Digima〜出島〜

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

海外ビジネスサポート企業はこちら

検索フィルター

検索コンテンツを選ぶ

検索したいコンテンツを選んでください

国を選ぶ

検索したい国を選んでください

業種を選ぶ

検索したい業種を選んでください

課題を選ぶ

検索したい課題を選んでください

ベトナム進出で知っておくべき【ベトナム税制優遇】とは?

掲載日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

「Digima〜出島〜」編集部

東京共同会計事務所グループ 東京共同ホールディングス

始めまして、東京共同会計事務所グループ 東京共同ホールディングスのベトナムデスクのリンと申します。 最近のコロナ禍を経て、伝統的な海外進出の形態、例えば駐在員事務所・子会社等を設立して現地に進出する方法に加え、海外移動の制限があることなどから進出先の人材を活用しながら現地での営業活動を行う「海外雇用代行(GEO)サービス」という概念を耳にすることもあります。また、ベトナムと言えば、今までは製造業というイメージが強いと思いますが、市場規模の拡大、所得水準の向上等により、ベトナム市場での販路拡大を目的とした進出や製造技術の向上による、より精密な機器の製造委託先としても注目が高まっていることを感じます。 上記のような様々な進出形態については、いずれにせよ、法制上も税務上も十分な検討が必要になります。日本にいる私たちは現地の専門家と緊密に連携して、お客様の想定していることを常に確認しながら、ベトナム進出形態決定に際し最も重要な要素の一つである市場調査、提携パートナー候補先紹介等当初の段階からのお手伝いが可能です。海外進出する際検討すべき事項は多岐に渡ると思いますが、クロスカルチャーの重要性を理解する私たちは両国の文化、考え方等の相違について理解した上でその差異を柔軟に調整し、日本側の不安を解消し、案件がスムーズに進むように努力しています。 まず、ベトナム進出を検討されている際はお気軽に私たちにご連絡ください。 よろしくお願いいたします。

ベトナムは日本企業の海外進出先国の一つとして、毎年上位にランクインしている人気の高い国です(参考:外務省「海外進出日系企業拠点数調査」 )。その理由の一つが「税制優遇措置」であると考えられます。

本記事では、ベトナム税制優遇措置の概要から、業種や地域、企業規模ごとの優遇制度、そして具体的な適用条件や申請手続きまで、詳しく解説します。

また、実際にベトナム税制優遇措置を適用した際の失敗事例を通じて、どのような点に注意すべきかを学びます。さらに、ベトナムの法人税の基本的な理解と優遇税制の効果的な活用方法についても触れ、企業がベトナム進出を成功させるためのポイントをお伝えします。

1. ベトナム税制優遇措置とは?

ベトナム政府は経済発展に資する様々な政策を設けています。かつては外国企業に対する政策と国内企業に対する政策は異なっていましたが、現在では、外国企業と国内企業を平等に取り扱う政策が実施されています。

ここでは、ベトナム税制優遇措置の基礎知識とグローバル・ミニマム課税制度、ベトナム政府の投資活動の誘致の3つのポイントをお伝えします。

ベトナム税制優遇措置の基礎知識

ベトナム政府は、発展を期待する業界、地域、規模等を考慮しながら、優遇措置を設けていますので、経済発展の状況により優遇措置が変わる可能性があります。従って、優遇措置を受けることが可能かについては、その都度適用可能な法律を確認する必要があります。

例えば、現在の法人税上の優遇措置に関しては、最も優遇を受けることができる業種は科学研究及び先端技術開発、インフラ、ソフトウェア開発、ハイテク企業、環境保護等となり、最も優遇を受けることができる地域は経済特区、ハイテク特区等となります。

この場合の優遇措置は、優遇期間と優遇税率の組合せにより決定されます。

グローバル・ミニマム課税制度(国際最低課税)を2024年1月に導入

2024年1月以降にベトナムはグローバル・ミニマム課税制度を導入することとなりました。例えば、ベトナム子会社がこの制度の適用対象(※1)となる場合で、ベトナムにおける実効税率が15%未満であれば、本制度のうち「適格国内ミニマムトップアップ課税(QDMTT)」が適用される(税負担が15%に達するまでベトナムで追加課税)こととなります。

言い換えれば、ベトナム子会社の最終親会社の全世界の連結売上が7.5億ユーロ未満であれば、この規定は適用されず、現行の優遇措置がそのまま適用されると考えられます。

グローバル・ミニマム課税制度の導入により、ベトナムは国際的な税競争の中で公平な競争環境を維持し、税収の確保を図ることを目指しています。この制度は、利益移転や税源浸食を防ぎ、多国籍企業が低税率国を利用して税負担を軽減することを防ぐための国際的な取り組みの一環です。

※1
2023年11月29日付の議決107/2023/QH15により、適用対象企業は、特定の除外ケースを除き、直近の4事業年度のうち最低の2事業年度の最終親会社の年間売上高が7.5億ユーロ以上の多国籍企業グループの構成メンバー企業とされています。

ベトナム政府の投資活動の誘致により外国直接投資(FDI)の流入が増加

ベトナム政府は、さらなる外国からの投資活動の誘致のために、自由貿易協定・経済連携協定FTA/EPAの交渉・締結(輸入関税の軽減等の目的)及び租税条約の交渉・締結(法人税、個人所得税の二重課税の回避の目的)に積極的に力を入れています。現在、ベトナムには19の FTA/EPA(発行済み16、交渉中3)及び80近くの租税条約があります。

ベトナムの投資活動の誘致により外国直接投資(FDI)の流入は着実に増加しており、ベトナムは東南アジアにおける主要な投資先の一つとしての地位を確立しつつあると言えるでしょう。

2. 業種・地域・規模別のベトナム税制優遇制度

こちらの表は、ベトナムの法人税法上の優遇措置の概要です。

ベトナムは経済発展を促進するために、特定の業種や地域、企業規模に応じた様々な税制優遇制度を整備しています。この制度は国内外の企業にとって魅力的な投資環境を提供し、地域の均衡ある発展を目指すものです。

この項では、業種別・地域別・企業規模別の主なベトナム税制優遇措置を紹介します。

業種別のベトナム税制優遇制度

まずは業種別の税制優遇を解説します。ハイテク産業、農業、環境保護に関連する事業など、特定の重要産業に対しては法人税の優遇が適用されます。

例えば、ハイテク企業や科学技術の研究開発に従事する企業は、通常の法人税率20%に対して、原則として課税所得が発生した年度から4年間は免税期間となり、免税期間終了後も一定の期間にわたり優遇税率が適用されます。また、農業や林業、漁業などの一次産業も、一定の条件を満たすことで税制優遇を受けることができます。

地域別のベトナム税制優遇制度

次に、地域別の税制優遇です。ベトナム政府は経済開発を促進するため、特定の地域、例えば、社会・経済的に困難な地域や経済特区等において、投資を奨励しています。

例えば、ホーチミン市やハノイ市のような大都市圏以外の地域に投資する企業は、法人税の減免などの優遇措置を受けることができます。特に、北部や中部の山岳地帯、南部のメコンデルタ地域などの経済特区においては、長期間にわたる法人税の免税や税額半減の適用が認められています。

規模別のベトナム税制優遇制度

最後に企業規模別の税制優遇についてです。大規模な投資資金、大量の雇用創出等をもたらすような企業を対象として、一定の期間の優遇税率、減免措置等の適用を設けています。

3. ベトナム税制優遇措置の5つのポイント「適用条件や申請手続き、リスクなど」

ベトナム税制優遇措置を受けるための参考として、5つのポイントを紹介します。

<5つのポイント>

① 適用条件:ベトナム会計制度及びインボイス制度の遵守が必要となり、法人税の申告企業が対象となる
② 開始時期:優遇措置を受ける事業は課税所得が発生する最初の事業年度から継続的に減免税措置を適用することになる
③ 課税所得:該当する地域で法人税法上の優遇税率・優遇期間が異なる
④ 申請方法:納税者が各自で優遇条件、優遇税率、減免期間等を確認し、税務当局に申告することとなる
⑤ 認められないことによるリスク:適用が認められない場合、追徴課税が課される可能性がある

ポイント① 優遇措置の適用条件

ベトナム税制優遇措置を受けるためには、「会計制度およびインボイス制度の遵守」と「法人税の申告」の2つが適用条件となります。

ベトナムの会計基準に従った正確な記帳とインボイスの発行、適切な法人税の申告が必要です。

ポイント② 優遇措置の適用開始時期

優遇措置を受ける事業は課税所得が発生する最初の事業年度から継続的に減免税措置を適用することとなります。仮に、初めて売上が発生してから3年以内に課税所得が発生しない場合でも、その売上が初めて発生した事業年度から4年目より減免措置の適用があるものとされます。

例えば、上記の表のケース1のように2023年度に初めて売上が発生し、2024年度に初めて課税所得が発生した場合、2024年度と2025年度は免税措置が適用され、法人税はゼロとなります。

しかし、ケース2のように2023年度に初めて売上が発生したものの4年以内に課税所得が発生せず、課税所得が初めて発生するのが2028年度の場合、2028年度と2029年度に対して免税は適用されません。

その代わり、税率が20%から10%に半減される措置が利用できるようになります。このように、売上が発生してから課税所得が発生するまでに時間がかかる場合、減免期間の恩恵を十分に活用できない可能性があります。

ポイント③ 優遇対象となる課税所得

投資地域に対する優遇措置を受ける企業の場合、それぞれの地域で発生した所得によって優遇措置が異なることに注意が必要です。

投資法には「社会経済の特別困難な地域」、「社会経済の困難な地域」のリストが定められており、それぞれ該当する地域で法人税法上の優遇税率・優遇期間が異なっています。

例えば、ある企業の課税所得が「社会経済の特別困難な地域」と「社会経済の困難な地域」の両方の地域において発生する場合、それぞれの地域で発生した課税所得を区分して計算する必要があります。

