• このエントリーをはてなブックマークに追加

人権デューデリジェンスの基礎知識 | 欧米に遅れをとる日本の人権DD / 海外における法制化と義務化の現状…ほか

掲載日:2021年07月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人権デューデリジェンス」とは「企業が事業活動を行う中で、社内や取引先における人権侵害リスクを把握し、その軽減や予防を行うこと」を指す言葉です。言い換えれば、すべての企業は人権を重視した中で事業活動を行うべきだとするものです。

近年、中国の新疆ウイグル自治区における人権弾圧が国際社会で問題となっている背景には、欧米各国に深く浸透している「人権デューデリジェンス」の存在があります。

2021年4月には、フランス国内の人権NGOなどが、中国新疆ウイグル自治区での人権侵害を巡り、ユニクロのフランス法人など4社を、強制労働や人道に対する罪を隠匿している疑いで刑事告発したことが話題となりました。

本テキストでは「人権デューデリジェンスの基礎知識」として、人権デューデリジェンスが世界に広まったきっかけや背景、海外主要国における人権デューデリジェンスの法制化と義務化について、海外の人権デューデリジェンス事情から、日本の取り組みや日系企業が人権デューデリジェンスに対してとるべき姿勢…などについて解説します。

近年、世界的に人権に対する意識がますます高まっており、先述のユニクロのように、企業の社会的責任が問われる現在において、人権デューデリジェンスの価値観は世界中でさらに広まりつつあります。これからの海外ビジネスにおいて必ず意識すべき「人権デューデリジェンス」について解説します。

1. 人権デューデリジェンスとは?

人権デューデリジェンスの意味とは?

「人権デューデリジェンス」とはアメリカの国際政治学者ジョン・ラギー氏が提唱した言葉であり、「企業が事業活動を行う中で、社内や取引先における人権侵害リスクを把握し、その軽減や予防を行うこと」を指します。

言い換えれば、すべての企業は人権を重視した中で事業活動を行うべきだとするものです。そのなかには当然企業のサプライチェーン(供給網)における強制労働や児童労働の排除も含まれます。

もともとデューデリジェンス(Due Diligence)とは、投資の際に投資対象の企業や投資先の価値やリスクなどを調査することを意味しており、「人権デューデリジェンス」を「人権DD」と表記することもあります。

企業による人権問題は利益に直結する重要な問題

人権デューデリジェンスは2008年に作られた比較的新しい言葉ではありますが、企業による人権問題はそれより前から存在しています。

1990年代にはナイキが東南アジアの工場において劣悪な環境において現地の人材に強制労働させていることが発覚し、大きな問題となりました。ナイキの不買運動も起こり、経済的にも企業イメージ的にも大打撃を受けたナイキは、その後CSRに真摯に取り組み、現在では高い評価を得ています。

企業が人権問題に取り組むことは、売り上げにもかかわる非常に重要な戦略でもあるのです。

2. 人権デューデリジェンスが世界で広まったきっかけと背景

このセクションでは、従来から存在した人権デューデリジェンスという価値観が、近年世界中で急速に広まったきっかけと背景について解説します。

中国の新疆ウイグル自治区における人権問題が日本企業に与えた影響

日本企業が人権デューデリジェンスを意識しなければならなくなったもっとも大きな要因は、中国の新疆ウイグル自治区における人権問題です。

中国の新疆ウイグル自治区においてウイグル族が強制労働などの人権侵害を受けているとして、アメリカやイギリスなどが経済的な制裁措置を発動したのは2021年3月のことでした。

ファストファッション大手のH&Mや大手スポーツメーカのナイキ、アディダスなどが新疆ウイグル自治区で生産された綿花を使わないと発表し、中国国内では不買運動などの反発によって売り上げが激減しました。

日本では無印良品とユニクロが新疆綿を使っているとして、SNSでも大きな話題になりました。ミズノは新疆綿を使わないことを発表していますが、無印良品は「法令または弊社の行動規範に対する重大な違反は確認していない」と述べるにとどまり、新疆綿についてそれ以上の言及は避けました。

海外展開を大々的に行っているユニクロは、新疆綿を使用した製品がアメリカで輸入差し止めとなっています。フランスにおいては人道に対する罪に加担した疑いがあるとしてフランス検察当局の捜査対象となる事態に。

