">

Digima〜出島〜

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

海外ビジネス コラム

時事 2015年10月08日

  • share

タイ軍事政権下の内閣改造で、日タイ連携はどうなるか?

三竿 郁夫(JI Solution)

経済回復を目指した斬新な人事策

8月にタイの軍事政権下の内閣改造が行われた。タイの軍事政権は、憲法法案の否決により当初の選挙による政権移管の時期が遅れることとなっている。ただ、現在の軍事政権の人気は高く、支持率が80%とも言われている。その中で、この一年の景気の後退を考慮して、経済回復を目指した斬新な人事策をとった。

新人事と新旧閣僚リスト 
http://www.bangkokpost.com/news/politics/663012/cabinet-reshuffle-overhauls-economic-ministers
その目玉は、副首相Somkid氏、工業省大臣Atchaka女氏、商業省大臣Apiradi女氏だ。特に、経済担当の副首相が解任され、タクシン政権時の懐刀の副首相であった、Somkid氏が復権し7省を束ねることとなったことは注目に値する。

日本から選ばれた16社が行なった「サムライプレゼン」とは?

写真1
16人のサムライたち
 

そんな中、9月22日23日、QSNCC (Queen Sirikit National Convention Center) およびImpact Convention Centerで、日タイ連携の一大イベント”お互いコンクレープ in Bangkok”が、開催された。

タイ王国公益法人お互いフォーラムおよびタイの工業省が主催するこのイベントで、日本から選ばれた16社がタイでの日タイ連携事業形成を目指す、サムライプレゼンを行った。

そこに、Somkid副首相、Atchaka工業大臣が出席し、560人の日本人と300社ほどのタイ企業の前で、あらためて、タイプラスワン(CLMV)を視野に入れた、日タイ連携を宣言した。

弊社JI Solutionの連携企業チームの中からワクコンサルティングの松林社長が、16社の中の1つに選ばれ、アジアのグローバルサプライチェーンデザインコンサル事業についてプレゼンを行った。

また、それに関連して、タイの巨大コングロマリット・CPグループの主力企業CPFのSCM統括部門と、タイ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム、中国の6カ国の政府が支援する「Mekong Institute」との連携により、アジアのサプライチェーンイノベーションのプロジェクトに発展していけば、巨大なミャンマー・ダウェープロジェクト、東西南北高速道路、高速鉄道プロジェクトと相まって、ワクワクするプロジェクトになっていくだろう。 

2
JiTTチーム食事会

3
お互いフォーラムの打上げ会にて(中央: お互いフォーラム共同代表 松島大輔氏)

このコラムの著者

このコラムニストにメールで問い合わせる

三竿 郁夫

(JI Solution)

専門分野:<タイ進出支援>

JI Solution Japan 社長, ワクコンサルティング(株)エグゼクティブアドバイザー

コラムニスト詳細

ジャンル別 新着コラム

検索

Digima~出島~からのお知らせ

海外進出白書

注目のコラムニスト

  • コラムニスト一覧