• このエントリーをはてなブックマークに追加

「PCT国際出願(PCTルート)」と「パリ条約による直接出願(パリルート)」を徹底比較

掲載日:2022年01月07日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外で特許を申請する際の2大ルートとされる、「PCT国際出願(PCTルート)」と「パリ条約による優先権を主張した直接出願(パリルート)」を徹底比較します。

PCTとは特許協力条約(PCT = Patent Cooperation Treaty )を指し、PCTに従って行う出願が「PCT国際出願」とされており「PCTルート」と呼ばれています。

パリ条約による優先権を主張した直接出願とは、別名「パリルート」と呼ばれており、〝パリ条約〟に基づいて、権利を取得したい国に出願する方法です。

海外で特許を取得するには、「PCTルート」と「パリルート」の2つがありますが、多くの方がこの2つのルートのどちらを選択すればよいのか迷うケースが多々あります。

本テキストでは、この「PCTルート」と「パリルート」のそれぞれの特徴、メリット&デメリット、申請方法を比較して解説。あなたの海外事業に最適な国際特許の出願方法を選択するヒントを提供します

1. 海外における特許権取得の必要性について

特許権は国ごとに出願して権利を取得する必要がある

「PCTルート」と「パリルート」の2つの特許出願について比較する前に、まずは外国へ特許を出願する際の基本的な方法について確認しておきましょう。

特許権は、属地主義と言って、基本的に権利を取得した国でのみ保護されるものです。例えば、日本の特許法に基づいて取得した特許権は、日本国内のみで有効となります。そのため、特許取得の必要な国ごとに特許を出願し、権利を取得しなければなりません。

海外展開における知的財産戦略の重要性

海外展開において知的財産をしっかり管理していないと、下記のようなリスクが発生してしまいます。

・知的財産に係る出願・登録がなされておらず、じゅうぶんに保護されていない
・出願はしているが、実体と合わない内容での出願・登録となっている
・現地での調査不足により、第三者の知的財産権を侵害してしまう
・第三者による成り済ましにより出願・登録されてしまう
・侵害品や模倣品の流通
・技術の流出
・企業秘密の漏洩


もちろん、不測の事態により、避けられないトラブルが起きることもありますが、事前に「知的財産戦略」を準備しておくことで、リスクを最低限に抑えることができます。

2. PCT国際特許出願(PCTルート)とは?

海外における特許権取得の必要性に続いては、外国へ特許を出願する際の2つの出願ルートの2つのうちのひとつ「PCT国際特許出願」について見ていきましょう。

PCT国際特許出願の特徴

PCT国際特許出願のもっとも大きな特徴は、複数の国に対してシンプルに特許出願の手続きができることです。

申請された発明に対して特許権を付与するかどうかは、それぞれの国の特許法に基づいて行われています。アメリカと中国で特許を取得しようと思ったら、その2カ国に対して特許出願をしなければなりません。

さらに多く、複数の国で特許を取得しようとしたら、手続きは非常に煩雑になってしまいますが、PCT出願で日本国特許庁等の指定官庁に国際出願の手続きを行えば、複数の国に特許を出願したのと同じ効果を得ることができます。

出願手続きは、1つの言語で作成した出願書類を提出するだけ。

ただし、これは複数の国での特許権を一律に取得できるものではありません。PCT出願だけでは特許権を取得することはできず、出願後は特許権の取得を希望する条約加盟国の国内手続きへ移行し、その国の審査を通過してやっと特許取得となります。国内手続きの移行期限は条約加盟国によって異なり、優先日から30ヵ月を移行期限とする国が多いようです。

PCT国際特許出願のメリット

そして「PCT国際特許出願」のメリットは3つあります。

・外国への特許出願手続が簡素
・発明を評価するための調査結果を事前に確認できる
・原則30ヵ月の猶予期間を得られる

■メリット① 外国への特許出願手続が簡素
PCT国際特許出願の手続きはとても簡素化されています。

ひとつの文書(国際的に統一された様式で記載)を自国の特許庁が定める言語で作成し、自国の特許庁に 1 通提出するだけで、すべてのPCT加盟国に対してPCT国際出願と同じ日に各々の国に国内特許出願をしたのと同じ効果を得ることができます。それぞれの国に対して、わざわざそれぞれの形式で手続を行う必要がありません。

■メリット② 発明を評価するための調査結果を事前に確認できる
すべてのPCT国際出願は、出願した発明に関する先行技術があるか否かを国際調査機関が調査する「国際調査」の対象となります。出願人はその調査の結果を入手できる上に、発明の特許性に関する見解を特許審査官から得ることができます。

また、任意で国際予備調査を受けることができます。これは国際調査の結果を踏まえ、改めてその特許性に関する見解を入手したいときなどに受けられる審査です。

提供された特許性判断のための材料をもとに手続を進めることができれば、特許取得の成功率はぐんと上がりますし、調査の結果が芳しくなければこの時点で手続を断念できるので、無駄なコストがかかりません。

■メリット③ 原則30ヵ月の猶予期間を得られる
海外で特許を取る際には、翻訳文の作成や権利取得する国の選定など、どうしても時間がかかってしまう作業が多数発生しますが、PCT出願なら猶予期間が長いため、余裕を持って手続きにあたることができます。

PCT国際特許出願のデメリット

そして下記の2つが「PCT国際特許出願」のデメリットになります。

・ケースによっては費用が余分にかかることがある
・非加盟国には出願することができない

■デメリット① ケースによっては費用が余分にかかることがある
出願する国がすでに決定していて、これから選定する必要がなく、出願を「アメリカだけ」「中国だけ」に絞る、というようなケースにおいては、PCT国際出願の方がコストがかさむことがあります。

■デメリット② 非加盟国には出願することができない
PCTに加盟していない国へは出願することができません。例えば台湾はPCTには加盟しておらず、PCT国際出願によって特許を出願することができません。

PCT国際出願における注意点 | 国内移行手続について

ここでは「PCT国際出願における注意点」について見ていきましょう。

PCT国際出願はあくまでも「出願手続」であって、最終的に各国で権利を取得できるかどうかは各国特許庁の実体審査で決まります。

PCT国際出願の手続きが完了したら、それぞれの国において特許出願をし直す「国内移行(各国移行)」の手続きに移ります。これは優先日から原則30ヶ月までに行う必要があります。

国内移行手続の際は、指定国の官庁に対して、各指定国が求める言語に出願の内容を翻訳した翻訳文が必要となります。また、手数料がかかることもあります。

海外で特許を取るまでには、下記の順で手続きが必要です。

PCT出願 → 国内移行 → 審査請求

上記のように、本来は国内移行手続をした上で審査請求という流れですが、国内移行期限と審査請求期限が近いため、手続きは同時期に行うことがほとんどのようです。

3. パリ条約の優先権を主張した直接出願(パリルート)とは?

「パリ条約ルート」とは、〝パリ条約〟に基づいて、権利を取得したい国に出願する方法

「PCT国際特許出願」に続いては、外国へ特許を出願する際の2つの出願ルートの2つのうちのもうひとつである「パリ条約の優先権を主張した直接出願(パリ条約ルート)」について見ていきましょう。

「パリ条約ルート」とは、〝パリ条約〟に基づいて、権利を取得したい国に出願する方法のことを言います。「パリルート」と呼ばれることもあります。

1883年に締結された、アメリカおよびヨーロッパの主要国を始め、中国や韓国などの約170ヵ国が加盟する知的財産権に関する国際条約が「パリ条約」ですが、日本から外国への多くの特許申請手続きに、この「パリ条約」の〝優先権制度〟および、特許協力条約による国際出願制度が適用されています。

パリ条約の優先権を主張した直接出願の特徴

特許を出願したい国に対して個別にそれぞれ出願をするやり方が「パリ条約ルート」です。それぞれの国の言語で、それぞれの国の法律で定められた出願書類を作成するのが基本です。

基礎の日本出願が存在する場合、日本の出願日から1年以内であれば、「優先権の主張」を伴う特許出願が可能となっています。これは、日本で特許を出願して1年間は、パリ条約に加盟している国に出願すれば、日本と同じ扱いで特許出願ができるということです。

「優先権の主張」を伴う特許出願を行うと、実際の外国出願の出願日よりも早い日本の出願日を基準とし、新規性や進歩性などの登録要件が各国において審査されることになるため、とても有利な手法と言えます。

パリ条約の優先権を主張した直接出願のメリット

そして「パリ条約ルートのメリット」は下記の4つになります。

・特許を取得したい国が少数の場合はコストを抑えることができる
・権利化までの期間が短い
・国ごとに出願内容を変更・修正ができる
・PCT非加盟国にも出願が可能


以下よりひとつずつ見ていきましょう。

■メリット① 特許を取得したい国が少数の場合はコストを抑えることができる
PCT出願にかかる費用は下記の3つの費用の合計です。

出願費用
再審査費用(任意)
各国への国内移行にかかる費用


出願国の数が2ヵ国国程度と少ない場合は、パリ条約ルート出願の方がコストを低く抑えられることがあります。

■メリット② 権利化までの期間が短い
パリ条約ルートは、直接外国の特許庁に出願する方式なので、各国における権利化の手続きを迅速に進めることができます。

■メリット③ 国ごとに出願内容を変更・修正ができる
特許を取得したいそれぞれの国に対して別々に手続きを行うため、国ごとの法令や、特許戦略に合わせて出願の内容を臨機応変に変えることができます。

■メリット④ PCT非加盟国にも出願が可能
例えば台湾はPCT非加盟国です。PCTに加盟していない台湾で権利化を希望する場合は直接出願する必要があります。台湾はパリ条約非加盟国でもあるのですが、日本と台湾間には優先権の相互承認の協約が結ばれており、パリルート出願と同様な出願ができます。

パリ条約の優先権を主張した直接出願のデメリット

続いては「パリ条約ルートのデメリット」についてですが、下記の2つが挙げられます。

・多くの国に出願する場合は手続きが煩雑になる
・短期間に集中してコストがかかる


以下より見ていきましょう。

■デメリット① 多くの国に出願する場合は手続きが煩雑になる
複数かつ多くの国に出願する際には、パリ条約ルートでは国ごとに手続きが必要なので、手続きが煩雑になってしまうのが大きなデメリットとなります。

■デメリット② 短期間に集中してコストがかかる
猶予期間が日本での出願から1年以内と短いため、多数の国に出願を行うケースでは、短期間に集中してコストがかかることになります。PCT出願のように、長い猶予期間の間に資金を用意する、ということができません。

4. PCT国際特許出願(PCTルート)の申請の流れ

PCT国際特許出願(PCTルート)の申請の流れ

では、このセクションでは、まずは「PCT国際特許出願の申請の流れ」について解説していきます。

最初にPCTルートを大まかな図で解説すると以下の流れになります。

海外_PCTルート

さらに具体的な項目としては以下の5つ。

(1)出願書類を準備して提出する
(2)出願に対する国際調査の結果を受け取る
(3)出願が国際公開される
(4)[必要に応じて] 国際予備審査を請求する
(5)国内移行する国を決めて手続を行う


では、ひとつずつ見ていきましょう。

(1) 出願書類を準備して提出する

出願に必要な書類を準備し、オンライン・窓口・郵送・FAXなどで提出します。

まずは出願に必要な書類を準備します。提出はオンライン・窓口・郵送・FAXなどで行います。オンライン出願を利用すると¥32,700減額されるので、せっかくですからオンラインで手続きを行うことをおすすめします。

オンライン出願の場合は特許庁が提供している出願ソフトを事前にダウンロードして使用することができますし、書面の場合はWIPO又はJPOのHPから様式をダウンロードすることができます。

認定要件は下記の6つです。

① 出願人適格の有無
② 国際出願の作成言語
③ 国際出願をする意思の表示の有無
④ 出願人の氏名(又は名称)の記載の有無
⑤ 明細書であると外見上認められる部分の有無
⑥ 請求の範囲であると外見上認められる部分の有無


要件が満たされていた場合は国際出願受理日が国際出願日として認定されます。要件が満たされていない場合は受理官庁による補完指令が出され、補完された場合は補完受理日を国際出願日として認定。補正されない場合は取り下げとなります。

(2) 出願に対する国際調査の結果を受け取る

国際調査機関は、国際調査報告(ISR)と国際調査機関の見解書(WOSA)を、調査用写しの受領から3ヵ月、または優先日から9ヵ月のどちらか遅い日までに作成し、出願人に送付します。

(3) 出願が国際公開される

WIPO国際事務局(IB)が優先日から18ヵ月経過後に出願を公開します。国際公開は毎週木曜日にパテントスコープ上で行われ、WIPO国際事務局のサイト内のパテントスコープから閲覧や入手ができます。

(4) [必要に応じて] 国際予備審査を請求する

国際予備審査は出願者の任意であり、必ず行わなくてはいけないものではありません。請求するメリットは「国際調査機関の見解書を受けて明細書等を補正することができる」「補正後の国際出願の特許性について、改めて判断してもらえる」「審査官との意見交換ができる」などが挙げられます。

予備審査請求時には「予備審査手数料」と「取扱手数料」を国際予備審査機関に納付します。

(5) 国内移行する国を決めて手続を行う

どの国で特許を取得するか選定し、その国に対して国内移行の手続きを行います。国内移行の手続き期限は通常、優先日から30ヵ月以内です。期限までに下記の3つを行いましょう。

・翻訳文の提出(外国語特許出願の場合)
・国内手数料14,000円の納付
・国内書面の提出
  – 出願人の氏名又は名称、および住所又は居所
  – 発明者の氏名、および住所又は居所
  – 国際出願番号 など


審査請求期限は国際出願日から3年です。

PCT国際出願に必要な費用とは?

最後のセクションでは「PCT国際出願に必要な費用」について解説します。

PCT国際出願にかかる費用は、おもに下記の7つの項目となっています。

結論から言うと、PCT国際出願にかかる費用は、上記の「出願」と「予備審査」にかかる費用の合計となります。

・国際出願手数料
・送付手数料
・調査手数料
・国際調査の追加手数料
・予備審査手数料
・予備審査の取扱手数料
・予備審査の追加手数料


※その他、文献の写しの請求や証明書の交付など一件につき1,400円かかります

syutugan (2)

出典:特許庁ウェブサイト(https://www.jpo.go.jp/system/patent/pct/tesuryo/kokuryo.html

PCT国際出願に最低減必要な費用とは?

ここでは、上記を踏まえて、実際の出願手続きをシミュレートしてみましょう。出願時に必要な費用の最低減の項目としては…

・国際出願手数料
・送付手数料
・調査手数料


…以上の3つになります。国際出願手数料は枚数によって金額が変動します。またオンラインで出願すると減額があります。

予備審査請求時にかかる費用とは

さらに、予備審査に必要な費用としては…

・予備審査手数料
・予備審査の取扱手数料


…以上の2つになります。これらは予備審査を行わない場合は不要となります。

先述したように、PCT国際出願にかかる費用は、上記の「出願」と「予備審査」にかかる費用の合計となります。

さらに、出願を完了したら、これもまた先述したように、PCT国際出願はあくまで「出願手続」であるため、別途「国内移行手続」が必要となります。次項では、国際出願を含めた上で、実際にかかる費用をシミュレートしてみましょう。

実際にかかる費用をシミュレート

例えば、国際出願日が2020年5月1日で下記の条件だとしましょう。

・日本語で出願し、日本国特許庁が国際調査を行う
・オンラインで出願(出願書類30枚)
・国際予備審査を請求
・日本へ国内移行手続
・出願審査請求(請求項の数12)


それぞれの手順ごとにかかる費用は下記です。

【出願にかかる費用】
・送付手数料:10,000円
・調査手数料:70,000円
・国際出願手数料:110,900円(143,200円−32,300円)
 (30枚までの基本の国際出願手数料とオンライン出願による減額)


出願にかかる費用は190,900円となります。

※出願書類が30枚を超える場合は、用紙1枚につき1,600円かかるので、書類の枚数が増えると、その分費用も増えることとなります

【予備審査請求時にかかる費用】
・予備審査手数料: 26,000円
・取扱手数料: 21,500円


予備審査にかかる費用は47,500円となります。

※国際出願を英語で行う場合は、予備審査手数料は58,000円となります

このケースの場合、PCT国際出願にかかる費用は合計で238,400円となりました。

そしてさらにコストを下げられる制度もあります。軽減申請書を申請時に提出すれば費用が軽減できる制度や、願書又は予備審査請求書が受理された通知書の発送日後、かつ、手数料納付後6ヵ月以内に交付申請書を提出すれば交付金が受けられます。こういった制度もぜひ活用してみてください。

PCT国際出願が完了したら、いよいよ国内移行の手続きを行います。

【国内移行にかかる費用】
国内移行にかかる費用は国ごとに異なります。

特許庁が国際調査報告を作成した国際特許出願に係る出願審査請求料は83,000円+請求項数×2,400円となっており、請求項数12の場合は111,800円となります。

参考までに、特許庁以外が国際調査報告を作成した国際特許出願に係る出願審査請求料の場合は124,000円+請求項数×3,600円となっています。

参照:
https://www.jpo.go.jp/system/process/tesuryo/kaisei/2019_ryoukinkaisei.html

また、それとは別に「国内手数料」(14,000円)の納付も必要となります。

5. パリ条約の優先権を主張した直接出願(パリルート)の申請の流れ

パリ条約の優先権を主張した直接出願の申請の流れ

続いては「パリ条約の優先権を主張した直接出願の申請の流れ」について解説していきます。パリルートによる出願の流れを図で表すと以下のとおりになります。

海外_パリルート

基本的には、日本で特許を出願した後、その1年以内に、海外で出願したい国に対しても特許を出願する流れとなっています。

パリ条約の優先権を主張した直接出願に必要な費用

パリ条約ルートでの出願は、それぞれの国に対して直接出願を行うため、費用もまちまちになってしまいますが、平均的な目安として、現地代理人費用と出願費用で60万~120万円ほどかかると言われています。主に必要となる費用の項目は下記の4つでしょう。

・各国への出願手数料
・翻訳代
・現地代理人費用
・国内代理人費用(利用する場合)

6. 優良な海外進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介します

今回は、海外で特許を申請する際の2大ルートとされる、「PCT国際出願(PCTルート)」と「パリ条約による優先権を主張した直接出願(パリルート)」を比較して解説しました。

それぞれメリットデメリットがあるパリ条約ルートとPCTルート。

少数の国で、迅速に権利化したい場合はパリ条約ルート、多数の国に対して出願したい場合はPCTルート、というのが一般的な使い分けですが、自社の製品はどちらが適しているのか、判断するのはなかなか難しいのが実情です。そんなときは専門家に相談するのも選択肢のひとつです。プロであれば現地の最新情報も熟知しているはず。判断に迷ったらまずはアプロートしてみることをオススメします。

「新技術の特許を海外で取得したい」「進出したい国の商標・特許情報を調査したい」「そもそも海外に進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった海外ビジネスにおける様々なご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しない海外進出のために…!
最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

「Digima〜出島〜」編集部

「Digima〜出島〜」編集部

株式会社Resorz

あなたの海外進出・海外ビジネスの課題を解決に導く、日本最大級の海外ビジネス支援プラットフォームです。どうぞお気軽にお問い合わせください!

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group 

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    4

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    パル株式会社

    【中国台湾進出支援】 越境EC支援。市場リサーチ、SKU/価格設定、出店手続き、ライブコマースを手がける

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    388
    価格
    4
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    5

    中国、台湾に特化したマーケティング・コンサルティング会社

    ・中国・台湾進出サポート歴12年
    ・大企業・中小企業・地方自治体のご支援は388社以上

    なるべく低リスクで、実際に効果のあるプロモーション施策をオーダーメイドでご提案。

  • オススメ

    ユビーク株式会社

    ユビークは、鎌倉と東京を拠点に、海外市場への進出支援と、そのための包括的なコミュニケーションを企画・実行する専門性を兼ね備えた、ユニークな経営コンサルタント・広告代理店です。ユビークは、ブランドが世界に向けて伝えたい内容を正確に、かつ各マーケットの文化に合わせて伝えることで、その成長に寄与します。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    25
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    5

    ユビーク株式会社とは

    1997年、マイケル・フーバーがMDH Consultants KKを設立。日本企業や日本市場へ参入しようとする外国企業にコンサルティングサービスを提供していました。2015年に社名をユビーク株式会社に変更し、創業時から「企業開発のコンサルティング」と「マーケティング支援サービス」を着実に実践し、サービスを提供してきました。また、国内外の経験豊富な専門家と連携して「ブティック」を設立し、彼らの知見や能力を活かして、サービスの拡大を続けています。ユビークの中核は、品質とお客様への情熱、そしてプロフェッショナルなサポートです。

    コミュニケーションと新技術

    ユビークのコアチームは、日本およびグローバルでコミュニケーションのためのコンテンツを数十年にわたって企画・制作してきた経験を有しています。企業開発のコンサルティングから、翻訳、コピーライティング、ネーミング、ライティングなど幅広いサービスを提供し、それぞれが重要な役割を果たしています。また、出版物やビデオ、雑誌、書籍、広告の制作といった多面的なプロジェクトに領域を拡げ、さらには世界に展開するウェブサイト、SNS、ポータル、コンテンツマネジメントシステムを構築するデジタル領域へと進化してきました。

    大手グローバル企業の社内や、広告・マーケティング会社のサプライヤーとして多様な仕事に携わってきたユビークは、コミュニケーションについて確固たる基盤を有しています。クライアント内外の視点からコミュニケーション・プロジェクトに必要な要素に精通しているため、企業と代理店のどちらのパートナーとしても優位性を持っています。

    ユビークの専門的なスキルは進化し続けており、エンターテインメント製品や体験、マーケティングプログラム、市場調査、製品開発やテストにおいて大きな可能性を秘めたバーチャルリアリティ(VR)などの新たな技術にも焦点を当てています。テクノロジーやシステムが急速に進化している中、日本国内だけでなくグローバルに、企業のニーズに沿ったモバイルソリューションやソフトウェア開発をブランドに対して提供していきます。その一方で、「コンテンツ・イズ・キング」であり、最高品質のコンテンツが必須であるという事実を見失うことはありません。

    マーケティング・インテリジェンス・サービス

    最も成功しているマーケターは、消費者が何を求めているのかをより深く理解するために、トレンドやテクノロジーを常に把握しています。リサーチや情報分析はBtoCのマーケティングに活用されてきましたが、BtoBにおいても重要です。ユビークは、双方の分野でトップレベルの研究・分析を行うだけでなく、VRのような新しい技術を製品開発やマーケティングキャンペーンのテスト段階の時間短縮・コスト低減に活用している企業との提携を進めています。

    これからのユビーク

    ユビークは今後もグローバル企業に直接サービスを提供するとともに、広告代理店と連携したプロジェクトを遂行していきます。この2つの顧客基盤を拡大しながら、リソースやサプライヤーのネットワークを構築することで、個々のプロジェクト課題に最適な人材のマッチングを図ります。同時に、VRをはじめとする新しいビジネスチャンスに挑戦。中長期的には、企業や代理店に最高品質の成果を提供するために、ニッチを開拓します。また、日本のみならず海外のグローバル企業とのコンサルティング関係を構築し、新しい技術を積極的に導入することにより、バーチャル化が進む世界でコミュニケーションを強化していきます。

    ユビークはデジタル時代にふさわしいプロセスと統合的なアプローチによって課題を解決する、信頼のおけるパートナーになりたいと考えています。重要なのは、未来に向けた理想のロードマップを戦略的に構築することです。日本から世界へ、世界から日本へ。時と場所を超えたコミュニケーションで人とブランドをつなぎ、ブランドにクリエイティブな力を吹き込む。それがユビークです。

    ぜひ、思いを一緒にかなえましょう。

    ユビーク株式会社
    代表取締役
    マイケル・フーバー

  • オススメ

    GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

    60か国/90都市以上での現地に立脚したフィールド調査

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    300
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    4
    知識
    5

    GLOBAL ANGLEはオンライン完結型の海外市場調査サービスを提供しています。60か国90都市以上にローカルリサーチャーを有し、常に調査ができる様にスタンバイしています。現地の言語で、現地の人により、現地市場を調べることで生きた情報を抽出します。シンガポール本部コンサルタントチームは海外事業コンサルティングを行っているスタッフで形成されている為、現地から取得した情報を標準化されたフォーマットに落とし込み、成果物品質はコンサルクオリティを保証します。

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    4
    対応
    4
    スピード
    4
    知識
    5

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう