Digima〜出島〜

20191113(水)・14(木)10:00~17:30
  • 会場東京国際フォーラム
  • 主催海外ビジネスEXPO実行委員会

セミナー情報

セミナー会場B B-2 11月13日 12:30~13:30

中小企業が海外に事業展開する際に押さえておくべきポイント
~進出戦略立案から知財、契約、M&Aまで~

明倫国際法律事務所

役職
代表弁護士・弁理士
登壇者
田中 雅敏
講師情報
東京、福岡、上海、香港、シンガポール、ベトナムにオフィスを展開する明倫国際法律事務所の代表弁護士。
明倫国際法律事務所は、上記4都市の事務所以外にも、海外約35都市に提携事務所がある。
主な専門分野は、国際取引・契約、海外投資、M&A、契約書作成、契約締結交渉、債権回収・管理、労務管理、創業支援、特許、著作権、商標権、実用新案権、その他知的財産権、顧客対応・クレーム処理、事業運営支援、総務・法務部に対する業務及び体制指導等。
上記の様々な分野に関して、年間に約60本前後の講義の講師も担当している。
1996年 慶応義塾大学総合政策学部卒
1999年 弁護士登録
2001年 弁理士登録
2010年1月~ 現職
セミナー概要
海外ビジネスにおいては、ポイントを押さえた必要な準備を行うことが不可欠です。ビジネス面で成功したにもかかわらず、事業としては失敗する、といった結果を招かないためには、リスクを知った上での事前の対策が重要です。
リスク管理の面から見て、海外展開において企業が躓くポイントには、ある程度の共通点があります。
毎年100件以上の海外展開のお手伝いを続けてきた弁護士が、実際の「成功例」と「失敗例」を交えて、実務に役立つ実践的で有効な事前準備のポイントを解説します。
海外に拠点を作ることをご検討の方から、ECや貿易取引を始めようとする方まで、広く役立つ内容です。

【詳細】
海外への進出を検討するに際して直面する、様々な問題点について、中小企業でも実践可能な必要な事前準備と、長期間にわたって海外ビジネスを成功させるためのノウハウを、事例を交えてお伝えします。
主なトピックとして、以下のような切り口で、海外ビジネスを成功させるためのポイントを解説します。

①海外展開をする際に必要となるマーケティングの視点
②ビジネスパートナーの探し方と長続きする組み方
③知財戦略と必要な準備
④現地の法律や制度にどう対応するか
⑤国際契約の注意点と日本国内の契約との違い
⑥現地の人材活用の際の注意点
このセミナーで学べること
長期間にわたって安定的に海外ビジネスを成功させるための準備のポイント
対象者
海外展開(拠点設立、M&A、貿易取引、ECなど広く含みます)をこれから始めようとする方、又は展開済みで課題に直面している方