セミナー概要

DXを活用した海外販路拡大・訪日観光プロモーションによる 地域活性化への取り組み

新型コロナによりインバウンド需要が減少する中、観光産業やそれに関連する企業様は厳しい経営を余儀なくされたと思います。

そこで、「海外に販路を拡大したい」「コロナ後のインバウンド需要拡大を前に訪日観光プロモーションを実施したい」という方向けに、DX視点を取り込んだアプローチ法について対談形式のセミナーを開催いたします。

【対談セッション】
<DXを活用した海外販路拡大・訪日観光プロモーションによる地域活性化への取り組み>

テーマ1 ニーズ・ウォンツ・顧客の声を把握、事後検証によるPDCAの導入
テーマ2 海外進出・プロモーションの課題解決、訪日観光プロモーションに向けて

開催の背景として、今年2月に株式会社日本リサーチセンターは地域活性化のコンソーシアムを設立し、
観光業へのビジネス支援を本格的にスタートさせました。
また、訪日観光プロモーションは入国制限が解禁となる前の今が絶好の機会です!

本セッションでは、海外進出に当たっての現地でのプロモーション(SNS)や受容度調査、マーケティングについて、
その取り組みやデータに基づいたDX戦略についてお話しします。

・海外で自社の商品が売れるのか
・どこから手を付ければよいのか
・誰に相談すれば良いのか

このようなお悩みを抱える地域の特産品・名産品を製造する企業様、その取扱いを支援されている地銀や信金、
各自治体、ホテルや旅館、観光施設運営社の皆様の課題を解決いたします!ぜひご参加ください。

セミナー講師

株式会社日本リサーチセンター

中村 英朗

経歴

・Business Innovation Center(BIセンター)エグゼクティブリーダー
・地域振興・創生コンソーシアム統括
・(社)日本マーケティング・リサーチ協会 公的統計基盤整備検討委員会代表幹事
・(財)日本世論調査協会 評議委員
・内閣府 地方創生SDGs官民連携プラットフォームメンバー

大学で情報学・統計学を学び日本リサーチセンターに入社。
調査の実施部門で3年間調査現場における実務を学び、営業部門に異動。
営業部門では一環してクライアントの課題解決プログラムの構築を担当。
営業部門のマネージャー・部長職を20年歴任し、2020年に新規営業開発部門の立ち上げを行う。
2021年よりBIセンターに所属、全社の横断的営業開発の推進を担当。

JTA Oceania Pty Ltd シドニー支店 J.force プロモーション事業部 

 志村 一政

経歴

JTA Co Ltdに入社後、シドニー支店、バンコク支店、プーケット営業所、ベトナム駐在員事務所勤務を経て現職に至る。
各地では、インバウンド事業における現地ハンドリング、コーディネーションを中心に業務にあたる。
事業拡大に伴い、海外での企業プロモーションを兼任し、日本からの地域特産品、名産品など、
海外市場開拓での市場調査や販路拡大に対して、現地で培ったネットワークでサポートし、
訪日プロモーションでは、各地の旅行会社とのネットワークを駆使し、日本のホテル、旅館、レストランなど業種に合わせ、
海外進出におけるトータルコンサルディングを行う。

セミナー名 DXを活用した海外販路拡大・訪日観光プロモーションによる 地域活性化への取り組み

開催日時

2022年6月17日(金)13時00分

開催場所

オンライン ZOOM

■ オンラインセミナー(ウェビナー)ご参加方法
1.下記Dijimaのお申し込みフォームからお申し込みください。
2.外部お申し込みフォームをお送りさせて頂きますので、お手数ですがこちらにも入力をお願いします。
3.当日のURLをお送りいたします。
4.当日になりましたら、記載のURLにアクセスしてください。


参加費 無料
主催 ジェイ・ティ・エイ・ジャパン株式会社、株式会社日本リサーチセンター(共同開催)
運営 株式会社日本リサーチセンター
定員 100
対象者 こんな方におすすめのセミナーです
◎自社製品を海外向けに販売したい方
◎訪日旅行客の誘客における海外プロモーションを行いたい方
◎インバウンド誘致並びに集客にご興味のある方
◎地域産品を海外へプロモーションや販路拡大にご興味のある方
注意事項 ※営業目的でのご参加や、運営が不適切だと判断した場合、参加をご遠慮頂く場合がございます。
※本イベントの内容は、転載や二次利用等を固くお断りします。

このセミナーの受付は終了しました