中国

中国セミナー情報

受付を終了したセミナー

セミナー受講希望企業様への
サービスアレンジセミナー

本サイトに希望のセミナーがなくても大丈夫!
Digima ~出島~セミナー専門コンシェルジュが、企業様にピッタリのアレンジセミナーを提供します!

Digima ~出島~のセミナー専門コンシェルジュが、どのようなセミナーを受講したいのか、予算はどれくらいなのかなど、企業様の求めるセミナーを幅広くヒアリング。ご満足いただけるセミナーをセッティングします。
しかも、セミナー講師から場所の手配まで、Digima ~出島~でおこなうので、企業様はお打合せでヒアリングをする以外は当日のセミナーまでほとんど負担はございません。お仕事と両立しながら、セミナー準備が進んでいくというとても担当者様に喜ばれるサービスになります。相談いただければ無料でヒアリングをさせて頂きますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

アレンジセミナーのお問い合わせ

セミナーの開催を考えている
企業様向けサポートサービス

Digima ~出島~ではセミナーへ参加される企業様だけでなく、「セミナーを主催したい!集客したい!」という企業様向けに「セミナー掲載」「セミナー講師派遣」「セミナー代行」の3つのサービスを提供しています。

セミナー掲載

他社様の海外進出に関連したセミナーイベントの掲載もDigima ~出島~では積極的に行っています。Digima ~出島~のセミナーコンテンツで掲載するのはもちろん、SNS や定期メルマガを通じて、企業様が独自で開催されるセミナー情報の露出が可能になりますので、弊社の抱える顧客に対して多角的なアプローチを実現します。

セミナー掲載のお問い合わせ

セミナー講師派遣

セミナーを開催する企画の段階で、「最適な講師が見当たらない」というお悩みは少なくありません。弊社では、海外進出における各国・各ジャンルの専門家を提携先の600社から派遣することが可能です。御社の実現したいセミナーにマッチした人材をご紹介いたします。

セミナー講師派遣のお問い合わせ

セミナー代行

セミナーを開催したいが、企画、開催場所の選定・交渉から集客まで、自社にリソースがない企業様に向けて一貫したセミナー代行サポートを行っています。年間130回以上のセミナー集客実績から、開催ノウハウはもちろん効果的な集客方法や参加者に満足いただけるスムーズな司会進行を提供いたします。

セミナー代行のお問い合わせ

中国基本情報

中華人民共和国、通称中国の人口は約13億7600万人(2015年)。広州・上海・重慶・北京の4都市には約1億5千万人の人口が集まっており、4都市総数で日本の人口を上回っています。世界一人口が多い国となっています。国土は約960万平方kmで、東アジアに位置する主権国家です。国土は世界3番目の大きさとなっています。中国はアジアの地域大国であり、多数の解説者により潜在的な超大国として特徴付けられてきました。国教はなく、主な宗教は仏教、道教、イスラム教、キリスト教です。一方、現在の中華人民共和国の宗教信者数の1億人余りで、総人口13億人に比して非常に少ないです。これは中国大陸における宗教の歴史と中国共産党政府による宗教弾圧の影響が大きいです。IT産業や製造業で北京や上海を中心に著しい経済成長を遂げた中国は「世界の工場」と呼ばれました。首都圏の北京や上海では著しい経済成長に伴い富裕層や中間層は拡大、消費市場としても注目を集めています。在留邦人数は131,161名で、アメリカに次いで2番目に在留邦人数が多い国となっています。
公用語は中国語です。世界英語力ランキングでは49位となっています(『EF FPI』より)。数字から見てわかるように、中国ではあまり英語が通じるとはいえません。
さて、中国人の国民性はと言いますと、第一に特徴的なのが「中国こそが世界の中心」という中華思想です。

...中国基本情報の続きを読む

中国進出するためのノウハウ

オリンピックや万博を間近 に控え、年率10%を超える高度経済成長を続け、「爆買い」と形容されるほど圧倒的な消費力を見せていた中国消費市場。その姿はまるで、40年前の日本の高度経済成長期のようです。そして、「世界の工場」では、安価で豊富な労働力を使って低コストの製品生産を実現できるため多くの海外企業からの投資を集めました。近年人件費などの高騰も懸念されていますが、北京郊外都市や上海郊外都市では依然安価なコストでの生産が集めており、地方への注目が集まっています。一方、中国でビジネスを行うにあたって注意しなければいけないのが外資規制です。2012年1月30日には外国投資産業指導目録によって禁止・制限される業種が定められました。出資金の外資の割合や設立の地理的な制限など業種によって異なってくるので確認する必要があります。また、企業だけではなく個人においてもSNSなどの使用における表現の規制を受けることになります。
さて、中国人とビジネスをする上でまず気をつけなければいけないことは階級意識が強いということです。交渉を行う際にはあなたの会社より上位の経営陣に同行を依頼することで交渉を有利に進めることができます。また、商談は基本中国語で行われるので名刺も中国語のものを用意するようにしてください。そして、食事を非常に大事にする文化なので、食事中の商談は避けてください。

...中国進出ノウハウの続きを読む