会社概要 (模倣品対策のご紹介) | T-Security Inc. (擎雷防偽科技股份有限公司)

製品の海外販売展開において忘れてはいけない大事なポイントとは?

料金体系
  • 初期費用
  • スポット費用
  • 最低契約期間なし
  • 都度見積もり
導入までの期間
効果が出るまでの期間の目安を表しています。詳しくは会社へお問い合わせください
3 ヶ月
最低契約期間
1
導入実績数
30000
で別会社の資料を

課題が同じサービスを提供している45件の資料を
一括でダウンロードします。

対応国

対応国

サービスの詳細説明

詳細説明

一般印刷をはじめ創業以来のお取引企業総数となります。
弊社は台湾、中国、マレーシア、日本におけるお客様との取引割合が高いです。

プランと料金

模倣品対策ソリューションはすべて受注生産となっております。
例)
・版代(初回のみ) + ラベル印刷費= 合計66万円~
 ※最低ロット20万枚、製品1箱あたりの導入コスト: 1.8円(ラベル単価)~
  

導入実績

政府機関から民間企業まで模倣品が発生するあらゆる分野で弊社のソリューションが導入されています

台灣高鐵、交通部臺灣鐵路管理局、台新銀行、誠品書店、奇美博物館、TRANSCEND、EPSON、ADATAなど

で別会社の資料を

課題が同じサービスを提供している45件の資料を
一括でダウンロードします。

よくある質問

Q.模倣品対策ソリューションのニーズはどのくらいありますか?

A.マーケットの大きさや対象地域によって異なります。

例えば日本国内のみの製品販売であれば無理に模倣品対策を導入する必要がないケースが多いです。その理由は日本国内では模倣品の発生リスクが少なく、発生しても摘発されるスピードが他国と比較して非常に早いです。
反面、製品の販売を海外で検討している場合、模倣品の発生リスクが大きく上昇します。模倣品が一度発生すると売上の7%程度の影響を及ぼすと言われています。ブランドと消費者を保護するために、自社の製品や販売形態に適した対策の検討をお勧めいたします。

Q.模倣品対策で留意すべき点はどのようなことがありますか?

A.製品に適した対策を個々に導入することが必須です。

弊社では月に数回、模倣品対策導入のポイントに関するショートムービーを配信しています。模倣品対策導入の参考になれば幸いです。https://bit.ly/TS-one-point-advice

Q.ラベルを貼れば模倣品はなくなりますか?

A.3つの条件が揃えば模倣品の低減可能です。

以下の3つの条件がそろえば、模倣品の低減は可能です。
1.模倣しにくいラベルやソリューションを導入
2.識別しやすいラベルを導入
3.消費者に周知されたラベルやソリューションを使用

Q.ラベルは剥がされたら 意味がない(効果がない)のでは?

A.模倣対策は消費者に周知することが前提条件となります。

消費者がラベルが貼付されているものを正規品と認識していれば、剥がされたものは非正規品と認識できます。そのため、ラベルの導入の前提条件としてウェブサイト上での告知等、消費者への告知や教育が必要となります。

Q.正規品のラベルを剥がして 非正規品に貼付しても判別できますか?

A.ラベルの不正な貼り替えや再利用を防止しています。

剥離破壊性のある材質を使用すれば、剥がして再利用できません。

こちらの資料をDLした方は、他にもこんな資料をダウンロードしています

関連記事

まだ記事はありません。