• このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出に必ず役立つ「海外ビジネス書」編集部おすすめ厳選5選!

掲載日:2020年10月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「海外進出に必ず役立つ編集部オススメのビジネス書」を厳選5冊ご紹介。おもに、これから海外ビジネスをスタートされる方を対象とした「これだけは読んでおきたい海外進出に関するビジネス書」の厳選セレクトとなっています。

もちろん、すでに海外進出をされている方にも必ず役立つ編集部厳選の5冊となっていますので、下記のレビューで気になった本がありましたら、ぜひご一読されることをオススメします!

1. 『大前研一 日本企業のグローバル戦略入門』

実際に海外ビジネスセミナーを受講しているかのような臨場感!




書名:『大前研一 日本企業のグローバル戦略入門』
著者:大前研一
出版社:プレジデント社

日本を代表する経営コンサルタント大前研一氏が代表を務める、株式会社ビジネス・ブレイクスルー(BBT)とプレジデント社が共同で年に四回開催している【「BBT×プレジデント」エグゼグティブセミナー】を書籍化。

大前氏による「企業のトップや参謀がいま本当に知っておかなければならないこと、今後必要になるであろう情報などは、現在第一線で活躍している人たちから学ぶのがいちばん確実」(「はじめに」より)をモットーに、グローバル戦略における重要な各テーマを掲げ、それらの第一人者を招いて行われた講義とディスカッションの内容をまとめたのが本書。

登壇する講師は、主催者である「大前研一氏」を筆頭に、全世界で70,000人以上の従業員を擁する住関連サービスのグローバル企業「LIXILグループ相談役・藤森義明氏」、世界の新興国における新規事業や市場参入を支援する「AAIC代表取締役社長・椿進氏」という、世界のグローバル事業におけるフロントラインで活躍する3人。

大前氏の持論でもある、“グローバリゼーションにおける留意点”である「 ①社名とブランド ②人材ミックス ③組織 ④給与体系 ⑤後継人事 ⑥M&A」…という6つのポイントを軸に、「日本企業が実践すべきグローバル戦略」が、具体的な事業例と、分かりやすい図やグラフなどを用いて解説されていく様は、実際にセミナーを受講しているかのような臨場感に溢れています。

2. 『異文化理解力–相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養』

21世紀のグローバル社会に生きる全ての人に




書名:『異文化理解力–相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養』
著者:エリン・メイヤー / 田岡恵 / 樋口武志 (翻訳)
出版社: 英治出版

“あなたの仕事の成功が世界各国の人々と上手に働く力に掛かっているならば、個性の違いだけでなく文化の違いも理解する必要がある”(本文より)

人の行動原則や思考パターンは、生まれ育った環境や文化によって、その多くが規定されている。よって、異なる文化を持つ者同士が、ひとつのコミュニティ内で共同作業をする際は、相手の「個性」はもちろんのこと、相手が育った「文化的背景」を知ることこそが、お互いが理解し合うための近道でもある…。

そのような論旨で、グローバル企業における異文化マネージメントの専門家である著者は、「異文化理解力」という21世紀におけるもっとも重要かつ複雑な課題を解きほぐしていきます。

原題にもなっている『CULTURE MAP(カルチャーマップ)』とは、著者が数千人の経営幹部への取材をもとに開発した異文化理解ツール。本書内でも、ビジネスの現場で文化的な違いが発生する8つの指標( ①コミュニケーション ②評価 ③説得 ④リード ⑤決断 ⑥信頼 ⑦見解の相違 ⑧スケジューリング )を軸にした、その「カルチャーマップ」を用いながら、文化的な違いが大きな誤解を生み出す具体的なケースを挙げつつ、「異文化理解」について、懇切丁寧にレクチャーしてくれます。

海外ビジネス関係者はもちろんのこと、互いに異なる文化的背景を持つパートナーとコミュニケーションをする機会を持つ全ての人…つまりは21世紀のグローバル社会に生きる全ての人に向けた一冊となっています。

3. 『新興国ビジネス業界地図』

新興国30ヵ国を各エリア別&各業種別に徹底解説




書名:『新興国ビジネス業界地図』
著者:久野康成公認会計士事務所 / ‎ 株式会社東京コンサルティングファーム / 株式会社久野国際経済研究所 / 久野康成 (監修)
出版社:出版文化社

アジア全域・中東・アフリカ・ラテンアメリカといった“新興国”に特化した「ビジネス業界地図」と銘打った本書。中華圏およびASEAN諸国、インドを始めとする南アジア各国や中東諸国、さらには南アフリカ&ラテンアメリカ各国を含む全30ヵ国を各エリア別&各業種別に解説。併せて、各国の「総論」として人口や政治・経済動向のほかにも、GDP、株価、為替、長期金利のグラフなどが収録されています。

さらに、国別の最新トピックスでは各国の情勢をふまえた事業展開へのヒントも盛り込まれており、その国に進出した日本企業がひと目でわかる「日系企業進出マップ」も国ごとに掲載。

収録業種も、自動車、二輪車、小売、食品、農業、縫製ほか、計100超の業種をピックアップ。各業種それぞれが、テキストによる解説だけでなく、グラフや相関図も合わせてレイアウトされているので、視覚的な情報としてもコンパクトにまとまっています。

研究者目線ではなく、実務家目線で書かれていることも本書のわかりやすさのポイントとされており、業種ページには、会計士が分析する「最近の動向」と「今後の展望」がそれぞれ掲載。実務家だからこそわかる各国の事情が的確に分析されています。

新興国進出を検討中の企業はもちろんのこと、既に進出を果たしている企業であっても、今後の事業戦略を立案するにあたって非常に重宝するはずです。

4. 『事例で読み解く 成功する海外展開と経営管理』

失敗例からも学べる実践的な「海外進出事例集」




書名:『事例で読み解く 成功する海外展開と経営管理』
著者:熊本浩明 / 佐藤江司
出版社:清文社

本書の最大のポイントは、タイトルにて「事例で読み解く〜」と謳われているように、これまで多くの日本企業の海外進出を支援してきた著者ならではの、「成功」も「失敗」も含めた、多岐に渡る「日系企業の海外進出事例」が多数掲載されていること。

以下が章立てとなっていますが…

第1章 日本を取り巻く環境
第2章 日本企業のグローバル化の状況
第3章 アジア諸国の状況
第4章 日本企業が陥りやすい失敗事例
第5章 海外子会社を適切に管理する方法
第6章 海外展開と経営管理の成功事例
第7章 中堅・中小企業に関連する各国実務上問題点

導入部分である1章〜3章にかけては、日本企業の海外進出の状況を俯瞰しながら、海外各国の経済状況の分析を行いつつ、続く4章および6章にて、「日本企業が陥りやすい失敗例」と「海外進出を果たした日本企業の成功例」を元に、各事例における成功&失敗のポイントを抽出。「成功する海外展開と経営管理」の処方箋を、具体的かつわかりやすく解説しています。

繰り返しになりますが、本書に掲載されているような「進出事例」(※特に失敗事例)は、近い将来に海外ビジネスを志す方には、非常にためになるケーススタディであることは言うまでもありません。もちろん、すでに海外進出をされている方にとっても、その後の経営管理における課題解決に有効となるヒントが記載されているなど、極めて実践的かつ貴重な「事例集」となっています。

5. 『越境EC & 海外販売 攻略ガイドブック』

越境EC・海外販売に挑戦したい方は必読の実用書




書名:『越境EC & 海外販売 攻略ガイドブック』
著者:佐藤 亘
出版社:技術評論社

「越境EC」とは、インターネットでの通販サイトを通じた国際的な電子商取引を指すワードですが、近年、本サイト『Digima〜出島〜』の無料相談窓口においても、「オンライン上で海外に向けてモノを売りたい」というご相談が多数寄せられています。 今回ご紹介するビジネス書は、初めて越境EC・海外販売に挑戦される方には「入門書」として、既に実際に販売をされている方にとっても「応用書」としても使える優れモノ。

そもそも、従来の「日本人向けのECサイト」と、昨今注目されている「越境ECサイト」とでは,その方法論が大きく異なっているというのが現状です。本書では、「越境ECおよび海外販売」の市場規模と将来予測を紹介しつつ、アメリカ・欧州・中国・東南アジアの市場動向を、具体的なデータを提示して分析しながら、わかりやすく解説しています。

また、越境ECを運営するための準備として、まずは自前の越境ECサイトの構築方法を例に挙げて、販売国の選び方・競合他社の見つけ方だけでなく、実際のサイト構築方法・翻訳・決済・発送・ストア運営についても詳しく言及。そして、それらのオウンドサイトの構築方法に加えて,そこへと集客するための大規模プラットフォームであるAmazonやeBayの活用方法についても解説。さらに、海外SEOや海外向けプレスリリース、B2Bへの展開といったさらなる展開の方法についても、丁寧かつわかりやすく説明してくれます。

越境ECの準備・構築・決済・発送・運営についてまとめた本書は、初めて越境EC サイトを制作する担当者、これから海外販売を始めようと考えている経営者、国内Web 制作会社の担当者はもちろん、越境ECおよび海外販売に挑戦したい全ての人に役立つ実用書と断言できます。

6. 優良な海外進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介します

今回ご紹介した5冊は、そのいずれもが、海外ビジネスのエキスパートたちが関わっている、厳選コンテンツとなっています。これらの本が、あなたの海外ビジネスの目的をより明確にし、かつ課題解決のヒントとなれば幸いです!

『Digima〜出島〜』には、厳正な審査を通過した優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

「海外事業の戦略についてアドバイスしてほしい」「海外展開したいがどうすればいいのかわからない」「海外での事業計画を一緒に立てて欲しい」…といった多岐に渡る海外ビジネス・海外進出に関するご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出を支援するサポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しない海外進出のために…!
最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

SukegawaTakashi

助川 貴

株式会社Resorz

「Digima〜出島〜」編集部・コンテンツディレクター。 雑誌編集・書籍編集・WEB編集を経て現職。 これまでに、アメリカ・イギリス・インド・中国・香港・台湾・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・マレーシア・シンガポール・インドネシア・フィリピン・エジプトなどの国・地域へ渡航。趣味は、音楽・スノーボード・サーフィン・ドローンほか。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出のオススメサポート企業

  • オススメ

    YCP Group

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    4

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    インサイトアカデミー株式会社

    海外で"収益"を生み出すグローバル人材育成研修プログラム

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    3
    対応
    3
    スピード
    3
    知識
    3

    インサイトアカデミーは、「グローバル人材」=「海外で"収益"を生み出せる人材」と定義し、グローバル人材の育成要件を整理。

    1. グローバルマインド
    2. 経営知識/スキル
    3. 修羅場を乗り越えた数
    4. 異文化の理解
    5. 言語力

    を5つの要件とし、それぞれをカバー出来る500以上の動画をオンラインで配信。
    トヨタ自動車、マーサージャパン、アデランス、PwC、フォルクスワーゲン、McKinsey & Company、日本ルミナリア、西村あさひ法律事務所等、大手グローバル企業出身の5000人もの海外事業が実戦経験者が講師を務める、国内唯一のグローバル人材育成専門のオンライン研修サービスです。
    オンラインですので、海外駐在員や海外事業従事者にいつでもどこでも何度でも学習可能。また、海外事業経験平均25年の講師陣から、教科書では決して得られない実戦的ノウハウが得られます。

  • オススメ

    株式会社かいはつマネジメント・コンサルティング

    新興国市場へ!共にビジネスをつくろう。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    400
    価格
    4
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    5

    弊社は、新興国における「地域づくり、人づくり、組織づくり」を手掛けるコンサルティング会社です。これまで、新興国/途上国でのビジネスを目指す企業様や、JICA(独立行政法人国際協力機構)や経済産業省などをはじめとするODA関連機関をクライアントとし、世界約70ヵ国においてコンサルティングサービスを提供してきました。


    特にベトナム・スリランカ・ラオスには現地法人を構え、現地の習慣やビジネスに精通した日本人あるいは日本語が堪能なローカルスタッフが所長を務めています。ミャンマー、マレーシア、インドネシアには現地提携先があり、その他世界各国において幅広いネットワークを構築しております。

    現地での視察工程の作成、訪問先アポの取り付けや通訳といったスタートアップ支援から、海外事業戦略の作成、現地パートナー候補機関の選定、販路開拓のための調査やテスト販売、人材育成や組織づくりなど、お客様のニーズに合わせたサービスをご提供いたします。

    またSDGsという観点から御社の海外ビジネスをサポート致します。

    「SDGsと聞くけど、なんのために取り組むの?」
    「SDGsと企業戦略を結びつけるためにはどうしたらよいの?」
    「SDGsの考え方を社内に浸透させるためにはどうしたらよいの?」

    という疑問にお答えします。
    SDGs戦略立案、SDGs社内浸透のための研修、現地でのSDGsビジネス実施、公的機関のスキームへの応募や実施等、御社のご要望に応じてお手伝い致します。

    ともに考え、ともに走る。時にはコンサルタントの立場を超え「伴走者」として企業様と一緒にビジネスを成功に導く。それが弊社の考えです。

    新興国への進出に関してのご相談、不明なことやお困りのことなどがあれば、お気軽にご相談ください。

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    4
    対応
    4
    スピード
    4
    知識
    5

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

  • オススメ

    GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

    50か国/70都市以上での現地に立脚したフィールド調査

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    80
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    4
    知識
    5

    GLOBAL ANGLEはオンライン完結型の海外市場調査サービスを提供しています。50か国70都市以上にローカルリサーチャーを有し、常に調査ができる様にスタンバイしています。現地の言語で、現地の人により、現地市場を調べることで生きた情報を抽出します。シンガポール本部コンサルタントチームは海外事業コンサルティングを行っているスタッフで形成されている為、現地から取得した情報を標準化されたフォーマットに落とし込み、成果物品質はコンサルクオリティを保証します。

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう