海外ビジネスEXPO

20191113(水)・14(木)10:00~17:30

セミナー情報

セミナー会場C C-4 11月13日 16:00~17:00

いまさら聞けない、FDAのいろは

株式会社ジェイシーズ

役職
代表取締役 CEO
登壇者
副島 暁啓
講師情報
大手光学機器メーカー、映像・精密機器メーカーにおいて、20年以上にわたり一貫して海外マーケティング、海外事業戦略業務に従事する。
この間、英国、ドイツ、米国、シンガポール、香港などに駐在または長期滞在し、新規販路開拓や既存組織の再編・再構築、現地法人立ち上げなどに携わる。
2016年11月、「小さいけれど、グローバル」を志す事業者の一助となるべく、株式会社ジェイシーズを設立した。
多年にわたる海外ビジネス経験を通じて培った知見と人脈、世界60か国以上に展開する独自のアライアンス・ネットワークを駆使しながら、海外事業展開を目指す中堅・中小企業経営者と真正面から向き合う日々を送っている。
セミナー概要
米国は、今も昔も変わらず世界最大の市場規模を誇り、日本だけでなく世界中の企業にとって最も魅力的なマーケットと言えるでしょう。
とはいえ、米国市場に参入するためには避けて通れない壁があり、その一つがFDAルールと呼ばれるものです。
とりわけ、「食品や医薬品など人体に入るもの」、「化粧品のように肌に直接触れるもの」、「医療機器など人体に何らかの影響を及ぼすもの」などを米国に向けて輸出する場合は、FDAに対し適切な通知・登録を行い、許可を得る必要がある、というルール(FDAルール)が適用されます。にもかかわらず、このことを知らず、または知っていながら無視して輸出・販売行為を行っている事業者が少なくありません。
FDAルールに反することは、故意、過失の如何にかかわらず違法行為と看做されるため、露見した場合、「知らなかった」では済まされません。悪質と判断されれば刑事告訴にまで至り、10万ドル以上の罰則金を科されることさえあるのです。
本セミナーでは、米国FDAに関する基本的知識を身につけていただくとともに、ルールをクリアし、米国において合法的に販売を行っていただくために必要な準備、申請手続き、審査基準などについて解説いたします。
また、FDAは米国以外の国々においてもベンチマーク的存在となっており、FDAについて知ることは、他の国々への展開にも活かしていただくことができます。
皆様のご来場をお待ちしております。
このセミナーで学べること
米国FDAに関する基本的知識、違反した場合の罰則、クリアするための事前準備や申請手続き、審査基準など。
対象者
米国に向けて食品(加工食品、健康食品を含む。)、化粧品、医薬品、医療機器などを輸出、販売している事業者及び、これから輸出、販売を計画している事業者。
米国以外の国・地域への輸出、販売をお考えの事業者の皆様も参考にしていただけます。