海外進出事例集

venex

製造業

休養・睡眠専用の「リカバリーウエア」を販売するべネクス社のヨーロッパ進出事例

株式会社ベネクス

株式会社ベネクスは、休養・睡眠時専用の「リカバリー(疲労回復)ウエア」を製造販売するベンチャー企業です。武器は開発した特許取得済みの特殊新素材(繊維)「PHT」。ナノプラチナや数十種類の粒子状の鉱物を繊維に練り込み、それらを使用した上下のウエアを展開しています。ナノプラチナなどが発する微弱な電磁波が、自律神経(交感神経と副交感神経)のなかでもリラックス状態に働く副交感神経に作用し、筋肉の緊張をほぐし、血流を促し、疲労回復や安眠へと導きます。

ウエア開発は、かながわ産業振興センター新規成長産業事業家促進事業の対象にも採択され、東海大学との産学公連携事業で誕生しました。運動後の休養時専用ウエアとして発売以降、日本代表選手らスポーツ関係者に「着るだけで疲労回復や安眠を促す」と愛用されています。トップアスリートの口コミは広がり、1着1万円前後と高額ながら、2009年1月の発売からこれまでに25万着(2015年2月末時)を売る大ヒット商品となっています。

株式会社ベネクスは、休養・睡眠時専用の「リカバリー(疲労回復)ウエア」を製造販売するベンチャー企業です。武器は開発した特許取得済みの特殊新素材(繊維)「PHT」。ナノプラチナや数十種類の粒子状の鉱物を繊維に練り込み、それらを使用した上下のウエアを展開しています。ナノプラチナなどが発する微弱な電磁波が、自律神経(交感神経と副交感神経)のなかでもリラックス状態に働く副交感神経に作用し、筋肉の緊張をほぐし、血流を促し、疲労回復や安眠へと導きます。

ウエア開発は、かながわ産業振興センター新規成長産業事業家促進事業の対象にも採択され、東海大学との産学公連携事業で誕生しました。運動後の休養時専用ウエアとして発売以降、日本代表選手らスポーツ関係者に「着るだけで疲労回復や安眠を促す」と愛用されています。トップアスリートの口コミは広がり、1着1万円前後と高額ながら、2009年1月の発売からこれまでに25万着(2015年2月末時)を売る大ヒット商品となっています。

海外ビジネスの概要

2015年5月初旬から、海外初進出となる欧州3カ国で、現地仕様のリカバリーウエアの新商品を発売します。年内に現地スポーツ用品店150店での取り扱いを目指します。販売から1年間の売上目標は7000万~1億円で、3年後には年間3億円に引き上げる想定です。

このほど、ドイツのスポーツ用品の販売代理店と、欧州での代理店契約を締結。まずはドイツとスイス、オーストリアのドイツ語圏内のスポーツ用品店で販売します。特に現地の主力スポーツであるサッカーやスキー、自転車、ランニング、フィットネス関連の用品店に注力しており、各バイヤーから商品の高い機能性と独自性に対して好評価を得ています。主力売場を足掛かりに今後、薬局などスポーツジャンル以外への販路拡大も狙います。

進出理由と背景

欧州進出のきっかけは、ドイツで行われる世界最大のスポーツ用品の展示会「ISPO(イスポ)」(2013年)の商品コンテストで「革命的なスポーツギア」と評され、日本企業として初めて最高賞「ゴールドウィナー」(アジアプロダクツ部門)を獲得したことでした。

欧州での反応に手ごたえを感じ、販売代理店をさがすべく、翌2014年(2月)は実際に同展にブース出展。前年の受賞商品のため、展示会主催者側のパンフレット等で大々的に事前紹介されており、前評判は高く、展示会開催期間中に欧州の問屋やメーカーなど約20社から販売契約の打診交渉がありました。そんな中、業界で“目利き力”があると評判で、無名のスポーツブランドの欧州進出や欧州展開をサポートすることで定評のあるAGMスポーツトレーディング社との販売契約に至りました。

進出までにやったこと・苦労したこと

今年2015年2月、販売先をつくるため、ドイツ仕様の新商品をひっさげて展示会「ISPO(イスポ)」に出展。今回販売するドイツ語圏のほか、イタリア、ハンガリー、ポーランド、キプロス、ブラジル、チリからも熱心なオファーをもらうなど、注目を集めました。

こうしたISPOを起点としたマーケティングと同時に、2014年10月には、ボーフム大学のスポーツ科学科と当社商品の機能性や効果を科学的な視点で解明する研究を、経済産業省の補助金を得て、産学官連携で進めています。これまでの日本や米国に加え、現地での科学的データをとることで、商品への信頼を高める狙いです。また2014年11月には独ミュンヘン市内にオフィスを開設し、現地での本格的な準備にとりかかりました。

今後の展開

商品は欧州仕様にします。湿度の低い欧州の方が好む、つるっとした肌触りの生地を使い、ドイツ人のデザイナーを起用して、色やデザイン、型、大きさなど商品設計そのものも見直し、開発しました。またパッケージや店頭POPなど販促物のデザインも現地好みに刷新します。商品展開は上下ウエア各6~10型程度で、それぞれ6サイズを予定しています。商品価格は欧州で人気の高級機能性ウエアの価格帯を狙い、Tシャツ1枚125ユーロからジャージ(上着)1着320ユーロの価格幅を予定しています。

自律神経(交感神経と副交感神経)のなかでもリラックス状態に働く副交感神経を活発にする当社リカバリーウエアは、ナノプラチナなど数十種類の粒子状の鉱物を練り込み独自開発した繊維を使っています。欧州販売では、その機能性繊維を日本から輸出し、生地の生産およびウエアの縫製はそれぞれ欧州の会社に委託します。“テクノロジー・バイ・ジャパン”、“メイドインEU”の商品として売り出します。店頭販売と同時に、インターネット販売も開始します。言語対応はドイツ語と英語で、その後の状況に応じて順次、フランス語、イタリア語、スペイン語への対応を検討しています。

海外展開成功のためのアドバイス

まだ商品の販売が決定しただけですので、弊社の成功はまだ先です。現時点で成功はしていません。ただ海外で販売の見通しがたったので、海外展開という事業自体は順調に進んでいます。販売までに、代理店探し、バイヤー探しを2年間かけてじっくり行ってきました。その中で、現地向けの商品を開発する必要性を感じて対応するなど、着実に基礎固めをしています。

企業名株式会社ベネクス
業種・業態製造業
進出国
事業内容

衣料品開発、製造、卸、販売。休養・睡眠時専用の「リカバリー(疲労回復)ウエア」の製造販売

法人設立年2005年9月30日
海外進出時期2015年5月初旬から
日本法人所在地(本社)神奈川県厚木市旭町1-21-8 あさひビル2F (新宿オフィス)東京都新宿区西新宿7-7-7ハイライフ西新宿211号室)
海外所在地

神奈川県厚木市旭町1-21-8 あさひビル2F

代表者代表取締役 中村太一
資本金10,000,000円
電話番号046-280-4117
URLhttp://www.venex-j.co.jp/
依頼したサポート内容
海外進出無料相談サービス