Digima〜出島〜

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

海外ビジネス コラム

法律・制度 2015年03月17日

  • share

ヨーロッパ流? 時代遅れ? アフリカの法律を考える

金城 拓真(津梁貿易株式会社)

法律の中の矛盾点

今回のコラムでは、アフリカの法律や条例について触れてみます。

アフリカの国々は全てではありませんが、多くの国がその法律をヨーロッパから移植しています。それ自体は別にいいのですが、問題はヨーロッパから移植された法律がいまだに力を持っていることです。

ヨーロッパの法律と言っても当時の法律のため、今では時代遅れの法律だったり社会情勢に合わない法律も多くあります。また、もともとのアフリカの習慣とも合わない法律もあります。

その部分をきっちり清算しないまま現在の法律がありますので、細かく見ていくと法律の中で矛盾点が多く出てきます。アフリカで何かするときにはそういった部分を基本的に理解していないと身動きが取れません。また、そういった矛盾点は担当した人によってどちらにも転びうるものなのです。

アフリカで計算通りにいかない理由に、この法律の問題というのも含まれます。利益がすべて税金で飛んだり、罰金で飛んだりするのはいい例ですね。

アフリカでのビジネスを志している方はぜひその矛盾の原因を理解して取り組んでいただきたいなと思います。

このコラムの著者

このコラムニストにメールで問い合わせる

金城 拓真

(津梁貿易株式会社)

コラムニスト詳細

ジャンル別 新着コラム

検索

Digima~出島~からのお知らせ

海外進出白書

注目のコラムニスト

  • コラムニスト一覧