海外ビジネス コラム

時事 2014年06月16日

  • share

【時事ニュースを斬る】スペイン人1000人「サッカーに関する調査」

野田 彩子(地中海マーケティング研究所)

『スペイン人1,000人に聞いた「サッカーに関する実態調査」
~スタジアムへは何回行く?テレビ観戦は?、好きな日本人選手は誰?~』

 
地中海マーケティングでは、継続して「スペイン人1,000人に聞く」シリーズとして、スペイン全国の15歳~70歳の男女約1,000人に対しインターネット調査を実施しています。

今回も「1問から簡単に海外の声を聞くことができる」、弊社パートナーであるCint社のサービスを利用し、W杯が始まり、世界中が盛り上がる「サッカー」に関する5つの質問を聞いてみました。(調査時期は2014年2-3月)

「好きなスポーツ(自分でプレイ)」に対して、「サッカー」が全体の約41%

1.あなたが一番好きなスポーツは何ですか(自分でプレイ)?(単一回答:N=1,010)

Q1

【結果】全体の41.4%が「サッカー」と回答、水泳競技(10.5%)、バスケットボール(6.4%)と続く。男女別の違いが大きく、男性はサッカー(57.3%)、自転車(7.2%)、バスケットボール(6.3%)に対し、女性はサッカー(25.1%)、水泳(17.4%)、テニス、スキー・スケート(7.4%)となった。

サッカー王国のスペイン、まずは自分達が実際にプレイするスポーツを聞いてみたところ、全体の41.4%が「サッカー」と答え、他を大きく離しました。男女間の差は大きいですが、女性でも25.1%が「サッカー」と答えて最も多く、男女問わずサッカーが一番身近なスポーツであることがわかります。
その他の競技は広く分散し、10%を超えるのは「水泳競技」のみという結果になりました。

「一番観戦するスポーツ」に対して、「サッカー」が全体の約54%

2.あなたが一番観戦するスポーツは何ですか(TVや競技場で)?(単一回答:N=1,010)

Q2

【結果】観戦する場合は、「サッカー」と回答したのが全体の53.9%で半数を超え、テニス(7.3%)、バスケットボール(6.9%)と続く。男性はサッカー(65.7%)、バスケットボール(6.3%)、自転車競技(5.7%)、女性はサッカー(41.9%)、テニス(10.0%)、スキー・スケート(9.6%)と回答。

「観戦するスポーツ」の場合は、「サッカー」が更に増えて過半数超えの53.9%となりました。2位の「テニス」は、スペイン人は強い男性選手(ナダル選手他)が多いためか、特に女性に人気が高く、10.0%。 他は広く分散し、日本やアメリカで人気が高い「野球」は、全体の0.8%に留まっています。

「サッカー観戦のためにスタジアムに行く回数」は「1年に2-5回程度」が全体の24%

3. あなたは1年に何回サッカー観戦のためスタジアムに行きますか? (単一回答:N=1,009)

Q3

【結果】スタジアムへは「行かない・ほとんど行かない」が最も多く、全体の44.8%。2-5回程度(24.0%)、1回程度(13.1%)と続く。男女差はほぼないが、「20回以上」は男性が女性の3倍の7.5%。

実際にサッカースタジアムまで足を運ぶ人はどのくらいいるのか、聞いてみました。意外でしたが、年に1回以上行く人は全体の約55%に留まり、44.8%が「ほとんど行かない」と回答しています。弊社の現地パートナーも、「決勝など大事なマッチを観る程度」と言っていますが、国民的スポーツとはいえ、そのような人も多いのでしょう。
熱心なサポーターと言えるであろう「年間で20回以上」の回答は5.0%で、男性7.5%、女性2.4%となりました。地域別では、強豪チーム「FCバルセロナ」の地元であるバルセロナが最も高く6.7%と、納得の結果です。ちなみに、マドリードで「年間20回以上」の答えた人は3.5%でした。

「シーズン中にテレビでサッカー観戦をする回数」は「ほとんどの試合を観る」が全体の15%

4.あなたは月に何回テレビでサッカー観戦をしますか?(シーズン中)(単一回答:N=1,009)

Q4

【結果】「月に2-5回程度」が最も多く全体の31.9%で、「1回程度」(28.2%)、「ほとんど観ない」(24.7%)と続く。「ほとんど観る」(15.2%)はスタジアムと逆転し、男性が11.4%に対し女性が19.0%。

スペインのサッカーリーグ(リーガ・エスパニョーラ)は、8月~5月にかけて計38節、週末土日で各チームが対戦し、それぞれ10試合が開催されます。このリサーチでは、「同じチームを観るか」「複数チームを観るか」といった条件は設けていないので、回答者のあくまで「感覚値」による回答となります。

テレビ観戦をする頻度に対して、28.2%が「月1回」と答えました。これは、重要と思ったり、興味があったりするマッチのみをたまに観戦する程度だと思われます。15.2%が「ほとんどの試合を観戦する」と回答していますが、Q3のスタジアム観戦と異なり、意外にも女性が19.0%で、男性の11.4%を大きく上回る結果となっています。自宅で毎試合、お気に入り選手の試合をじっくり観戦する女性が多いということでしょうか。興味深いですね。

「現在欧州でプレイする好きな日本人サッカー選手」は1位が香川選手で約23%

5.現在欧州でプレイする好きな日本人サッカー選手を教えてください。(単一回答:N=760)

Q5

【結果】香川真司選手(23.2.%)、本田圭佑選手(15.0%)、長友佑都選手(11.3%)がベスト3に挙がった。
*2014年2月の調査

2014年2月時点の回答になりますが、欧州でプレイする好きな日本人サッカー選手として主な選手の名前を聞いたところ、「香川真司選手」、「本田圭佑選手」、「長友佑都選手」「内田篤人選手」「長谷部誠選手」の順となりました。
また、「その他」で、バレンシア州のエルクレスCFに所属する杉田選手が挙がりました。やはり地元チームの日本人選手は応援したいところでしょう。今回は聞いていませんが、「スペインで活躍する日本人サッカー選手」に限定して聞いてみるのも面白いですね。残念ながら、「特にいない」も多く、55%となりました。

W杯となると、世界中・日本中で「いつもは観ない人」も含めてやはり盛り上がりますね。しばらくは「(日本チームに関しては)ほとんどの試合を観る」という方も多いのではないでしょうか。日本チームを応援しつつ、前回の覇者であるスペインチームの動向も気になります。

地中海マーケティング研究所は、今後も各種調査を実施し、スペインと日本間におけるマーケティング活動をご支援してまいります。(年代別・地域別等の詳細データをご希望の方は、お問い合わせください)

■調査概要
・調査日 2014年2月21日(金)~27日(木)
・調査対象・有効回答数 スペイン全国の15歳~70歳の男女1,010人
・調査方法 インターネット調査 *下記参照
・属性 男性=511人・女性=499人
15-22歳=78・23-35歳=281・36-55歳=447・56-70歳=204

以上

このコラムの著者

このコラムニストにメールで問い合わせる

野田 彩子

(地中海マーケティング研究所)

コラムニスト詳細

ジャンル別 新着コラム

検索

Digima~出島~からのお知らせ

助成金セミナー

注目のコラムニスト

  • コラムニスト一覧
  • メールマガジン

 

Digima〜出島〜が新しくなりました
Digima〜出島〜が新しくなりました