ベトナム 国旗

ベトナム進出・ベトナムビジネスのプラットフォーム「Digima~出島~」

最新のベトナムビジネスニュースやコラム、ベトナム進出セミナーからベトナムの視察情報まで、ベトナムビジネスに必要な情報を提供。
また御社のベトナム進出をサポートしてくれる優良なサポート企業を無料紹介。
御社のベトナム進出を徹底サポートします。

海外進出無料相談サービス

ベトナム基本情報

ベトナムの人口は約9,300万人(2015年)。ASEANでは2番目の人口数となっています。平均年齢は約28歳と若く、今後人口も1億人を突破すると見られていており、消費市場が大きく伸びることへの期待が高いです。国土は32万9,241平方kmで、東南アジアのインドシナ半島東部に位置しています。ベトナムは多民族国家の社会主義国です。国家は宗教の自由を認めていますが、大半は仏教が占めています。首都ハノイや南部中心都市のホーチミン、最近では中部都市ダナンなどへ進出する日本企業が拡大しています。背景には人件費の安さや、国がIT産業に力を入れていることもあり「オフショア開発」の進出先として人気の国となっています。在留邦人数は13,547人ですが、進出企業の増加に伴い近年増加傾向にあります。
公用語はベトナム語です。世界英語力ランキングでは29位でASEANでは4位となっています(『EF FPI』より)。地方都市では厳しいですが、外国人が多く訪れるハノイやノーチミンと言った観光地や都心部では、以外と英語が通じます。
さて、ベトナム人は日本人に類似する部分があると言われていますが、ベトナム人の国民性として一般的にあげられるのが、明るく素直で素朴、勤勉だと言うことです。また、イエス・ノーを明確に言わずに婉曲表現をしたり、周囲への気配りができるところは、日本人と類似しています。繊維産業が有名なことからわかるようにベトナム人は一般的に手先が器用ということで有名です。

...ベトナム基本情報の続きを読む


ベトナム進出するためのノウハウ

ベトナムの魅力としては、ASEAN諸国と比較したときの労働者の質の高さと賃金の低さ、人口が多く消費欲も旺盛なマーケットなどが挙げられます。最近では、中国などへの一極集中によるリスクを避けようとする企業からも注目を浴びており、日本の製造業を中心にベトナムへの進出が急増しています。ハノイやベトナムはもちろん、中部のダナンは比較的未開拓ということもあり、首都圏内と比べるとベトナム国内でも人件費が安くなっています。そのため、最近はダナン進出企業やハノイホーチミンからダナンへと横展開する進出企業が増えているのです
一方、成長し続けている市場であるベトナムでのビジネスはスピード感が大事になってきます。もたもたしていると競合がすぐに出てきてしまいます。参入、立ち上げ、事業拡大という「ホップ・ステップ・ジャンプ」を日本での起業時の数倍早く行う必要があるようです。ベトナムの外資規制は、「共通投資法」(2006年7月1日施行)によって規定されていますが、政府の定めた一部の分野以外には外資100%進出が認められています。近年以前あった外資規制がほぼ撤廃されており非常に進出しやすい国となったといえます。
さて、ベトナム人との商談において重要なポイントは、契約する意思があるかどうかをなるべく早く回答することです。商談を終えて、「検討する」「本社(上司)と相談する」などと言葉を濁していると、相手はこちらをただのメッセンジャーと見なして、途端に商談を継続する意欲をなくしてしまいます。「Yes or No」をはっきりさせることです。

...ベトナムノウハウ情報の続きを読む


ベトナム 国旗

ベトナム進出で課題を抱えていませんか?

Digima~出島~ではベトナム進出サポート企業の無料紹介・視察アレンジ等の進出支援サービスの提供・ベトナムビジネス情報の提供により御社のベトナム進出を徹底サポート致します

3つの切り口
ベトナム進出のソリューションをご提供

  • POINTPOINT 1

    ベトナム進出サポート企業の無料紹介

    御社の課題・進出段階に応じたサポート企業を無料紹介します。紹介する企業は一定の審査を通過した優良ベトナム進出サポート企業のみ。

  • POINTPOINT 2

    オリジナル支援サービス

    ベトナム視察のアレンジサービス、ベトナムローカル企業のリスト販売等、数千件を超える海外進出の相談実績から生まれたオリジナルの支援サービスを提供します。

  • POINTPOINT 3

    ベトナムビジネス情報の提供

    ベトナム現地のビジネスニュース・コラムやベトナム進出セミナー情報、進出事例等を提供します。

ベトナム進出の課題別ソリューション

ベトナム進出に向けて事業可能性を調査したい

ベトナム進出を成功させるためには何よりも事前準備が大切です。事業可能性を調査するためには、的確な市場調査や現地視察、テストマーケティングなどが必要になります。また、展示会への出展なども有効な手段です。事業計画立案のため、中国進出専門のコンサルタントに相談するのもいいでしょう。Digima〜出島〜では上記のような課題を解決するベトナム進出サポート企業を無料でご紹介いたします。

ベトナム現地での拠点設立を検討している

ベトナムでの拠点設立には専門的な知識が必要です。行いたい業務によって、法人登記が必要かどうか、営業ライセンスが必要かどうかも変わるからです。また、工場設立もレンタル工場の活用や営業ライセンスの取得など、幅広い知識が必要になります。Digima〜出島〜では上記のような課題を解決するベトナム進出サポート企業を無料でご紹介いたします。

ベトナムでの販路開拓方法を模索している

ベトナムで販路を開拓するためには、様々なアプローチ方法があります。まずは、現地視察や市場調査、テストマーケティングを行いニーズを把握することが必要です。また、その後には販売代理店・パートナーを探す、展示会に出展し見込み客を見つける、直接営業をかけるなどといった活動が必要になってきます。Digima〜出島〜では上記のような課題を解決するベトナム進出サポート企業を無料でご紹介いたします。

ベトナムでの事業を任せられる人材がいない

ベトナム進出の成功は人材にかかっているといっても過言ではありません。そんな重要な人材を獲得するためには、社内からグローバル人材を育成する、有望な海外人材を採用する、現地人材を育成する、といったいくつかの方法があります。Digima〜出島〜では上記のような課題を解決するベトナム進出サポート企業を無料でご紹介いたします。

ベトナム現地での有効なプロモーション方法を探している

ベトナムでの有効なプロモーションは、業種や商材・サービスによって違ってきます。CMで大々的に告知する、現地でイベントを開催するといった手法もありますし、昨今の急激なインターネットやスマホの普及により、WEBプロモーションの重要性も増しております。また、SNSでのプロモーションもノウハウが必要となります。Digima〜出島〜では上記のような課題を解決するベトナム進出サポート企業を無料でご紹介いたします。


ベトナム進出の段階別ソリューション

ベトナム進出は4つの段階に分けられます。
御社の現状の進出段階を把握して、段階ごとに必要なソリューションを見つけましょう。

情報収集段階

ベトナム進出をする上でまず必要になるのは「情報収集」。ベトナム現地のビジネスニュースやノウハウの詰まった専門家コラム、日本企業の進出事例や現地視察アレンジサービス、セミナー情報等を提供します。


Digima〜出島〜のミッション

グローバル市場で成功する日本企業を10,000社つくる

Digima~出島~は日本企業の海外ビジネス支援サービスを手掛ける「株式会社Resorz」によって2011年から運営されている海外進出・海外ビジネス支援プラットフォームです。Resorzでは、日本企業の海外進出に役立つさまざまな海外ビジネス支援事業を行っております。

イベント実績

グローバル市場でより多くの日本企業が成功するために、海外進出のハードルを下げ、あらゆる角度から日本企業の海外ビジネスをサポートすることが株式会社Resrozの使命です。
Digima~出島~ではサービス立ち上げから6年の間で世界中にネットワークを作り数千件の日本企業様から、海外進出の相談を受けて参りました。
そこで得たノウハウを活かし、これからも海外ビジネスを展開/検討している企業様にとって有益な情報・サービスを提供して参ります。


メディア実績

大手メディアへの掲載多数。海外ビジネス支援のリーディングサービスとして高い評価をいただいております。

  • 日本経済新聞
  • Yahoo!ニュース
  • 朝日新聞
  • 産経新聞

海外進出無料相談サービス