• このエントリーをはてなブックマークに追加

海外市場調査・マーケティングのメリット

掲載日:2016年04月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外市場調査のメリット・その1

海外市場調査のメリット1

日本の製品やサービスをそのまま持ち込んで海外進出したとしても、現地で受入れられるとは限りません。まずは受け入れられる製品やサービスなのかを把握するために海外市場調査をする必要があります。最低限でも「同じような製品が無いか」「現地ニーズはあるか」「いくらなら受け入れられるか」「ローカライズするポイントはどこか」など調査すると良いでしょう。同じような製品がある場合、差別化を図るマーケティング戦略を立て製品をカスタマイズしなくてはなりません。ニーズがない製品だった場合にはどのようにニーズをつくるか考えなくてはなりません。海外進出するからには成功しなければ意味はありません。自社商品が海外で通用する製品やサービスなのかを調査し、その調査結果を生かしたマーケティング戦略を立てられることに海外市場調査のメリットがあります。 海外市場調査を行い、進出する国のニーズに合った製品やサービスに改良・ローカライズできれば、海外市場で勝ち残っていける企業になれるはずです。

海外市場調査のメリット・その2

海外市場調査のメリット2

進出する際にはマーケット規模がどれくらいで、ライバル企業はどのくらいあってどのような戦略を立てているのか競合調査や業界調査をしなければなりません。ライバル企業の数や戦略によっても、海外進出の成功確率が変わります。現地ライバル企業が多いという調査結果がでれば、そのような競合企業に打ち勝つマーケティング戦略を立てなくてはなりません。現地の同業界を知ることができるのも海外市場調査のメリットです。

海外市場調査のメリット・その3

海外市場調査のメリット3

進出する国の気候や風土、歴史、宗教、商習慣などあらゆることが日本とは異なっていて特殊です。異なっていなければ、海外進出に苦戦するという問題は発生しないはずです。異なっているから、海外進出は簡単にはいかないのです。 海外進出を有利に進めるためには海外市場調査で、進出する国の背景を十分に理解し海外進出を成功させるマーケティング戦略を練れるかがカギになります。現地のマーケット調査をすることで進出する国の国民性や習慣・特性を理解し、より消費者に合った製品やサービスの展開ができるのです。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう