Digima〜出島〜

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

海外ビジネス コラム

市場動向 2015年07月21日

  • share

ビジネスチャンス! 跳躍間近のタイ中古⾞流通市場とは?

川崎 大輔(Asean Plus Consulting LLC)

アセアン中古車流通の中心となるタイ

thai



タイは数年先に、アセアンの国々の中で最も膨大な数の中古車が出回ると推測される市場だ。そのため、アセアン諸国で自動車事業を拡大していくときに、タイ中古車流通市場への理解は欠かせない。アセアン経済共同体が2015年末に発足し大きな市場が出来上がる。その域内において急速な中古車市場の拡大が予測される。タイはこれらの巨大な市場における中古車供給国になる可能性が高い。






新中比率から見るタイの市場活性化



タイでの新中比率(新車登録台数と中古車登録台数の比率)は1.6となっている。登録台数とは中古車の所有権登録の回数(新規登録・移転登録・名義変更の3業務合算の数)を指す。タイにおける新車登録・中古車登録台数の推移は年々右肩上がりで、拡大傾向である。



新中比率が高い国ほど相対的に中古車流通が活性化することを意味する。米国は約2.0、日本は約1.5である一方で中国は約0.3である。これら市場と単純比較すれば中古車の市場が活性化していることが分かる。しかし、実際の中古車小売り台数になれば、名義変更回数を考慮する必要がある。中古車登録台数は最終消費者であるエンドユーザーの販売台数を表すものではないからだ。



一般的に中古車は最終消費者であるエンドユーザーに届くまでの流通過程において重複して名義変更される。中古車登録台数は名義変更があるたびにカウントされる。日本でも実際の中古車小売り台数を正確に把握することは難しく、エンドユーザーの販売台数は中古車登録台数の約2分の1といわれている。

日本とタイの中古車流通経路比較

実際の中古車小売り台数と中古車登録台数には差異が出る。日本では一般的に、中古車専門買い取り店、中古車販売店の場合は名義変更を行わない。しかし、新車ディーラー経由の場合には名義変更が行われることが多い。また、オークションから中古車販売店に流通する際に、名義変更される場合がある。名義変更の際に必要な印鑑証明の取得までの期間は3カ月であり、一般的にオークションルールでは、開催月の翌月末までに販売ができない中古車に関しては、名義変更が必要だからだ。中古車が販売できるか、できないかによって、名義変更の有無が変化する。一般的に筆者が現地で行ったヒアリングによれば、名義変更回数は約3回だ。

日本では、多くの中古車が卸売市場としての役割を持つオークションを経由し、エンドユーザーに届く。しかし、タイでは複数回の中古車店への転売がその役割を担っている。タイではオークションが普及しておらず、販売金融自動車の引き揚げ車の売り先というのが主な役割だ。そのため、中古車店間では数回転売が行われている。

地方へ流れる中古車

タイの首都バンコクから地方へ中古車の流れが加速していることも、名義変更回数が増えている要因の一つだ。中古車は従来、下取りされた地域で販売されることが多かった。しかし、タイ政府によるライフスキーム政策(米への補助政策)により、田舎の農村で栽培した米を政府が買い取った。そのお金が地方の農民を経由して、中古車流通市場に流れ込んだのだ。

今まで購入を控えていた地方の低所得者層でも、この政策の恩恵を受けて中古車を購入する流れが急速に拡大した。中古車ビジネスを行う人々にとっても、バンコクより地方で中古車を販売する方が、メリットが大きい。なぜなら地方の中古車の供給が不足しており、高値で販売ができるからだ。業者側もニーズの高い地域へ車を運ぶことで、需要のミスマッチを解消できる。そのためブローカーを通じて、バンコクから地方への中古車流通が増え、名義変更を頻繁に行わざるを得ない状況が続いている。

タイ国内の1000人あたり保有台数は、日本の約600台に対して約180台である。一方で内訳をみると、バンコクが約460台、バンコク以外の地方が約90台である。バンコク中心部においては先進国に近い自動車普及率に近づいており、今後は地方における自動車普及が進むと予想される。

タイ中古車販売台数は推定70万台

2013年のタイでの中古車販売台数は約70万台(210万台の3分の1)と推測される。タイの中古車市場は今後もまだまだ成長の余地が残されている。タイの新車販売台数と中古車販売台数の比率は約2:1と推計される。これに対して、日本の比率は約3:2、ヨーロッパや米国での比率は約1:2といわれている。アセアン経済共同体が発足後の潜在的市場の大きさは計り知れない。

足元の販売動向にはバラつきがある。しかしタイ中古車流通市場がアセアン諸国への自動車供給を担うことを考えれば、その跳躍の時は必ず訪れるであろう。

※ 本記事は、レスポンスコラム「川崎大輔の流通大陸」(http://response.jp/article/2015/02/10/243924.html)の記事の一部を編集、再構築しております。

このコラムの著者

このコラムニストにメールで問い合わせる

川崎 大輔かわさき だいすけ

(Asean Plus Consulting LLC)

<アジア自動車市場に精通>

【専門分野】アジア自動車市場、アジア中古車流通、アジアアフターマーケット市場、アジアの自動車金融市場。

コラムニスト詳細

ジャンル別 新着コラム

検索

Digima~出島~からのお知らせ

助成金セミナー

注目のコラムニスト

  • コラムニスト一覧
  • メールマガジン

 

Digima〜出島〜が新しくなりました
Digima〜出島〜が新しくなりました