香港を活用した事業展開の可能性 ~巨大市場への玄関口~ | 香港貿易発展局 

国際ビジネスセンター『香港』を活用した グレーター・チャイナと華人共同市場における事業展開の可能性を探る

料金体系
  • その他
導入までの期間
効果が出るまでの期間の目安を表しています。詳しくは会社へお問い合わせください
ヶ月
最低契約期間
導入実績数
18000
で別会社の資料を

課題が同じサービスを提供している43件の資料を
一括でダウンロードします。

対応国

対応国

サービスの詳細説明

詳細説明


世界経済の回復が続くことなどを背景に、日本企業の香港進出や対中ビジネスの再開が活発になりました。未曾有のパンデミック禍はビジネスにおける香港の強みを再確認する契機となりました。国際貿易・金融センターとしての卓越した機能は揺るぎないことが、証明されています。カナダ・フレーザー研究所の「2021年世界の経済自由度報告書」において、27年連続で第1位の座に輝いています。諸外国・地域から香港への直接投資額は米国、中国に次ぐ世界3位。IPO(新規株式公開)の資金調達金額は世界2位、そして地理的優位性をもつ香港は中国への玄関口としても注目されています。また、「広東・香港・澳門大湾区(グレーターベイエリア)」や「一帯一路」などの広域経済圏構想は、香港にさらなるビジネス機会獲得のチャンスをもたらすとしており、華人共同市場においての香港の活用方法について解説します。

プランと料金

弊局は香港の公的機関であり、香港の貿易の促進、支援、発展を担っています。中
国本土の13カ所を含めて世界50カ所に事務所を設置し、日本と香港の架け橋となるべく、双方向でのグローバルな投資と貿易促進をサポートしています。 
ご相談:無料
で別会社の資料を

課題が同じサービスを提供している43件の資料を
一括でダウンロードします。

こちらの資料をDLした方は、他にもこんな資料をダウンロードしています

関連記事