4,000社超を徹底調査! 海外進出白書(2020-2021年版)

4,000社超の海外ビジネス課題を徹底調査! 海外進出白書(2020-2021年版)

4,805件のデータと8年間の推移から分析! 今、最もチャンスの国・業種は?
新型コロナの影響は? 海外ビジネス成功のポイントは?
  『Digima〜出島〜 海外進出白書(2020-2021年版)』無料DLページ

毎年、「Digima~出島~」では1年間の進出相談と海外進出企業ならびに、
海外進出支援企業を対象に実施したアンケートをもとに「海外進出白書」を作成しております。

是非、御社の海外ビジネスにお役立てください!

お問い合わせはこちら

海外進出・海外ビジネスの課題を解決に導く日本最大級の海外ビジネス支援プラットフォームです。

出島事業イメージ

メディア実績

海外進出サポートのリーディングサービスとして高い評価をいただいています!

メディアイメージ

取引先機関イメージ

●金融機関:
42行
●地方自治体:
70機関
●政府機関:
6機関

「海外進出白書」とは?

毎年、海外ビジネス支援プラットフォーム「Digima~出島~」では1年間の進出相談と海外進出企業ならびに、海外進出支援企業を対象に実施したアンケートをもとに「海外進出白書」を作成しております。

「海外進出白書」のポイントは、

・実際に相談いただいた紹介案件4,805件を分析
・500社超への独自のアンケート調査に基づいた、民間では弊社だけが出せる
 海外進出企業と進出支援企業の両方が揃ったデータである


という点です。

例えば、

1. 新型コロナウイルス対策が明暗を分けた「進出先国ランキング」
2. 相談内容が激変! 揺れ動いた海外ビジネス業界の1年間を総括
3.「成功企業」の特徴を徹底分析! 海外ビジネス成功のポイントとは?
4. コロナ禍に対応した海外ビジネス支援サービスが続々と新設
5. オンライン活用で更に進んだ「中小 × 地方企業の海外進出」
6. 新型コロナ、スエズ運河、クーデター...高まるリスク管理の重要性


といったトピックが分かる内容となっております。

構成についても簡単にご紹介しますと、「Digima~出島~海外進出白書(2020-2021年版)」の第1部では、「Digima~出島~」のユーザーからの相談をもとに、日系企業の海外進出動向をまとめました。どのような業種の企業が、どの国に進出し、どのような課題を抱えているかといったことをデータに基づき、分析・考察しております。今年は過去8年間のデータも分析、その移り変わりを考察しています。

第2部では、海外への事業展開を検討した責任者・担当者の生の声をアンケート調査し、まとめております。海外進出を検討している企業が知りたいであろう、「海外進出におけるプロセス」「現地の体制・予算」「外国人人材活用状況」などを中心に、分析・考察しました。今年は初めての試みとして「成功企業」を定義し、クロス集計をかけることにより、進出成功のポイントを浮き彫りにしています。

そして、第3部では、海外ビジネスのサポート企業へのアンケート調査についてまとめております。「今後成長が期待できる都市とその理由」、「今もっともチャンスのある業種」、「日本企業の海外進出成功の秘訣」など、海外ビジネスサポートの専門家ならではの視点の意見が集まり、今後海外進出を検討する企業にとって貴重なデータ・考察となりました。また、増加する「サポート企業」の実態調査も行い、「対応ジャンル/対応エリア」の分布や「平均サービス単価」などについても浮き彫りになっています。

このように、海外進出に関わる全ての企業にとって有益な情報となっております。今なら無料で提供中ですので、是非ご活用いただけますと幸いです。

また、その他、ご不明点・グラフなどのデータ提供の要望 、本サービスへの問合せなどございましたら、下記までお気軽にお問合せください。
TEL:0120-979-938/MAIL: info@digima-japan.com

お問い合わせはこちら

概要・目次

調査概要

調査概要:インターネット・電話による相談の集計・分析、インターネットによる自主調査
調査対象:『Digima〜出島〜』への海外進出に関する相談4,805件、海外進出検討企業288社、海外進出サポート企業134社

形式

PDFデータ(電子データ)

サイズ・分量

A4サイズ 全77ページ

目次

【第1部】2020年度の日本企業の海外進出動向


 ◆ コロナ禍を大きく反映「2020年度・進出国別人気ランキング」
   - コロナ禍において更に存在感を増した2つの超大国「中国・アメリカ」
   - 依然として人気の「ベトナム」、コロナ対策も評価され、販路拡大ニーズは拡大
   - 急増するシンガポール・台湾の背景にコロナあり。マレーシアは設立ニーズが急増
   - それぞれ課題を抱え、解決を待つ「フィリピン・タイ・ヨーロッパ・インドネシア」

 ◆ 各業種を深掘り! 国別・相談内容別割合から見たトレンドとは
   - 卸売・小売業の海外展開の主流はパートナーを活用した販売代理店モデル
   - 製造業の「地産地消」での販路拡大ニーズはコロナ禍を受け落ち着きを見せる
   - 拠点設立ニーズの目立つ「IT・通信業」、進出目的は国によって様々
   - 業態が様々な「サービス業」では、店舗出店や施設の運営に関する相談が目立つ

 ◆ 海外進出企業の属性は?「地方×中小企業」はコロナ禍で伸長
   - オンライン活用の推進により地方企業の海外展開が更に増加傾向
   - 海外での「新規事業」を企図した進出が増加、小規模事業者の割合が7割に迫る

 ◆ コロナ禍で激動した相談内容「海外進出時のニーズランキング」
   - 新型コロナウイルス流行の影響は甚大、浮き沈みの激しかった相談内容を分析
   - 商材ニーズの増加や販売形態の変更に「海外進出コンサルティング」を活用
   -「海外アポイント取得代行」など、コロナ禍に対応したサービスが多数新設

【第2部】海外進出企業の実態調査(アンケート調査)


 ◆ 進出先の選定理由や進出形態、そして進捗は? 海外進出実態調査
   - 浮き彫りになる2つの課題「国内市場規模の縮小」「国内人材のコスト高騰」
   - 業種によって変化する進出形態のトレンドも、拠点を設けない形が主流に
   - 海外展開における成功とは? 海外での事業を3年以上継続している企業は42%

 ◆ 進出成功に必要なプロセスや予算、人材活用などを徹底解剖
   - 海外進出のプロセス/業務を徹底解剖! 専門家に依頼すべき業務とは?
   - 海外進出の資金について徹底解剖! 資金調達方法と進出成功に必要な予算とは?
   - 待遇、国籍、マネジメントにおける課題… 外国人人材の活用状況を徹底調査!
   -「販売代理店活用」から「現地拠点設立」が販路拡大のゴールデンルートに
   - 海外展開において解決すべき課題とその方法は? 成功企業のクロス集計も実施
   - 新型コロナ、スエズ運河、クーデター…、リスク管理の重要性

【第3部】海外ビジネスの専門家の意識調査(アンケート調査)


 ◆ 対応国/サービス単価は? 海外進出サポート企業の実態調査

 ◆ 専門家が選んだ「2021年、最も成長する都市」は?
   - ベトナム・ホーチミンが4年連続1位、専門家から圧倒的な支持を得る理由は?
   - 半導体産業の急伸とコロナ対策の成功を要因とし、台湾の首都「台北」が2位
   - 重要性を高める中国からは「上海」がランクイン、ワクチン接種にも言及
   - それぞれの役割が注目の4都市「シンガポール・香港・ニューヨーク・マニラ」
   -「SDGs」や「アフターコロナの観光/IR産業」に言及する専門家も

 ◆ 専門家が分析! 今、最も「海外進出のチャンス」がある業種は?
   - 「医療・福祉」はコロナ禍に加え、日本の技術品質と今後の重要性に注目
   - オンライン活用の高まりを追い風に成長する「IT・通信業」
   - 日本食ブームは未だ健在、国内で不振の「飲食業」は海外展開に活路

 ◆ 海外ビジネスの専門家に聞いた「新型コロナウイルスの影響」
   - 専門家が見た現地の状況 & アフターコロナの展望は?

 ◆ 専門家が語る「海外ビジネスの成否を分けるポイント」は?

料金

無料

協賛

AIG損害保険株式会社
AIG損害保険株式会社

お問い合わせはこちら