• このエントリーをはてなブックマークに追加

海外市場調査時における「定性調査」とは

掲載日:2016年08月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外市場調査における定性調査とは?

海外市場調査における定性調査とは?

海外市場調査を含む市場調査は「定性調査」と「定量調査」の大きく2つに分けられます。ここでは「定性調査」の説明をしていきます。定性調査とは、おもにグループインタビューなど会談形式で話を聞き、対象者の価値観や関心、嗜好、消費傾向などの情報を詳細に収集するという調査です。多岐にわたる海外市場調査の方法の中でも、この調査はコアな情報を得るのに適した調査です。またこの情報をもとに自社の商品やサービスの問題点を洗い出したり、海外市場調査を通してわかったある事象についてなぜそうであるのかという理由や根拠を導き出したりすることもできます。しかし調査データがテキストで表されるので、データ化しづらいという短所もあります。

どのような手法で調査が行われ、何がわかるのか?

どのような手法で調査が行われ、何がわかるのか?

海外市場調査において定性調査を行う際には、1対1の面談式で話を聞くデプスインタビューや、ある一定の条件で集められたグループに話を聞くグループインタビュー、ワークショップなどの手法が取られます。例えば既存のユーザーを集めたグループインタビューでは、自由に発言してもらうことにより自社の今の商品やサービスへの不満や希望などの情報を収集し、新商品開発のためのデータとしたり、現在のサービスの改善策として反映させたりすることができます。またデプスインタビューにより調査を行うことでより深く面談を進め、対象者をよく観察し対象者自身も意識をしていない潜在的な意見を収集できるという、他の海外市場調査の方法にはない利点があります。

どのような時に適した調査か?

どのような時に適した調査か?

海外市場調査における定性調査を行うのは、既存の商品やサービスの問題点を洗い出し改善策を立案したい場合や、新しく仮説を立て今までにない商品やサービスを開発したい場合などに適しています。このような利点や特徴をふまえ、他の海外市場調査の方法と併せて調査することで、進出先での新しい市場や商品の開発に役立て現地での成功をのぞめる戦略作りをするようにしましょう。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加