">

Digima〜出島〜

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

海外ビジネス コラム

商習慣 2015年01月19日

  • share

グローバル企業での利益拡大のための業務イノベーション

三竿 郁夫(JI Solution)

海外進出企業は、その複雑化する業務管理で苦労している。タイに拠点を置く弊社としては、アジア進出企業の利益を拡大するためのグローバル業務イノベーションの必要性をタイ進出企業に啓蒙することに努めたい。

そして、それらを具現化する卓越したNo.1/Only.1のソリューションをタイ(アジア)で活躍する企業に紹介していく。そのことで、タイ(アジア)で活躍する企業とソリューションの普及の事業展開をする企業の利益拡大に貢献したい。

それが、【Japan Inside Thailand】チームのビジョンだ。

日本の卓越したソリューションという観点から、この2年いろいろな中小のソリューションオーナーと面会し、そのオーナーの魅力とそのソリューションの優秀さ・素晴らしさに感嘆してきた。

日本発(一部海外発)の安価で卓越した具体的なソリューションを理解し、試行し、整理してみると業務イノベーションに必要な考え方・アプローチが明確になってくる。そのキーワードとアプローチをまとめた。

————————————————————————-
【Japan Inside Thailand】
チームの業務イノベーション支援のキーワードとアプローチ(グローバルオペレーションでは、特に強調されるべきこと)

① 外国人で仕事力のある社員の見極めと配置
② Excel依存からの脱却
③ 安価クラウド・タブレット・スマホの活用
④ ピンポイントのアウトソーシング
⑤ 業務レベルでの比較の見える化
⑥ 営業のIT利用
⑦ SCMの全体最適
⑧ 信頼とコミュニケーションと言語改革

本コラムではこれらを複数回に分けてお伝えしていく。

① 外国人で仕事力のある社員の見極めと配置

人事マネージャーおよび担当マネージャーは、社員の仕事力を適切に見極め、その能力を活かすべく適切に配置しているだろうか?

外国人のメンタルヘルスの問題や、潜在的な能力分野等をより正確に見極める手法を導入することは、「人の管理」の観点からの一つの大きな利益拡大の為のイノベーションだ。特に現地人の人事マネージャーの面接・OJTに頼るだけでは不十分で、人事のソリューションとして、SPI/HCI-ASのような優れた適格テストを有効活用することが、人事イノベーションに大きく貢献する。

たとえば、“HCI-AS”は、タイ語・ベトナ語等にも対応し、10分の選択式テストでメンタル的に問題のある外国人を適格に見つけ、また、どんな業務で仕事力を発揮するかをアドバイスしてくれる。

② Excel依存からの脱却

通常、業務を管理するために、顧客リスト・生産計画・資産リスト・在庫リスト等々、たくさんのExcelが、使われているが、Excelに頼っているうちは、業務管理が進化できない。Excel管理には、「マクロの複雑化」「問題点の不可視」「海外業務の孤立化」「引き継ぎの難しさ」等の問題があり、それに固執することが業務改革の妨げとなる。

業務に使われているExcelを整理して、業務を見直し、安価な優れたツールの導入しExcel管理から1つずつ脱却することをお勧めする。顧客管理では、Salesforce・ZohoCRM, 生産管理・受発注管理のERP, 生産計画のAsprova, 固定資産管理のProplus等のグローバル言語・各国のルールに適応した卓越した専用のツールを導入することで、業務効率が上がるだけでなく、間違いなく利益につながる業務イノベーションとなる。

このコラムの著者

このコラムニストにメールで問い合わせる

三竿 郁夫

(JI Solution)

専門分野:<タイ進出支援>

JI Solution Japan 社長, ワクコンサルティング(株)エグゼクティブアドバイザー

コラムニスト詳細

ジャンル別 新着コラム

検索

Digima~出島~からのお知らせ

海外進出白書

注目のコラムニスト

  • コラムニスト一覧