セミナー概要

海外進出セミナー:海外進出の「いろは」教えます!

トライコー・グループは2019年2月、日本の士業最大手であるSATOグループと中小企業のアジア圏進出および多国展開の支援を目的とした戦略的業務提携を結びました。
今回の業務提携を記念し、海外進出セミナーを開催します。

海外進出の「いろは」教えます!~中小企業を取り巻く海外進出の「今」~ 日本企業の海外での事業展開が進む中、中小企業においても成長が期待されるアジア市場への進出・事業拡大意欲が年々高まっている一方、多くの中小企業はアジア圏での事業展開の必要性を感じているにも関わらず、自身のネットワーク不足や、現地法人設立や法人銀行口座開設などにおける複雑な法制度の理解や諸手続きの困難さなどが理由で実際の進出に踏み切れていないのが実情です。このような状況の中、トライコー・グループとSATOグループはアジア圏を包括したバックオフィス業務支援に関する戦略的業務提携を結びました。
今回の業務提携を記念し、トライコー・ジャパンの代表とSATOグループの代表の二人が、なぜ中小企業にとって「今」が海外進出のチャンスなのか、その意義について熱く語り合います。
さらに、初めて海外進出を検討されている方にも分かりやすい「進出のいろは」や、「実際に進出する時に活用できる語学助成金」などのお役立ち情報について丁寧に解説いたします。
すでに海外進出を視野に入れてビジネスをされている方はもちろん、これから海外進出を検討してみたい方、お気軽にご参加ください。

プログラム

18:00~ 受付
18:15~19:00 第一部:海外進出の「いろは」教えます!

<講師>
トライコー・ジャパン アウトバウンド事業部 ディレクター
山内 奨
19:00~19:45 特別対談:国内マーケットの縮小と海外進出展開の意義

<講演者>
トライコー・ジャパン 代表取締役CEO
佐藤 スコット

SATOグループ 代表
佐藤 良雄
19:45~20:00 第二部:海外進出に使える助成金

<講師>
日本社労士法人 所長
佐藤 邦昭

セミナー講師

トライコー・ジャパン

アウトバウンド事業部 ディレクター山内 奨

経歴

立命館大学産業社会部卒業後、(株)パソナ入社。中国華南地区香港での勤務を経てマネジメント業務に従事。2017年に(株)コーチ・エィに入社し、1 on 1コーチングキャリアを積んだ後、2018年8月トライコー・ジャパンに入社。日本企業のアジア進出における現地法人設立とバックオフィス業務全般のコンサルティングを通して、顧客の海外進出計画を支援。

登壇内容

第一部:海外進出の「いろは」教えます!
・中小企業の海外進出動向
・アジア市場の近況
・アジアで現地法人を設立・運営する際に求められるコンプライアンス対応

トライコー・ジャパン

代表取締役CEO佐藤 スコット

経歴

アメリカ合衆国ニューヨーク州生まれ。米国公認会計士。1997年にEY(アーンスト・アンド・ヤング)で国際コンサルタントとして活躍。2000年にPasona NA(米国パソナ)に入社し、2004年に代表取締役社長に就任。その後、(株)パソナグループの国際業務管掌役員として来日。2011年には(株)パソナの代表取締役社長兼COOに就任。2018年9月にアジア最大のビジネス・プロセス・アウトソーシングおよび投資家向けサービスを提供するトライコー・グループの日本代表として、1000社以上の外資系企業の日本進出を支援。2019年より本格的に日本企業のアジア進出支援に乗り出す。

登壇内容

特別対談:国内マーケットの縮小と海外進出展開の意義
日本企業のグローバル化が加速する中で、中小企業の海外支出ニーズも多様化しつつあります。刻々と変化するマーケットの動向や求められる変化への対応も交えながらアウトソーシングの意義についてSATOグループの佐藤 良雄代表と語り合います。

SATOグループ

代表佐藤 良雄

経歴

北海道札幌市出身。1977年に佐藤良雄行政書士事務所を設立。
1987年にキャリアバンク株式会社を設立、人材紹介、人材派遣、行政へのパブリックサービスを事業内容とし、札幌証券取引所上場。1997年に株式会社エコミックを設立。給与計算BPOを事業内容とし、札幌証券取引所アンビシャス市場上場。SATOグループのSATO社会保険労務士法人は企業の人事、労務管理のBPOを中心として5400社の顧客を有する日本最大規模の社労士法人。札幌・東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄を中心に国内9拠点において、日本マクドナルド・日本航空・スターバックスコーヒージャパンなどの大手企業を顧客に持つ。

登壇内容

特別対談:国内マーケットの縮小と海外進出展開の意義
国内市場が飽和状態である中、中小企業のアジアを中心とした海外進出ニーズは高まる一方ですが、実際には現地法人設立やビザ取得などの業務を現地国の法律に従って正しく対応することは簡単ではありません。このような状況の中、企業にとってより負担の少ないアジア進出を実現するために必要とされるものは何か、トライコー・ジャパンの佐藤スコット代表取締役CEOと語らいます。

日本社労士法人

所長佐藤 邦昭

経歴

北海道札幌市出身。2009年にSATOグループに入社、労働保険事務組合労務事務指導協会にて中小企業の労務管理を担当。2014年日本社会保険労務士法人へ出向、全国の中小企業が均一に助成金申請サービスを受けられるよう、全国助成金サポートネットワークを活用、採用・教育研修関係助成金申請に関する申請実績多数。

登壇内容

第二部:海外進出に使える助成金
・職員の語学力向上に使える助成金

セミナー名 海外進出セミナー:海外進出の「いろは」教えます!

開催日時

2019年4月24日(水)18時00分

開催場所

東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング9階

東京メトロ東西線「大手町駅」直結(徒歩7分)/JR・東京メトロ丸の内線「東京駅」北口(徒歩3分)

参加費 無料
主催 トライコー・ジャパン
協賛 SATOグループ
運営 トライコー・ジャパン、SATOグループ
定員 30
対象者 ・初めてのアジア進出をご検討中の中小企業様
・既に海外進出されていて、アジア圏内での多国展開をお考えの中小企業様
・アジア進出にご関心のある中小企業様
注意事項 なし

このセミナーに申し込む