• このエントリーをはてなブックマークに追加

海外市場調査時における「業界調査」とは

掲載日:2016年08月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外市場調査においての業界調査とはどのようなものか?

海外市場調査においての業界調査とはどのようなものか?

海外での企業展開などを検討する際には、その進出先の国の市場や競合企業、消費動向などに関し幅広い海外市場調査で情報を集めます。その海外市場調査の種類の中に業界調査というものがあります。この調査は自社が進出を希望する業種に関して、相手国での業界構造や市場規模をなどの情報を明らかにするものです。他の海外市場調査の種類との異なる点は、競合調査では同じ業界に限らず競合する企業や商品を調査するのに対し、こちらの調査では相手国の特定の業界に焦点を当て大きな視点からデータを収集するということです。

どのような手法で何を知るのか?

どのような手法で何を知るのか?

業界調査を行う際には他の海外市場調査の種類と同様に、たくさんの手法が使われます。しかし大きく分けるとセカンダリーリサーチとキーマンヒアリングの二つに分かれます。セカンダリーリサーチでは資料データや書籍、インターネットなどを使用し既存のデータを調べることで、より早く手間やコストをかけずに業界の構造などを知ることができます。一方キーマンリサーチでは業界関連団体や調査対象企業のキーマンから直接話を聞くことで、セカンダリーリサーチでは得られない生の声やより深い情報を得ることができます。キーマンリサーチでは遠隔ヒアリングというメールや電話を使ったインタビュー方法と、現地ヒアリングという現地に人を派遣してインタビューを行う方法があります。遠隔ヒアリングの方が時間や費用の削減になるという利点があり、直接顔を合わせて行う現地ヒアリンでは信頼関係を築くことができるので、より核心に近い情報を得ることができるという利点があります。以上の手法・方法を組み合わせて海外市場調査をすることで、業界の内情や市場規模、独特の商慣習などを知ることができます。

どのような時に適した調査か?

どのような時に適した調査か?

業界調査は海外市場調査によって得た業界の情報により、商慣習などを知って進出時の取引をスムーズに行う方策を考えたり、業界の内情や最新の市場規模などを知ることで自社の現状を打破する戦略立案に役立てたりするなど、海外進出前や海外展開後さらに上を目指す時などに適した調査です。また他の海外市場調査の種類と併せて調査することで、どの時期においても、より良い戦略を立てることができるでしょう。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加