海外進出事例集

test

教育・学習業

日系企業の人材育成ニーズに対応した「eラーニング専門ソリューション事業」

株式会社デジタル・ナレッジ

今回は、“日本初のeラーニング専門ソリューション企業”である、『株式会社デジタル・ナレッジ』の海外進出成功事例をご紹介します。

創業時より先進的な教育テクノロジー開発を国内にて続けてきた同社。

近年は、既存ユーザー企業の海外進出に合わせる形で、海外現地の日系企業の人材育成ニーズに対応した教育システムを提供しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、“日本初のeラーニング専門ソリューション企業”である、『株式会社デジタル・ナレッジ』の海外進出成功事例をご紹介します。

創業時より先進的な教育テクノロジー開発を国内にて続けてきた同社。

近年は、既存ユーザー企業の海外進出に合わせる形で、海外現地の日系企業の人材育成ニーズに対応した教育システムを提供しています。

「日本初のeラーニング専門ソリューション企業」として

私たち『デジタル・ナレッジ』は、創業より20年以上にわたり「知識(ナレッジ)」をより効率的・効果的に流通させて受講者に届けること、そしてより良い知識社会の実現に貢献することをコンセプトに、"日本で初めてのeラーニング専門ソリューション企業"として、数多くの組織内研修部門、塾・スクール、高等教育機関に対し、1,500を超えるeラーニングシステムを立ち上げ、成功に導いてまいりました。

お客様と教育に関する夢と想いを共有しながら、お客様と受講者をつなぐ"学びの架け橋"となり、より良い教育を実現していくーー。これを自らの責任ととらえ、先進の教育テクノロジー開発と最新の情報が集まる環境づくりに挑戦し続けています。

海外日系企業の人材育成としての「eラーニングシステム」

自社の製品・サービスとしては、おもに学習管理システム(LMS: Learning Management System)のソフトウェア "KnowledgeDeliver"を主軸としたeラーニングソリューションを、システム導入からコンテンツ制作、運用までをワンストップサービスとして提供しております。

海外向けのサービスとしては、国際標準規格に沿った多言語のシステムやグローバル人材育成のためのデジタルコンテンツ制作の総合支援、海外専門のコーディネータやディレクタによる遠隔教育導入のためのカリキュラム作成から現地運用のご相談まで、承っております。

また、国内ユーザ向けのクラウドサービスや、海外での利用に最適化したeラーニングASPサービス「ナレッジデリグローバル」など、多彩なサーバソリューションをご用意しております。

現在、タイをはじめとしたアジア地域などで、日系企業様の海外展開のための人材育成プロジェクトに弊社eラーニングシステムをご活用いただいております。

ユーザー企業の海外進出に合わせてタイ・中国・キルギスなどに事業を拡大

私たちは、お客様のパートナーとして、お客様の学びの懸け橋となるべく、活動を続けてまいりました。近年のグローバル化にともない、既存のお客様より海外進出支援のご要望をいただいたことが海外進出のきっかけとなっております。

現在は、お客様の海外進出国に合わせた形で、タイ、中国、キルギスなどに展開しております。

今後もお客様のニーズに合わせて、弊社システムの多言語対応や現地パートナーの開拓など、お客様の海外展開支援を行い、弊社の海外事業を成長させていきたいと思っております。

国際開発に関わる人材育成をeラーニングで支援

22年以上にわたる国内でのeラーニングノウハウやソリューションに加えて、海外展開に必要な要件やお客様のご要望に応える形でシステムの現地ローカライズや現地パートナーの開拓を行い、体制を整えてまいりました。

これまでは企業内研修・文教・教育ビジネスなど市場別の事業部で、お客様の海外展開プロジェクトをeラーニングにてご支援してまいりましたが、よりお客様の海外展開の発展に寄与できるよう、2017年8月に国際開発に関わる人材育成をeラーニングで支援する「国際開発ソリューション事業部」が設立されました。

この部署では、現在「キルギス国税務局人材育成向上プロジェクト」など、国際開発分野をeラーニングにて支援させていただいております。

また、弊社内では、こちらの部署が主幹として、事業戦略を立て、社内の複数事業部との連携や情報共有、セミナーの開催などプロモーション活動を行うことで、海外事業をけん引していく働きを担っております。

海外進出サポート企業および支援機関の活用

海外展開にあたって苦労したことは、大きくは2点あります。ひとつは、国内で行ってきた市場別のお客様ニーズに合わせた事業体制の中で海外事業を独立させることや、社内での理解・協力体制を整えること。

もうひとつは、進出国での現地ネットワークの拡大や各国の現地状況に合わせたビジネスの展開です。

弊社は、社内に外国籍の社員も多く、関連する国への進出は社内からの協力を得られる部分もありましたが、お客様も弊社も初めて進出する国においては、海外コンサルティング企業や中小企業振興公社、JETROやJICAなどの支援をいただきました。

企業としての姿勢や戦略がぶれないことが大事

ビジネスとしての海外展開の活動は、ゼロからのスタートではなく、国内事業を元に、愚直に、そして柔軟に行うことが重要だと考えています。

国内事業とは異なる課題が多いですが、海外展開の成功は、企業姿勢や戦略がぶれないようにすること、そして国内での成功を海外でも再現できるように、各国との習慣の違いや言語の違いなど、それらの差分を埋めるところにあるかと思います。

現地に合わせた柔軟性も重要です。柔軟に行う中でもきちんと手綱を握る形で、こちらが主導となって現地との調整を行っていくことが大切だと思っております。

世界各国のeラーニング市場の健全な発展を目指す

今後のビジョンは、海外事業を自社事業の柱とするため「海外人材育成支援事業」「国際開発事業」「教育事業の海外展開支援事業」の3つの分野で独立した事業として当社は成長させていきます。

国内eラーニング業界で様々なCSR活動を行い業界の活性化を図ってまいりました。海外事業についても市場の育成も視野に入れ、活動を行っていきたいと思っております。

またそのほか、「eラーニングを取り巻く現状と未来」について、豊富な事例とともに紹介・発表・議論する国内唯一の総合フォーラム『eラーニングアワードフォーラム』の運営にも携わっております。

そのフォーラム内の企画である『Asia e-Learning Forum』活動も行っており、この活動を通して各国との連携を高め、ネットワークを広げていき、各国のeラーニング市場の健全な発展を目指して邁進してまいります。

※プロフィール画像は、JICA 2016年度中小企業海外展開支援事業 キルギス国共和国 「政府機関職員の能力向上のための学習管理システム(LMS)の導入にかかる案件化調査」の現地プロジェクトメンバー

企業名株式会社デジタル・ナレッジ
業種・業態教育・学習業
進出国
事業内容

・eラーニング専用プロダクツ(製品)
・eラーニングシステムカスタマイズ(構築)
・eラーニングサーバー運用(ホスティング)
・コンテンツ製作・販売(教材)
・受講者募集支援(プロモーション)
・運用アウトソース(運用)
・教育・IT機材(教育IT)

などの研究・開発、製造、販売

法人設立年1995年12月20日
海外進出時期2016年5月キルギス、 2017年5月中国、 2018年2月タイ
日本法人所在地《本 社》〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 eラーニング・ラボ 秋葉原
《西日本支社》〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-12-8 明治安田生命肥後橋ビル12階
《九州支店》〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-19 サンライフ第3ビル6階
代表者代表取締役社長:はが弘明 / 代表取締役COO:吉田自由児
資本金40,450,000円
電話番号03-5846-2131(代表)
URL【会社URL】https://www.digital-knowledge.co.jp
【国際ソリューション】https://www.digital-knowledge.co.jp/solution/global
依頼したサポート内容

この事例が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海外進出無料相談サービス