フィリピン

フィリピンセミナー情報

受付を終了したセミナー

セミナー受講希望企業様への
サービスアレンジセミナー

本サイトに希望のセミナーがなくても大丈夫!
Digima ~出島~セミナー専門コンシェルジュが、企業様にピッタリのアレンジセミナーを提供します!

Digima ~出島~のセミナー専門コンシェルジュが、どのようなセミナーを受講したいのか、予算はどれくらいなのかなど、企業様の求めるセミナーを幅広くヒアリング。ご満足いただけるセミナーをセッティングします。
しかも、セミナー講師から場所の手配まで、Digima ~出島~でおこなうので、企業様はお打合せでヒアリングをする以外は当日のセミナーまでほとんど負担はございません。お仕事と両立しながら、セミナー準備が進んでいくというとても担当者様に喜ばれるサービスになります。相談いただければ無料でヒアリングをさせて頂きますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

アレンジセミナーのお問い合わせ

セミナーの開催を考えている
企業様向けサポートサービス

Digima ~出島~ではセミナーへ参加される企業様だけでなく、「セミナーを主催したい!集客したい!」という企業様向けに「セミナー掲載」「セミナー講師派遣」「セミナー代行」の3つのサービスを提供しています。

セミナー掲載

他社様の海外進出に関連したセミナーイベントの掲載もDigima ~出島~では積極的に行っています。Digima ~出島~のセミナーコンテンツで掲載するのはもちろん、SNS や定期メルマガを通じて、企業様が独自で開催されるセミナー情報の露出が可能になりますので、弊社の抱える顧客に対して多角的なアプローチを実現します。

セミナー掲載のお問い合わせ

セミナー講師派遣

セミナーを開催する企画の段階で、「最適な講師が見当たらない」というお悩みは少なくありません。弊社では、海外進出における各国・各ジャンルの専門家を提携先の600社から派遣することが可能です。御社の実現したいセミナーにマッチした人材をご紹介いたします。

セミナー講師派遣のお問い合わせ

セミナー代行

セミナーを開催したいが、企画、開催場所の選定・交渉から集客まで、自社にリソースがない企業様に向けて一貫したセミナー代行サポートを行っています。年間130回以上のセミナー集客実績から、開催ノウハウはもちろん効果的な集客方法や参加者に満足いただけるスムーズな司会進行を提供いたします。

セミナー代行のお問い合わせ

フィリピン基本情報

フィリピンの人口は約1億2000万人(2016年)。そのうち、30歳までの人口は約60%にもなり平均年齢が23歳と、ベトナムなど周辺国に比べても圧倒的に若く労働力が経済成長を押し上げる「人口ボーナス」が当面続くとされるています。国土は299,404平方kmで7,109の島々で成り立っています。フィリピンはASEAN唯一のキリスト教国です。国民の83%がカトリックであり、その他のキリスト教が10%となっています。キリスト教は、スペイン植民地時代に広まりました。そのため、マレー系が主体である民族ですが、スペイン系及びこれらとの混血並びに少数民族がいます。在留邦人数は17,021人ですが、近年進出する起業が増えるとともに都会の喧騒から離れたマニラ郊外に移住する日本人が多くなっています。
公用語はタガログ語と英語です。アメリカ合衆国の植民地であったこともあり、アメリカ英語がかなり普及しました。学校教育では国語はタガログ語で行われ、それ以外の教科の授業はすべて英語で行われています。
さて、フィリピン人の国民性ですが陽気、楽観的、ホスピタリティーが高いと言われています。仕事に対しては、細かい業務や明確なルールややり方に従った業務は全く問題無く遂行することが可能で、仕事に対しては総じて誠実に向き合っています。ただし、時間に対してルーズであるので、欠勤などの勤怠管理については多くの企業が苦労しているのも現実です。

...フィリピン基本情報の続きを読む

フィリピン進出するためのノウハウ

フィリピンは今まで経済の停滞が続いていたために、投資はあまりされていませんでした。しかし、2013年になってフィッチとS&Pがフィリピンの長期国債信用格付けを投資適格に格上げしたことによって、再び注目を浴びています。現在200以上の経済特区が設置されており、多くの海外企業が入居しています。一方、フィリピンでは他国同様に外資規制があり、業種ごとに資本規制がひかれています。しかし、投資委員会(BOI)、フィリピン経済区庁(PEZA)などの代表部に外資優遇制度の申請をして条件を満たせば、法人所得税免税や外国人労働者を雇うことが可能になるという優遇措置を受けることができます。
フィリピンで現地の人と仕事をするにあたっては、人材面に不安を抱えているということもあります。一般的に、転職が盛んであると言われております。また、きっちりと監督していないと生産性が落ちるなど、あまり勤勉とはいえず不正なども多いです。計算が苦手な人が多いとも言われています。ミーティングを開催する場合には本題に入る前に簡単な世間話をし、お互いの間に協力的な関係を築くように努めることが大事です。これはフィリピンのビジネスでは非常に重要なことで、世間話以外にも事前に食事に招待したり、スポーツイベントに招待することも効果的です。

...フィリピン進出ノウハウの続きを読む