• このエントリーをはてなブックマークに追加

海外市場調査・マーケティングの意義

掲載日:2016年04月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外市場調査の意義とは?

海外市場調査の意義とは?

海外進出は経験や勘だけで成功させられるほど甘いものではありません。科学的、客観的に分析を行うことが、海外進出における成功の確率を上げることにつながります。科学的、客観的に分析を行うには、海外市場調査をして現地マーケットのデータを得る必要があります。そのデータを元に海外展開・マーケティング戦略を立てていけば、自ずと海外進出の成功の確率が上がっていきます。 海外市場調査はマーケティング戦略を立てる上で非常に重要な位置付けになっていて、海外市場で成功するためにも、しっかりとした市場調査を行う必要があります。海外現地マーケットの把握は海外視聴調査を行う一番大きな意義になります。

海外市場調査をしなければならない理由とは?

海外市場調査をしなければならない理由とは?

海外と日本では文化や商習慣、言葉などいろいろなことが違うと誰もが理解しているはずです。その国のニーズに合っていない見当違いな製品やサービスには誰も魅力を感じてくれません。似たような製品があった場合、日本製だからといって選ぶかというと、そんなことはありません。製品の使いやすさや色、形、また製品を購入するにあたってどんな点に注目しているのかという消費者のニーズを知らなければ、海外で戦っていく上で不利な展開になってしまいます。相手の市場を知ることが海外進出の第一歩なのです。もちろん自社で現地の市場データもある程度取得は可能ですが、分析し戦略が立てられるレベルの、正確で多くの調査データを取得するには海外市場調査が必要なのです。

海外市場調査をしないとどうなるのか?

海外市場調査をしないとどうなるのか?

同業者が進出しているから自分たちもとりあえず進出する。そのような海外進出相談は多いですが、戦略も持たずになんとなく進出するケースは残念ならがらうまくいくことは少ないです。最低でも自社の強みと海外市場の状況を把握したうえで海外進出しないといけません。日本と海外では、マーケットが違います。日本で売れていたとしても、海外で通用するかは別問題です。日本で作られたものは日本人に合わせて作られたもの。日本で万人受けする物であって海外で万人受けする物ではないのです。海外市場調査のコストを敬遠し、事前調査をせずに海外進出をする日本企業は多いですが、撤退や戦略の見直し等で結果的に無駄な出費を増やし、進出までの道のりを大きく遠回りすることになります。市場は日々変化します。コストをかけてでもその時の的確な市場調査のデータを収集しマーケティング戦略を立て、その国に合った製品やサービスにカスタマイズすれば、海外への成功に一歩近づくことになるのです。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう