屋上設置分散型太陽光発電の導入(中国および東南アジア)  | 株式会社TNCリサーチ&コンサルティング

~自社投資 or PPA(第三者投資)~

料金体系
  • 都度見積もり
導入までの期間
効果が出るまでの期間の目安を表しています。詳しくは会社へお問い合わせください
6 ヶ月
最低契約期間
25
導入実績数
50
で別会社の資料を

課題が同じサービスを提供している6件の資料を
一括でダウンロードします。

対応国

対応国

サービスの詳細説明

詳細説明

日本は、「2050年までに80%の温室効果ガスの排出削減を目指す」・「今世紀後半のできるだけ早期に脱炭素社会を実現することを目指す」という目標を掲げています。他国においても同様の目標が設定されています。中国においては2030年にカーボンピークアウト、2060年にカーボンニュートラルを目標としております。この動きの中で、中国では太陽光発電が非常に活発に導入されております。そして、工場の屋上部分に太陽光パネルを設置することや、第三者(投資者)が工場の屋上部分を賃借し、その第三者が自らの資金で太陽光パネルを設置して発電し、その電力を工場に対して売電(売電価格は通常電力代金よりも割安)することで投資回収を図るPPAスキームもかなり活発に行われております。
弊社では自己資金による太陽光パネルの設置、第三者投資(PPAスキーム)による太陽光パネルの設置、いずれのスキームについても対応させていただいております。資料は中国中心の内容となっていますが、中国のみならず東南アジアの工場についても対応させていただいております。詳細についてはウェブミーティングでご説明させていただいております。

プランと料金

(1)自社投資の場合
図面等の基本資料をいただき、現地確認も行ったうえでお見積もりいたします。


(2)第三者投資(PPAスキーム)の場合
図面等の基本資料をいただ、現地確認も行ったうえでスキーム案及びお見積もり(電力代金割引率)いたします。PPAスキームの場合、太陽光パネル設置資金はすべて第三者が負担しますので、工場側の支出は一切なく、且つ太陽光発電部分については通常電力代金対比割引価格で調達することができます。割引率は太陽光パネルを設置するための工場の構造や日照条件、工場の電力使用量等に左右されますので、それらを踏まえたうえでのお見積もりとなります。
で別会社の資料を

課題が同じサービスを提供している6件の資料を
一括でダウンロードします。

こちらの資料をDLした方は、他にもこんな資料をダウンロードしています

関連記事