「社会経済の特別困難な地域」において発生した課税所得については、売上が発生してから15年間は10%の優遇税率が適用され、かつ、課税所得が初めて発生してから4年間は免税、その後の9年間の税額は半減となります。

「社会経済の困難な地域」において発生した課税所得については、売上が発生してから10年間は17%の優遇税率が適用され、かつ、課税所得が初めて発生してから2年間は免税、その後の4年間の税額は半減となります。

ポイント④ 優遇措置の申請方法

優遇措置を受けるためには、納税者が各自で優遇条件、享受できる優遇税率、減免期間等を確認し、税務当局に申告する必要があります。

ただし、一定の優遇措置を受けるためには、税務当局以外の所管官公庁等に一定の手続きを行うことが求められる場合があります。例えば、ハイテク業種への優遇措置を適用したい場合、科学技術省などに一定の手続を行う必要があることがあります。

ポイント⑤ 税務調査におけるリスク

税務調査において、優遇措置が適切に適用されているかが確認されます。適切に適用されていないと判断された場合には追徴課税が課される可能性があります。

4. ベトナムの税制優遇措置を適用した失敗事例から学ぶ

優遇税制の適用に失敗するケースとして、「事業拡張の要件不備」と「投資許可書の確認不足」の2つが挙げられます。こちらの2つの失敗事例について解説します。

失敗事例① 事業拡張の要件不備

法人税の優遇税制は、新規設立企業だけでなく、既存企業の事業拡張の場合に設けられているものもあります。申告時に納税者が優遇税制の適用が可能と判断し申告したものの、税務調査時に当該優遇税制で規定している「事業拡張」の要件を満たしていないと判断され、追徴課税されるケースがあります。

事業拡張の要件とは、企業の事業拡張プロジェクトがベトナム会計基準を遵守していること等の条件のほかに、固定資産の取得価額の増加、固定資産の増加比率、事業拡張前後の設計能力の増加比率のいずれかについて一定の基準を満たすことです。この条件を満たした場合にのみ、事業拡張に係る優遇税制が適用可能となります。

失敗事例② 投資許可書の確認不足

次に実務上で見逃されがちなのは、投資許可書の確認です。

事業拡張によって投資内容が変更される場合、投資法に基づいて登録した投資内容を修正する必要があります。特に優遇税制を受ける事業拡張では、固定資産の投資が増加するため、当初登録した投資金額を超えることになります。

そのため、投資許可書の修正手続きを行わないと、事業拡張の優遇措置が認められないことがあります。このようなリスクを避けるためには、現地の税制や実務対応について十分に理解し、適切な手続きを行うことが重要です。

5. ベトナムの税制度に関するご相談なら「東京共同会計事務所」にお任せください

ベトナム進出時の税制に関する課題は専門家の活用をお薦めいたします

ベトナムで適用される優遇措置(法人税に関する優遇措置)について解説しました。優遇措置は業種、地域、規模によって異なるため、コンプライアンスの観点だけでなく、将来の税務調査での追徴課税リスクを軽減するためにも適用時には慎重な確認が重要です。

ベトナムでは証拠資料が重視されるため、法律で要求される資料をきちんと用意し、税務調査の際に説明できるように準備しておくことがポイントです。

さらに、優遇措置は税務調査時に確認される事項ですので、事前に外部の専門家に確認作業(いわゆる税務ヘルスチェック)を依頼し、優遇措置の適用を含む全体のコンプライアンス状況を把握する方法も検討すると良いでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本稿の内容は執筆者の個人的見解であり、当事務所の公式見解ではありません。記載内容の妥当性は法令等の改正により変化することがあります。
本稿は具体的なアドバイスの提供を目的とするものではありません。
個別事案の検討・推進に際しては、適切な専門家にご相談下さいますようお願い申し上げます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出相談数 2,000 件突破!!
最適サポート企業を無料紹介

\ 3つの質問に答えて /
コンシェルジュ無料相談

この記事を書いた人

「Digima〜出島〜」編集部

東京共同会計事務所グループ 東京共同ホールディングス

始めまして、東京共同会計事務所グループ 東京共同ホールディングスのベトナムデスクのリンと申します。 最近のコロナ禍を経て、伝統的な海外進出の形態、例えば駐在員事務所・子会社等を設立して現地に進出する方法に加え、海外移動の制限があることなどから進出先の人材を活用しながら現地での営業活動を行う「海外雇用代行(GEO)サービス」という概念を耳にすることもあります。また、ベトナムと言えば、今までは製造業というイメージが強いと思いますが、市場規模の拡大、所得水準の向上等により、ベトナム市場での販路拡大を目的とした進出や製造技術の向上による、より精密な機器の製造委託先としても注目が高まっていることを感じます。 上記のような様々な進出形態については、いずれにせよ、法制上も税務上も十分な検討が必要になります。日本にいる私たちは現地の専門家と緊密に連携して、お客様の想定していることを常に確認しながら、ベトナム進出形態決定に際し最も重要な要素の一つである市場調査、提携パートナー候補先紹介等当初の段階からのお手伝いが可能です。海外進出する際検討すべき事項は多岐に渡ると思いますが、クロスカルチャーの重要性を理解する私たちは両国の文化、考え方等の相違について理解した上でその差異を柔軟に調整し、日本側の不安を解消し、案件がスムーズに進むように努力しています。 まず、ベトナム進出を検討されている際はお気軽に私たちにご連絡ください。 よろしくお願いいたします。

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    ABCD株式会社(旧:株式会社セカラボ)

    私たちは貴社のセカイビジネス(主に欧米+アジア進出)の共創パートナーです。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    私たちABCDは、貴社の海外事業部としてセカイ進出を共創するパートナーです。
    これまでの実績は500社を越え、さまざまな業種業態の企業の進出支援を行っております。

    ■私たちは...
    *企業のセカイビジネスの開拓・拡張・成長をミッションとして各分野から集まった組織
    *成功のノウハウだけでなく、失敗におけるノウハウも貴社支援に活用
    *セカイビジネスを""A""(立ち上げ)から事業推進(""toZ""/プロジェクトマネジメント)まで伴走
    *セカイ各国・各分野の現地協力社&6万人を超える現地特派員により、セカイビジネスを共創

    ■3つのサポート領域
    ①BtoB販路開拓サポート
    セカイ各国の現地企業との取引創出を目的としたサポート。
    現地企業の探索条件の設計から着手し、企業探索・アポイント取得・商談〜交渉〜契約までワンストップで対応。

    ②BtoC販路開拓サポート
    セカイ各国の消費者に直接販〜集客することを目的としたサポート。
    販売はECモール・越境ECサイトを中心とし、集客はSNS活用から各種プロモーション(インフルエンサーマーケティング・広告運用など)海外でのブランディングを含めたマーケティング戦略全般対応。

    ③セカイで法人・店舗開業
    セカイ各国現地に店舗開業を包括的にサポートすることを目的としたサポート。
    現地法人設立(M&A含む)や店舗開業に伴う不動産(内装業者)探索や人材探索、各種手続き・ビザ申請等、ワンストップで対応。

    ■サポート対象エリア
    基本的にはセカイ各国の支援に対応しておりますが、
    これまでの多く携わってきたエリアは、アメリカ・ヨーロッパ・東南アジア・東アジアです。

    ■これまでの支援で最も多かったご相談
    - 海外進出って何をすればよいの?
    - 初めての海外進出をどのように進めれば不安、手伝って欲しい
    - どこの国が最適なのか、一緒に考えて欲しい
    - 進出検討中の国や市場を調査・分析し、自社との相性が知りたい
    - 現地競合企業の情報・動向が知りたい
    - どんな売り方が最適か、アドバイスが欲しい
    - 海外進出事業計画策定を手伝って欲しい
    - 事業戦略・マーケティング設計がしたい
    - 食品・コスメ・医薬品に必要なFDA申請を手伝って欲しい
    - 海外で販路開拓・拡張がしたい
    - 海外現地企業と取引がしたい
    - 海外現地法人設立(ビザ申請)をサポートして欲しい
    - 海外でプロモーションがしたい
    - 越境EC(自社サイト・モール)販路を広げたい・深めたい
    - 海外のデジタルマーケティング戦略をサポートして欲しい
    - 海外向けのウェブサイト(LP)をつくってほしい
    - 海外向けのECサイトをつくってほしい
    - 海外のSNS・ECの運用を手伝って欲しい
    - すでに活動中の現地法人の悩み解決を手伝って欲しい
    - 海外で店舗開業(飲食店含む)を総合サポートして欲しい

    ■主要施策
    ①BtoB販路開拓サポート
    - 海外販路開拓・現地企業マッチングサポート
    - 市場調査/現地視察
    - 事業計画設計
    - 海外ビジネスマッチング(現地企業探索サポート)
    - 海外人材 探索・手配サポート
    - 翻訳・通訳サポート
    - 手続き・申請(FDA申請含む)サポート
    - 海外税務/法務/労務/人事 サポート
    - 輸出入/貿易/通関 サポート
    - 海外販路開拓・現地企業マッチングサポート
    - 各種市場調査/分析
    ↳企業信用調査
    ↳競合調査/分析
    ↳法規制調査
    ↳有識者調査・インタビュー
    ↳消費者調査・インタビュー
    ↳現地テストマーケティング
    ↳ウェブ調査/分析

    ②BtoC販路開拓サポート
    - EC/越境EC運用代行サポート
    - 各種サイト運用代行
    - SNS運用代行サポート
    - サイト(EC/多言語/LP)制作
    - コンテンツ(画像・動画)制作デジタルマーケティングサポート
    - プロモーションサポート
    - SEO強化サポート
    - Webプロモーション
    ↳インフルエンサープロモーション
    ↳現地メディアプロモーション
    ↳広告運用(リスティング広告・SNS広告など)

    ③法人・店舗開業
    - グローバル飲食店開業サポート
    - 現地法人設立サポート
    - 現地視察サポート
    - ビザ申請手続き
    - 現地人材探索
    - MAサポート
    - クラウドファンティングサポート

  • オススメ

    株式会社東京コンサルティングファーム

    【26ヵ国39拠点】各国日本人駐在員が現地にてサポートいたします。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1704
    価格
    対応
    スピード
    知識

    弊社は、会計事務所を母体とした26ヵ国39拠点に展開するグローバルコンサルティングファームです。
    2007年に日本の会計事務所として初めてインドに進出し、翌年ASEAN一帯、中南米等にも進出しました。歴が長く、実績・ノウハウも豊富にございます。
    海外進出から海外子会社管理、クロスボーダーM&A、事業戦略再構築など国際ビジネスをトータルにサポートしています。
    当社のサービスは、“ワンストップ”での サービスを提供できる環境を各国で整えており、特に会計・税務・法務・労務・人事の専門家を各国で有し、お客様のお困りごとに寄り添ったサービスを提供いたします。

    <主要サービス>
    ・海外進出支援
    進出相談から登記等の各種代行、進出後の継続サポートも行っています。月額8万円~の進出支援(GEO)もご用意しています。また、撤退時のサポートも行っています。

    ・クロスボーダーM&A(海外M&A)
    海外企業の買収・売却による進出・撤退を支援しています。

    ・国際税務、監査、労務等
    各国の税務・会計、監査や労務まで進出時に必要な業務を幅広く行っています。

    ・現地企業マッチングサポート
    海外販路拡大、提携先のリストアップ、代理店のリストアップ、合弁パートナー探し等を行うことができます。TCGは現地に拠点・駐在員がいるため現地企業とのコネクションがあり、スピーディーに提携先のリストアップなどを行うことができます。

  • 株式会社ダズ・インターナショナル

    *欧米+アジアへの海外進出を"デキル化"伴走サポート*

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    550
    価格
    対応
    スピード
    知識

    私たちは日本企業のアメリカ・東南アジア・東アジアへのグローバル展開をサポートします。

    支援実績社数500社を超え、見えてきた成功と失敗の共通点・傾向から、"企業の「やりたい」を『デキル化』する" をモットーに、新しい市場への挑戦に伴走します。

    事業をしっかり前に進めるための"デキル化支援"として、これまでに携わった海外進出支援の中で、効果的な支援手法として、これらの3つのサービスラインナップを用意しております。

    ------------------------------------

    01:デキル化伴走サポート
    私たちが貴社のグローバルマーケティングチームになります。

    海外進出のアイデア段階から伴走し、すべき/すべきでないことをミエル化し、デキるサイズ(実現可能な行動)に落とし込み、デキル化。

    貴社のグローバルマーケティングチームとして積極的な事業推進を伴走します。

    ------------------------------------

    02:グローバルマーケティング各施策
    各フェーズ(調査・設計・実施)で、幅広い施策サポートを。
    海外進出の各フェーズ・各施策を必要な分だけサポート。
    ご要望と協議により、最適な関わり方・契約形態にて支援。

    ------------------------------------

    03:グローバルデキル化エージェントサポート

    私たちが貴社の海外ビジネスのハブ役(エージェント)を担います。

    グローバル展開に必要な現地企業・専門企業/専門家を、探索〜選定〜交渉まで実施。
    "どのような企業が事業推進に必要になるかの設計"から携わります。

    貴社にとってどんな企業がパートナーとして最適か、第三者視点で精査・提案いたします。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    以下2点が私たちの海外進出支援におけるバリュー(&理念)です。

    ■第三者ならではの貢献
    企業支援の現場で私たちは「売る側」でも「買う側」でもない、第三者です。
    私たちは「売る側」にも「買う側」にも肩を入れない、俯瞰的な位置に在るべきだと考えています。

    "新しい市場でビジネス展開するためには、これらの3つの視野が必要"です。
    - 主観:進出する企業(売る側|販売主の視野)
    - 客観:進出する企業のお客様(法人・個人)や取引企業(買う側|消費者の視野)
    - 俯瞰:わたしたち(第三者|売る側と買う側を俯瞰した視野)

    それぞれの視野・立場だからこそ気づけること・見えること・わかることがあり、当然、偏りもある中でそのバランスをまとめる第三者が必要になります。

    私たちはこれまで多くの支援実績やノウハウ(企業の成功・失敗の傾向と対策)に加え、第三者ならではの冷静さを持ち、事業推進を共に進めていく伴走者です。

    ------------------------------------

    ■会話にこだわり抜くこと
    たとえば「成功したいんです」「失敗したくないんです」というコトバ。
    これらのコトバたちは人によって意味も定義もまるで違うものです。

    私たちは企業との会話で聞きます。
    「あなたにとって成功とはどのような状態ですか?」
    「失敗とはどのような状態ですか?」

    どのような意味・思惑・意志を持ったコトバなのかもわからなければ、貢献なんてできません。
    わかった気になって、会話のつもりが独り言になってしまうと、不協和音は鳴ってしまうものです。

    私たちは、どんな当たり前のことも聞き、話します。
    私たちの仕事において、会話はもっとも重要です。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • 株式会社スタンデージ

    貴社の貿易をすべて丸投げ

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    100
    価格
    対応
    スピード
    知識

    スタンデージはブロックチェーンとステーブルコインを活用した新貿易決済システムをはじめ、アナログでレガシーな貿易インフラを次世代のステージに引き上げる貿易DXプロダクトの開発・運営に取り組んでおり、国内の貿易プレイヤーを増やし市場を拡大する一環として、海外展開未経験の企業の支援に取り組んでいます。

    商材は食品、日本酒、医療機器・医薬品、サプリメント、教材・教育玩具、素材、農業資材など多岐にわたります。

  • 東京共同会計事務所グループ 東京共同ホールディングス

    ベトナムでの販路拡大や生産拠点の立ち上げを日本国内のベトナム国税理士が現地専門家と連携し支援します。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    100
    価格
    対応
    スピード
    知識

    東京共同会計事務所グループ 東京共同ホールディングスでは、国際ビジネスに関するあらゆる会計・税務コンサルティングの問題を取り扱っております。

    弊所グローバルタックスチームは、日系企業様の海外進出の支援を主要な業務とし、税務申告業務のサポート、複数国に跨る国際税務に関するアドバイスなどのサービスを提供しています。

    その中でも、東南アジアにおいて非常に高いポテンシャルがあるベトナムへの進出のサポートには、ベトナム国税理士であるヴ ティ フオン リンが、日本において現地専門家と共同し、日本及びベトナムの会計・税務問題等の解決のお手伝いをさせて頂いております。

    基本的な事項については、時差や言語の問題なく、スムーズに解決できますので、企業様の迅速な意思決定のお役に立ちます。

コンシェルジュに無料相談する

入力1

入力2

確認

送信

課題やお悩みをカンタンヒアリング。
下記の項目に答えるだけでサポート企業をご紹介します。

連絡先を入力する

役職

個人情報保護方針利用規約 を必ずお読みになり、同意いただける場合は次へお進みください。

前に戻る

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    ABCD株式会社(旧:株式会社セカラボ)

    私たちは貴社のセカイビジネス(主に欧米+アジア進出)の共創パートナーです。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    私たちABCDは、貴社の海外事業部としてセカイ進出を共創するパートナーです。
    これまでの実績は500社を越え、さまざまな業種業態の企業の進出支援を行っております。

    ■私たちは...
    *企業のセカイビジネスの開拓・拡張・成長をミッションとして各分野から集まった組織
    *成功のノウハウだけでなく、失敗におけるノウハウも貴社支援に活用
    *セカイビジネスを""A""(立ち上げ)から事業推進(""toZ""/プロジェクトマネジメント)まで伴走
    *セカイ各国・各分野の現地協力社&6万人を超える現地特派員により、セカイビジネスを共創

    ■3つのサポート領域
    ①BtoB販路開拓サポート
    セカイ各国の現地企業との取引創出を目的としたサポート。
    現地企業の探索条件の設計から着手し、企業探索・アポイント取得・商談〜交渉〜契約までワンストップで対応。

    ②BtoC販路開拓サポート
    セカイ各国の消費者に直接販〜集客することを目的としたサポート。
    販売はECモール・越境ECサイトを中心とし、集客はSNS活用から各種プロモーション(インフルエンサーマーケティング・広告運用など)海外でのブランディングを含めたマーケティング戦略全般対応。

    ③セカイで法人・店舗開業
    セカイ各国現地に店舗開業を包括的にサポートすることを目的としたサポート。
    現地法人設立(M&A含む)や店舗開業に伴う不動産(内装業者)探索や人材探索、各種手続き・ビザ申請等、ワンストップで対応。

    ■サポート対象エリア
    基本的にはセカイ各国の支援に対応しておりますが、
    これまでの多く携わってきたエリアは、アメリカ・ヨーロッパ・東南アジア・東アジアです。

    ■これまでの支援で最も多かったご相談
    - 海外進出って何をすればよいの?
    - 初めての海外進出をどのように進めれば不安、手伝って欲しい
    - どこの国が最適なのか、一緒に考えて欲しい
    - 進出検討中の国や市場を調査・分析し、自社との相性が知りたい
    - 現地競合企業の情報・動向が知りたい
    - どんな売り方が最適か、アドバイスが欲しい
    - 海外進出事業計画策定を手伝って欲しい
    - 事業戦略・マーケティング設計がしたい
    - 食品・コスメ・医薬品に必要なFDA申請を手伝って欲しい
    - 海外で販路開拓・拡張がしたい
    - 海外現地企業と取引がしたい
    - 海外現地法人設立(ビザ申請)をサポートして欲しい
    - 海外でプロモーションがしたい
    - 越境EC(自社サイト・モール)販路を広げたい・深めたい
    - 海外のデジタルマーケティング戦略をサポートして欲しい
    - 海外向けのウェブサイト(LP)をつくってほしい
    - 海外向けのECサイトをつくってほしい
    - 海外のSNS・ECの運用を手伝って欲しい
    - すでに活動中の現地法人の悩み解決を手伝って欲しい
    - 海外で店舗開業(飲食店含む)を総合サポートして欲しい

    ■主要施策
    ①BtoB販路開拓サポート
    - 海外販路開拓・現地企業マッチングサポート
    - 市場調査/現地視察
    - 事業計画設計
    - 海外ビジネスマッチング(現地企業探索サポート)
    - 海外人材 探索・手配サポート
    - 翻訳・通訳サポート
    - 手続き・申請(FDA申請含む)サポート
    - 海外税務/法務/労務/人事 サポート
    - 輸出入/貿易/通関 サポート
    - 海外販路開拓・現地企業マッチングサポート
    - 各種市場調査/分析
    ↳企業信用調査
    ↳競合調査/分析
    ↳法規制調査
    ↳有識者調査・インタビュー
    ↳消費者調査・インタビュー
    ↳現地テストマーケティング
    ↳ウェブ調査/分析

    ②BtoC販路開拓サポート
    - EC/越境EC運用代行サポート
    - 各種サイト運用代行
    - SNS運用代行サポート
    - サイト(EC/多言語/LP)制作
    - コンテンツ(画像・動画)制作デジタルマーケティングサポート
    - プロモーションサポート
    - SEO強化サポート
    - Webプロモーション
    ↳インフルエンサープロモーション
    ↳現地メディアプロモーション
    ↳広告運用(リスティング広告・SNS広告など)

    ③法人・店舗開業
    - グローバル飲食店開業サポート
    - 現地法人設立サポート
    - 現地視察サポート
    - ビザ申請手続き
    - 現地人材探索
    - MAサポート
    - クラウドファンティングサポート

  • オススメ

    株式会社東京コンサルティングファーム

    【26ヵ国39拠点】各国日本人駐在員が現地にてサポートいたします。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1704
    価格
    対応
    スピード
    知識

    弊社は、会計事務所を母体とした26ヵ国39拠点に展開するグローバルコンサルティングファームです。
    2007年に日本の会計事務所として初めてインドに進出し、翌年ASEAN一帯、中南米等にも進出しました。歴が長く、実績・ノウハウも豊富にございます。
    海外進出から海外子会社管理、クロスボーダーM&A、事業戦略再構築など国際ビジネスをトータルにサポートしています。
    当社のサービスは、“ワンストップ”での サービスを提供できる環境を各国で整えており、特に会計・税務・法務・労務・人事の専門家を各国で有し、お客様のお困りごとに寄り添ったサービスを提供いたします。

    <主要サービス>
    ・海外進出支援
    進出相談から登記等の各種代行、進出後の継続サポートも行っています。月額8万円~の進出支援(GEO)もご用意しています。また、撤退時のサポートも行っています。

    ・クロスボーダーM&A(海外M&A)
    海外企業の買収・売却による進出・撤退を支援しています。

    ・国際税務、監査、労務等
    各国の税務・会計、監査や労務まで進出時に必要な業務を幅広く行っています。

    ・現地企業マッチングサポート
    海外販路拡大、提携先のリストアップ、代理店のリストアップ、合弁パートナー探し等を行うことができます。TCGは現地に拠点・駐在員がいるため現地企業とのコネクションがあり、スピーディーに提携先のリストアップなどを行うことができます。

  • 株式会社ダズ・インターナショナル

    *欧米+アジアへの海外進出を"デキル化"伴走サポート*

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    550
    価格
    対応
    スピード
    知識

    私たちは日本企業のアメリカ・東南アジア・東アジアへのグローバル展開をサポートします。

    支援実績社数500社を超え、見えてきた成功と失敗の共通点・傾向から、"企業の「やりたい」を『デキル化』する" をモットーに、新しい市場への挑戦に伴走します。

    事業をしっかり前に進めるための"デキル化支援"として、これまでに携わった海外進出支援の中で、効果的な支援手法として、これらの3つのサービスラインナップを用意しております。

    ------------------------------------

    01:デキル化伴走サポート
    私たちが貴社のグローバルマーケティングチームになります。

    海外進出のアイデア段階から伴走し、すべき/すべきでないことをミエル化し、デキるサイズ(実現可能な行動)に落とし込み、デキル化。

    貴社のグローバルマーケティングチームとして積極的な事業推進を伴走します。

    ------------------------------------

    02:グローバルマーケティング各施策
    各フェーズ(調査・設計・実施)で、幅広い施策サポートを。
    海外進出の各フェーズ・各施策を必要な分だけサポート。
    ご要望と協議により、最適な関わり方・契約形態にて支援。

    ------------------------------------

    03:グローバルデキル化エージェントサポート

    私たちが貴社の海外ビジネスのハブ役(エージェント)を担います。

    グローバル展開に必要な現地企業・専門企業/専門家を、探索〜選定〜交渉まで実施。
    "どのような企業が事業推進に必要になるかの設計"から携わります。

    貴社にとってどんな企業がパートナーとして最適か、第三者視点で精査・提案いたします。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    以下2点が私たちの海外進出支援におけるバリュー(&理念)です。

    ■第三者ならではの貢献
    企業支援の現場で私たちは「売る側」でも「買う側」でもない、第三者です。
    私たちは「売る側」にも「買う側」にも肩を入れない、俯瞰的な位置に在るべきだと考えています。

    "新しい市場でビジネス展開するためには、これらの3つの視野が必要"です。
    - 主観:進出する企業(売る側|販売主の視野)
    - 客観:進出する企業のお客様(法人・個人)や取引企業(買う側|消費者の視野)
    - 俯瞰:わたしたち(第三者|売る側と買う側を俯瞰した視野)

    それぞれの視野・立場だからこそ気づけること・見えること・わかることがあり、当然、偏りもある中でそのバランスをまとめる第三者が必要になります。

    私たちはこれまで多くの支援実績やノウハウ(企業の成功・失敗の傾向と対策)に加え、第三者ならではの冷静さを持ち、事業推進を共に進めていく伴走者です。

    ------------------------------------

    ■会話にこだわり抜くこと
    たとえば「成功したいんです」「失敗したくないんです」というコトバ。
    これらのコトバたちは人によって意味も定義もまるで違うものです。

    私たちは企業との会話で聞きます。
    「あなたにとって成功とはどのような状態ですか?」
    「失敗とはどのような状態ですか?」

    どのような意味・思惑・意志を持ったコトバなのかもわからなければ、貢献なんてできません。
    わかった気になって、会話のつもりが独り言になってしまうと、不協和音は鳴ってしまうものです。

    私たちは、どんな当たり前のことも聞き、話します。
    私たちの仕事において、会話はもっとも重要です。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • 株式会社スタンデージ

    貴社の貿易をすべて丸投げ

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    100
    価格
    対応
    スピード
    知識

    スタンデージはブロックチェーンとステーブルコインを活用した新貿易決済システムをはじめ、アナログでレガシーな貿易インフラを次世代のステージに引き上げる貿易DXプロダクトの開発・運営に取り組んでおり、国内の貿易プレイヤーを増やし市場を拡大する一環として、海外展開未経験の企業の支援に取り組んでいます。

    商材は食品、日本酒、医療機器・医薬品、サプリメント、教材・教育玩具、素材、農業資材など多岐にわたります。

  • 東京共同会計事務所グループ 東京共同ホールディングス

    ベトナムでの販路拡大や生産拠点の立ち上げを日本国内のベトナム国税理士が現地専門家と連携し支援します。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    100
    価格
    対応
    スピード
    知識

    東京共同会計事務所グループ 東京共同ホールディングスでは、国際ビジネスに関するあらゆる会計・税務コンサルティングの問題を取り扱っております。

    弊所グローバルタックスチームは、日系企業様の海外進出の支援を主要な業務とし、税務申告業務のサポート、複数国に跨る国際税務に関するアドバイスなどのサービスを提供しています。

    その中でも、東南アジアにおいて非常に高いポテンシャルがあるベトナムへの進出のサポートには、ベトナム国税理士であるヴ ティ フオン リンが、日本において現地専門家と共同し、日本及びベトナムの会計・税務問題等の解決のお手伝いをさせて頂いております。

    基本的な事項については、時差や言語の問題なく、スムーズに解決できますので、企業様の迅速な意思決定のお役に立ちます。

もっと企業を見る

海外進出・海外ビジネスで
課題を抱えていませんか?

Digima~出島~では海外ビジネス進出サポート企業の無料紹介・
視察アレンジ等の進出支援サービスの提供・
海外ビジネス情報の提供により御社の海外進出を徹底サポート致します。

無料相談はこちら

0120-979-938

海外からのお電話:+81-3-6451-2718

電話相談窓口:平日10:00-18:00

海外進出相談数
22,000
突破