海外進出事例集

H9Y_4303

卸売・小売業

海外進出でも大事にするのは「企業理念の浸透」?!台湾からアジア各国進出企業の注目事例

株式会社ビーボ/Bbo CO., LTD.

今回は、株式会社ビーボ/Bbo CO., LTD.の台湾進出成功事例をご紹介いたします。「お客様の目的を達成させる通販ブランド」確立を掲げ、台湾を筆頭に、今後アジア各国での活躍が期待される同社の成功のカギとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、株式会社ビーボ/Bbo CO., LTD.の台湾進出成功事例をご紹介いたします。「お客様の目的を達成させる通販ブランド」確立を掲げ、台湾を筆頭に、今後アジア各国での活躍が期待される同社の成功のカギとは?

事業概要

株式会社ビーボは2017年9月で8期目に入りました。「一人一人に存在する幸せの道をつくる、幸せを運ぶブルービー(青いミツバチ)のように」というミッションのもと、自社ブランドとしてのメーカー・EC事業を主軸に、メディア事業、コンサルティング事業、アプリ開発事業などを行なっています。全ては「〝なりたい〟に本気」というビジョン実現に向けて、お客様の〝なりたい〟を実現するための事業展開になります。

主力事業であるメーカー・EC事業においては、商品である"モノ"を売るのではなく、その先にあるお客様の目的を達成するという"コト"を実現するサービス価値を提供していくことに重きを置いています。

海外ビジネス概要

メーカー・EC事業においては、台湾・中国・ベトナムでの展開を始めています。中国・ベトナムは日本からの越境ECで展開、台湾は2017年にブランチとして台湾支社を設立しており、本格的なグローバル展開も加速しています。

台湾では日本と同様に「お客様の目的を達成させる通販ブランド」確立のために2017年9月よりサービスを開始致しました。国によって"お客様の目的"やその"原因"は変わってくることから、台湾で扱う商品は全て現地で一から作っており、日本で既に展開している商品とは成分やデザインなどが異なります。

台湾進出・訪日台湾人向けのプロモーションメディアサービス開始の理由と背景

インフラ整備や市場の拡大など、急速な発展を遂げているアジア圏を2014年頃から見てまわっていました。2016年、ビーボのEC・通販事業の体制が整ってきたタイミングで、日本に文化が近かった台湾に進出を決定。協力していただける会社さんなども多く、無事にローンチにまで至りました。

台湾支社の支社長は、日本でも活躍していた台湾人(20代後半女性)をアサイン。彼女自身、台湾にこれまでなかった「お客様の目的を達成させる通販ブランド」の立ち上げに非常に共感しており、立ち上げからローンチ、採用、商品開発、プロモーションなど含めて、推進しています。

台湾進出・訪日台湾人向けのプロモーションメディアサービス開始までにやったこと・苦労したこと。

台湾支社が弊社初の海外支社だったので、採用、商品企画、販売体制の構築、プロモーション、全て一からのスタートだったので苦労したことも多くありました。商品開発に関しては自社のこだわりだけではなく現地の好みも非常に重要だと考え、また販売体制を築くためにも現地の製品メーカーと提携して行ないました。

物流に関しても条件にあう倉庫探しをするのには時間を要しました。その中でも出来るだけスピーディーに進められるように現地決済を行なうようにしています。本社との円滑なコミュニケーションがあったので問題が発生した時も、すぐに相談出来る環境にあったのが良かったのだと思っています。

今後の展開

メーカー・EC事業の商品やサービスについては、各国に合った形で最終アレンジし、「お客様の目的を達成させる通販ブランド」をアジア各国でも確立させていきます。越境ECでの各国への展開も加速しており、ベトナムや中国では、SNSを活用したプロモーションもスタートしています。

また、東南アジアのスタートアップ向けファンドへの出資も行っており、アジアビジネスは着実に進行しています。
2018年1月にはフィリピンのセブ島に支社を設立し、オフショア先としてシステム・アプリの開発を進めており、更にフィリピン内での自社サービスも視野に入れて動いています。

海外展開成功のためのアドバイス

ビーボは、ミッション・ビジョン・クレドから構成される「企業理念」及び企業文化を第一に置いて経営しており、海外においても、ここは変わらず重要視しています。

これは、ビーボという組織が、ビジネスモデルや事業で勝つのではなく、人材と組織力で勝つことを目指しているからです。組織が大きくなったり、事業がピボットしたり、国が違ったとしても、大切にすること(目指す姿)は変わらない。そこに向けて、全社員が同じ視界を共有し合って、海外においても日本においても一貫したブレない軸を持ち、目線と視点を合わせています。

企業名株式会社ビーボ/Bbo CO., LTD.
業種・業態卸売・小売業
進出国
事業内容

メーカー事業(商品企画/企画開発)
Eコマース事業(企画開発/運営)
メディア事業(企画開発/運営)
コンサルティング事業(WEBマーティング・Eコマース・メディアなど企画/制作/運営)
WEBサービス・アプリ事業(企画開発/制作/運営)

法人設立年2010年9月
海外進出時期2017年4月
日本法人所在地〒107-0061 東京都港区北青山3-3-5 東京建物青山ビル5階 TEL:03-5413-5225(代表) / FAX:03-5413-5226
海外所在地

台湾支社:日商青蜂股份有限公司 〒10450 台北市中山區長春路15號3F-1
フィリピン支社:

代表者代表取締役社長:武川 克己
資本金2000万円
電話番号03-5413-5225(代表)
URLhttp://bbo.co.jp/
依頼したサポート内容

この事例が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海外進出無料相談サービス