ベトナム

ベトナムセミナー情報

受付を終了したセミナー

セミナー受講希望企業様への
サービスアレンジセミナー

本サイトに希望のセミナーがなくても大丈夫!
Digima ~出島~セミナー専門コンシェルジュが、企業様にピッタリのアレンジセミナーを提供します!

Digima ~出島~のセミナー専門コンシェルジュが、どのようなセミナーを受講したいのか、予算はどれくらいなのかなど、企業様の求めるセミナーを幅広くヒアリング。ご満足いただけるセミナーをセッティングします。
しかも、セミナー講師から場所の手配まで、Digima ~出島~でおこなうので、企業様はお打合せでヒアリングをする以外は当日のセミナーまでほとんど負担はございません。お仕事と両立しながら、セミナー準備が進んでいくというとても担当者様に喜ばれるサービスになります。相談いただければ無料でヒアリングをさせて頂きますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

アレンジセミナーのお問い合わせ

セミナーの開催を考えている
企業様向けサポートサービス

Digima ~出島~ではセミナーへ参加される企業様だけでなく、「セミナーを主催したい!集客したい!」という企業様向けに「セミナー掲載」「セミナー講師派遣」「セミナー代行」の3つのサービスを提供しています。

セミナー掲載

他社様の海外進出に関連したセミナーイベントの掲載もDigima ~出島~では積極的に行っています。Digima ~出島~のセミナーコンテンツで掲載するのはもちろん、SNS や定期メルマガを通じて、企業様が独自で開催されるセミナー情報の露出が可能になりますので、弊社の抱える顧客に対して多角的なアプローチを実現します。

セミナー掲載のお問い合わせ

セミナー講師派遣

セミナーを開催する企画の段階で、「最適な講師が見当たらない」というお悩みは少なくありません。弊社では、海外進出における各国・各ジャンルの専門家を提携先の600社から派遣することが可能です。御社の実現したいセミナーにマッチした人材をご紹介いたします。

セミナー講師派遣のお問い合わせ

セミナー代行

セミナーを開催したいが、企画、開催場所の選定・交渉から集客まで、自社にリソースがない企業様に向けて一貫したセミナー代行サポートを行っています。年間130回以上のセミナー集客実績から、開催ノウハウはもちろん効果的な集客方法や参加者に満足いただけるスムーズな司会進行を提供いたします。

セミナー代行のお問い合わせ

ベトナム基本情報

ベトナムの人口は約9,300万人(2015年)。ASEANでは2番目の人口数となっています。平均年齢は約28歳と若く、今後人口も1億人を突破すると見られていており、消費市場が大きく伸びることへの期待が高いです。国土は32万9,241平方kmで、東南アジアのインドシナ半島東部に位置しています。ベトナムは多民族国家の社会主義国である。国家は宗教の自由を認めていますが、大半は仏教が占めています。在留邦人数は13,547人ですが、近年増加傾向にあります。
公用語はベトナム語です。世界英語力ランキングでは29位でASEANでは4位となっています(『EF FPI』より)。地方都市では厳しいですが、外国人が多く訪れる観光地や都心部では、以外と英語が通じます。
さて、ベトナム人は日本人に類似する部分があると言われていますが、ベトナム人の国民性として一般的にあげられるのが、明るく素直で素朴、勤勉だと言うことです。また、イエス・ノーを明確に言わずに婉曲表現をしたり、周囲への気配りができるところは、日本人と類似しています。繊維産業が有名なことからわかるようにベトナム人は一般的に手先が器用ということで有名です。

...ベトナム基本情報の続きを読む

ベトナム進出するためのノウハウ

ベトナムの魅力としては、ASEAN諸国と比較したときの労働者の質の高さと賃金の低さ、人口が多く消費欲も旺盛なマーケットなどが挙げられます。最近では、中国などへの一極集中によるリスクを避けようとする企業からも注目を浴びており、日本の製造業を中心にベトナムへの進出が急増しています。
一方、成長し続けている市場であるベトナムでのビジネスはスピード感が大事になってきます。もたもたしていると競合がすぐに出てきてしまいます。参入、立ち上げ、事業拡大という「ホップ・ステップ・ジャンプ」を日本での起業時の数倍早く行う必要があるようです。ベトナムの外資規制は、「共通投資法」(2006年7月1日施行)によって規定されていますが、政府の定めた一部の分野以外には外資100%進出が認められています。近年以前あった外資規制がほぼ撤廃されており非常に進出しやすい国となったといえます。
さて、ベトナム人との商談において重要なポイントは、契約する意思があるかどうかをなるべく早く回答することです。商談を終えて、「検討する」「本社(上司)と相談する」などと言葉を濁していると、相手はこちらをただのメッセンジャーと見なして、途端に商談を継続する意欲をなくしてしまいます。「Yes or No」をはっきりさせることです。

...ベトナムノウハウ情報の続きを読む