また、新疆ウイグル自治区で生産されているのは綿だけではありません。大手総合メーカーのカゴメは新疆ウイグル産のトマトを使用しないことを明らかにしました。

このように欧米では人権デューデリジェンスがすでに深く浸透しており、日本企業だからと無関心ではいられない時代となっています。

欧米に足並みを揃えようとすると中国から反発を買い、売り上げが下がるというのは企業にとって頭の痛い状況ではありますが、国際社会において人権デューデリジェンスが非常に重要なものとなっていることは忘れてはいけません。

人権デューデリジェンスが世界に広まったきっかけとは?

人権デューデリジェンスはアメリカの国際政治学者ジョン・ラギー氏が提唱した言葉であることは先述したとおりですが、ジョン・ラギー氏は2005年、企業と人権に関する国連事務総長特別代表に就任している人物であり、2008年には国連人権委員会に「人権の保護・尊重・救済のフレームワーク(ラギー報告)」を、2011年には「ビジネスと人権に関する指導原則(ラギー原則)」を公表しています。

これによって、これまでは工場などで人権侵害や環境破壊が行われていてもサプライヤーの責任にすることが可能だった状況が一変しました。ラギー原則において人権保護は国だけでなく企業にも責任があると指摘されたことで、企業は現場のせいにして見て見ぬ振りをすることができなくなったのです。

ヨーロッパではもともと環境や労働に対する国民の意識が高く、EUもさまざまな基準を用意しており、人権尊重の基礎となる考え方がすでに浸透していました。その延長線上にある人権デューデリジェンスがすんなりと受け入れられたのもそのせいでしょう。

アメリカにおいては、企業が人権の保護に対して責任を持つという考え方は、1990年代の後半から2000年代にかけてCSR(企業の社会的責任)が問われるようになった頃から高まりを見せており、それが人権デューデリジェンスへとつながる流れとなったようです。

3. 海外主要国における人権デューデリジェンスの法制化と義務化の現状

前述したとおり、欧米各国は人権デューデリジェンスに対する意識が高く、すでに国としての法令化や義務化が実施されています。

この項では、海外主要国における人権デューデリジェンスの法制化と義務化について見ていきましょう。

米・カリフォルニア州「サプライチェーンの透明性に関する法律」(2012年施行)

全世界における売上高が1億ドルを超える、カリフォルニア州で事業を行う小売業者または製造業者を対象とした法律であり、監査の実施や法令を遵守していることを証明することが定められており、報告義務のみが課されます。

イギリス「英国現代奴隷法」(2015年施行)

イギリスで事業活動を行う売上高が年間3600万ポンド以上の営利団体・企業を対象とした法律であり、奴隷労働と人身取引に対する取組みについて報告義務が課されます。

フランス「フランス人権デューデリジェンス法」(2017年制定)

自社とサプライチェーンに対する人権デューデリジェンスを義務付けるこの法律の対象となるのは、自社とフランス領域内の子会社を合わせた従業員数が5,000人である企業、もしくは自社と全世界の子会社を合わせた従業員数が10,000人以上の企業です。

オーストラリア「現代奴隷法」(2019年施行)

サプライチェーンにおける現代奴隷に関するリスクなどの報告義務が課せられる法律であり、連結収益高が1億オーストラリアドル以上のオーストラリア企業もしくはオーストラリアで事業を行う企業が対象です。今のところは罰則は定められていませんが、今後の罰則追加が検討されています。

オランダ「児童労働デューデリジェンス法」(2019年制定、2022年施行予定)

オランダでは2019年、児童労働にかかわる人権デューデリジェンスを義務付ける法律が制定されました。施行は2022年を予定しています。違反の罰則は罰金だけでなく刑事責任が課せられることもあるのだとか。

カナダ「現代奴隷法」(審議中)

カナダで事業を行う企業に対してサプライチェーンにおける強制労働または児童労働に関する報告義務を課す法律であり、審議中となっています。

ドイツ「ドイツサプライチェーン法案」(2023年施行予定)

ドイツに本社があり、一定以上の従業員数を満たした企業が対象となります。強制労働などのリスクに関する人権デューデリジェンスを義務付ける内容で、罰則は罰金や公共調達への参加の制限などが予定されています。

EU「コーポレート・デューデリジェンスおよびコーポレート・アカウンタビリティに関する指令」(2021年の夏以降に法案提出予定)

「ビジネスと人権に関する指導原則(ラギー原則)」の考え方に沿った内容となっているようです。加盟国すべてが同じ基準で規制を行うことを目的としているため、施行には少し時間がかかりそうです。

4. 日本の人権デューデリジェンスに対する取り組み&日系企業が人権デューデリジェンスに対してとるべき姿勢

日本の人権デューデリジェンスに対する取り組みは遅れている

前項で見てきた欧米の意識の高さに対して、日本の取り組みはどのようなものなのでしょうか?

結論から言えば、日本の人権デューデリジェンスに対する取り組みは、欧米諸国に比べるとかなり遅れています。2019年、経団連が人権デューデリジェンスを「直ちに義務化すべきではない」と表明したことが要因だと言われています。

2020年に企業の人権対応について策定した「行動計画」には強制力はありません。

もちろん一企業として人権デューデリジェンスにすでに取り組んでいる企業もあるものの、具体的にどのように実施していけばよいのかわからないという企業も多いのが日本の現状です。

人権デューデリジェンスの意識が高い国へ進出する際には、人権デューデリジェンスを遵守しなければユニクロのように製品の輸出が認められない可能性があります。輸出できないだけでなく、現地の法律に違反しているとして罰則を受けることもあるため、早急に対策する必要があるでしょう。

5. 優良な海外進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介します

今回は「人権デューデリジェンスの基礎知識」として、人権デューデリジェンスが世界に広まったきっかけや背景、海外主要国における人権デューデリジェンスの法制化と義務化について、海外の人権デューデリジェンス事情から、日本の取り組みや日系企業が人権デューデリジェンスに対してとるべき姿勢…などについて解説しました。

人権に対する意識が世界的に高まっており、時代の変化によって企業の社会的責任の範囲も拡大している今、企業による人権侵害はあってはならないことであり、企業イメージ、ひいては売り上げにも影響する重要な問題です。日本の人権デューデリジェンスに対する取り組みは欧米諸国に比べかなり遅れていますが、だからこそいち早く対策を講じることが必要です。

海外進出を考える上では、人権デューデリジェンスを始め、さまざまな政治的な背景や具体的な協定などについて知っておくべきでしょう。進出先の風習や最新の流行など、調査すべき項目はたくさんあることも事実です。

「Digima〜出島〜」には、厳正な審査を通過した優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

「海外進出の戦略についてサポートしてほしい」「海外での事業計画立案のアドバイスがほしい」「海外に進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡る海外進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しない海外進出のために…! 最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

「Digima〜出島〜」編集部

「Digima〜出島〜」編集部

株式会社Resorz

あなたの海外進出・海外ビジネスの課題を解決に導く、日本最大級の海外ビジネス支援プラットフォームです。どうぞお気軽にお問い合わせください!

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group 

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    4

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    パル株式会社

    【中国台湾進出支援】 越境EC支援。市場リサーチ、SKU/価格設定、出店手続き、ライブコマースを手がける

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    388
    価格
    4
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    5

    中国、台湾に特化したマーケティング・コンサルティング会社

    ・中国・台湾進出サポート歴12年
    ・大企業・中小企業・地方自治体のご支援は388社以上

    なるべく低リスクで、実際に効果のあるプロモーション施策をオーダーメイドでご提案。

  • オススメ

    ユビーク株式会社

    ユビークは、鎌倉と東京を拠点に、海外市場への進出支援と、そのための包括的なコミュニケーションを企画・実行する専門性を兼ね備えた、ユニークな経営コンサルタント・広告代理店です。ユビークは、ブランドが世界に向けて伝えたい内容を正確に、かつ各マーケットの文化に合わせて伝えることで、その成長に寄与します。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    25
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    5

    ユビーク株式会社とは

    1997年、マイケル・フーバーがMDH Consultants KKを設立。日本企業や日本市場へ参入しようとする外国企業にコンサルティングサービスを提供していました。2015年に社名をユビーク株式会社に変更し、創業時から「企業開発のコンサルティング」と「マーケティング支援サービス」を着実に実践し、サービスを提供してきました。また、国内外の経験豊富な専門家と連携して「ブティック」を設立し、彼らの知見や能力を活かして、サービスの拡大を続けています。ユビークの中核は、品質とお客様への情熱、そしてプロフェッショナルなサポートです。

    コミュニケーションと新技術

    ユビークのコアチームは、日本およびグローバルでコミュニケーションのためのコンテンツを数十年にわたって企画・制作してきた経験を有しています。企業開発のコンサルティングから、翻訳、コピーライティング、ネーミング、ライティングなど幅広いサービスを提供し、それぞれが重要な役割を果たしています。また、出版物やビデオ、雑誌、書籍、広告の制作といった多面的なプロジェクトに領域を拡げ、さらには世界に展開するウェブサイト、SNS、ポータル、コンテンツマネジメントシステムを構築するデジタル領域へと進化してきました。

    大手グローバル企業の社内や、広告・マーケティング会社のサプライヤーとして多様な仕事に携わってきたユビークは、コミュニケーションについて確固たる基盤を有しています。クライアント内外の視点からコミュニケーション・プロジェクトに必要な要素に精通しているため、企業と代理店のどちらのパートナーとしても優位性を持っています。

    ユビークの専門的なスキルは進化し続けており、エンターテインメント製品や体験、マーケティングプログラム、市場調査、製品開発やテストにおいて大きな可能性を秘めたバーチャルリアリティ(VR)などの新たな技術にも焦点を当てています。テクノロジーやシステムが急速に進化している中、日本国内だけでなくグローバルに、企業のニーズに沿ったモバイルソリューションやソフトウェア開発をブランドに対して提供していきます。その一方で、「コンテンツ・イズ・キング」であり、最高品質のコンテンツが必須であるという事実を見失うことはありません。

    マーケティング・インテリジェンス・サービス

    最も成功しているマーケターは、消費者が何を求めているのかをより深く理解するために、トレンドやテクノロジーを常に把握しています。リサーチや情報分析はBtoCのマーケティングに活用されてきましたが、BtoBにおいても重要です。ユビークは、双方の分野でトップレベルの研究・分析を行うだけでなく、VRのような新しい技術を製品開発やマーケティングキャンペーンのテスト段階の時間短縮・コスト低減に活用している企業との提携を進めています。

    これからのユビーク

    ユビークは今後もグローバル企業に直接サービスを提供するとともに、広告代理店と連携したプロジェクトを遂行していきます。この2つの顧客基盤を拡大しながら、リソースやサプライヤーのネットワークを構築することで、個々のプロジェクト課題に最適な人材のマッチングを図ります。同時に、VRをはじめとする新しいビジネスチャンスに挑戦。中長期的には、企業や代理店に最高品質の成果を提供するために、ニッチを開拓します。また、日本のみならず海外のグローバル企業とのコンサルティング関係を構築し、新しい技術を積極的に導入することにより、バーチャル化が進む世界でコミュニケーションを強化していきます。

    ユビークはデジタル時代にふさわしいプロセスと統合的なアプローチによって課題を解決する、信頼のおけるパートナーになりたいと考えています。重要なのは、未来に向けた理想のロードマップを戦略的に構築することです。日本から世界へ、世界から日本へ。時と場所を超えたコミュニケーションで人とブランドをつなぎ、ブランドにクリエイティブな力を吹き込む。それがユビークです。

    ぜひ、思いを一緒にかなえましょう。

    ユビーク株式会社
    代表取締役
    マイケル・フーバー

  • オススメ

    GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

    60か国/90都市以上での現地に立脚したフィールド調査

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    300
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    4
    知識
    5

    GLOBAL ANGLEはオンライン完結型の海外市場調査サービスを提供しています。60か国90都市以上にローカルリサーチャーを有し、常に調査ができる様にスタンバイしています。現地の言語で、現地の人により、現地市場を調べることで生きた情報を抽出します。シンガポール本部コンサルタントチームは海外事業コンサルティングを行っているスタッフで形成されている為、現地から取得した情報を標準化されたフォーマットに落とし込み、成果物品質はコンサルクオリティを保証します。

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    4
    対応
    4
    スピード
    4
    知識
    5

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう