなる成長が見込めます。現にピーターソン国際経済研究所の調査ではベトナムの主要輸出品である衣料品の利益が2025年までに46%増の1650億ドルになるとされています。さらには若くて質のいい人材がいるというメリットを活かそうとオフショア開発市場としても人気を集めています。

4. ベトナム進出に失敗しないために注意すべきこと

ベトナムという国とベトナム人への理解が重要

それでは、そこまで魅力的なベトナムのマーケットに進出する企業で失敗してしまうのはなぜなのでしょうか。問題はやはり進出企業にあります。

メリットに惹かれて進出する企業は少なくありません。しかし、企業側がそのメリットを最大限に活かすことができていないから失敗してしまうのです。

デメリットのひとつとしてあげられた離職率ですが、大きな原因として考えられるのは社内コミュニケーションです。身内や親族を非常に大切にする文化を持つベトナムでは、会社への当事者意識を持てるかどうかということも会社選びの大事な要因のひとつです。働かされるだけでは当然会社への当事者意識は生まれません。いくら優秀な人材を雇えてもすぐに辞められてしまっては、人件費が安いとはいえ、積み重なればそれだけコストも時間もかかってしまいます。

そそもお互い文化も言葉も違います。いくら日本人と類似して勤勉であるといっても、日本のやり方がそのまま通用するわけではないのです。当事者意識を持ってもらうためにも社内コミュニケーション、雇用者であるベトナム人への理解がとても大事になります。

オフショア事業や縫製業、さらにはインフラ開発も進み中間層も増えているベトナム。中間層が増えたこと、また観光資源も豊富で観光客が増えてることで消費者市場としても魅力的です。しかし、どんなに魅力的なマーケットでも「成長市場だからベトナム」「安いからベトナム進出」では成功できないのです。メリットを最大限に活かすためにもベトナムという国、そしてベトナム人への理解が重要となります。

[告知] 【8月1日開催決定】ベトナムビジネスの熱い夜!
専門家と進出企業のネットワークが築ける『ベトナムコネクトナイト(ベトナムビジネス大交流会)@市ヶ谷』

[PR] 3日間でまる分かり! 初めてのベトナム視察【相談無料】

5. ベトナム進出成功の秘訣は進出サポート企業の活用にあり

進出サポート企業に依頼するという選択

ただ、“ベトナムという国とベトナム人への理解が重要である”とは理解しても、それらの実践だけでは限界があります。当然ながら、さらに手間暇をかけた、ビジネスシーンのリサーチと準備が非常に大切であることは言うまでもありません。

大国・中国と同様に、ベトナムにおけるビジネスシーンも、スピーディかつ変化に富んだ状況になりつつあります。そのような状況において、ベトナムという国への理解を深めつつ、さらに自社のみでベトナムでのビジネス市場を調査することは、なによりも“時間”という最も重要なリソースを消費することに他なりません。

そもそも、リサーチ及び準備作業と一口にいっても、そのタスクの内訳は多岐に渡るはずです。それらは市場調査およびフィジビリティスタディ(企業が作成した事業計画を実行に移す際に、実現可能性を検証・調査すること)に始まり、あるいは中国ならではの商習慣や法令についてであったり、会計・税務関係に及ぶこともあるでしょう。当然ながら現地での会社設立や登記代行のリサーチも重要ですし、それこそ項目を挙げていったらキリがありません。

海外展開の準備とリサーチを専門家にアウトソーシングする

そこで、ひとつの選択肢として浮かび上がってくるのが、「自社の海外事業における準備及びリサーチに必要なタスクを専門家にアウトソーシングする」ということです。

例えば、ベトナムでの拠点設立には専門的な知識が必要です。行いたい業務によって、法人登記が必要かどうか、営業ライセンスが必要かどうかも変わるからです。あるいは、現地での事業可能性を調査するためには、的確な市場調査や現地視察、テストマーケティングなどが必要になります。また、展示会への出展なども有効な手段です。事業計画立案のため、ベトナム進出専門のコンサルタントに相談するのもいいでしょう。

もちろん、その全てをアウトソーシングする必要はありません。これまでに培ってきた自社の強みは活かしつつ、知見が乏しい分野においては、その道のプロの専門家のサポートを受けるという選択も充分に効果的なのです。もし御社が初めてベトナム進出に挑戦する段階であるならば、なおのことベトナム専門の進出サポート企業の支援を検討することをオススメいたします。

6. ベトナム進出サポート企業の探し方

進出サポート企業を探す際は、複数企業の比較検討を

そんなベトナム専門の進出サポート企業を探す際に、もっとも手間のかからない方法は、やはりインターネット上のオンライン検索になります。ただ、先述したように、各進出サポート企業のHP上に記載している情報だけでは、なかなか判断に悩むところですし、それだけで決めてしまうのは早計です。

また、知人からの紹介といった探し方も有効ですが、自社の事業及び相談内容が、お知り合いの方のケースとぴったり一致することは難しいでしょうし、そのサポート企業の担当者との相性もあるでしょう。関係性が近いため、何かトラブルがあった場合、かえって断りにくい…というケースもあるかもしれません。

結局のところ、進出サポート企業を探すにあたっては、どんな選択をしたところでリスクは避けられません。だからこそ、1社だけに絞るのではなく、複数のサポート企業を「比較する」ことが重要なのです。オンライン検索でも知人の紹介でも、あるいは口コミでも、候補先の企業が選定できたら、まずは「問い合わせ」をすることが大切です。

自社の海外事業について、その道の専門家と話をするだけでも、新たな気づきがあるはずです。仮に具体的なソリューションの提案にまでは至らなくても、それは御社の事業にとって、とても大きな一歩なのです。

7. 優良なベトナム進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリのベトナム進出サポート企業をご紹介します

今回は「ベトナム進出のメリット・デメリット&ビジネス専門の進出サポート企業の探し方」について解説しました。

「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良なベトナム進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。「ベトナム進出の戦略についてサポートしてほしい」「ベトナムでの事業計画立案のアドバイスがほしい」「ベトナムに進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡るベトナム進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリのベトナム進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しないベトナム進出のために…!
最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

「Digima〜出島〜」編集部

「Digima〜出島〜」編集部

株式会社Resorz

あなたの海外進出・海外ビジネスの課題を解決に導く、日本最大級の海外ビジネス支援プラットフォームです。どうぞお気軽にお問い合わせください!

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出のオススメサポート企業

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう