Digima〜出島〜

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

WTOの基礎知識 | WTOが日本企業の海外進出において重要な機関である理由

掲載日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


WTO(World Trade Organization)とは、1995年1月1日に設立された国際機関「世界貿易機関」です。

WTO=世界貿易機関とは世界の貿易体制の中核を担う存在です。さまざまな協定を作成し、貿易の自由化を促進することで世界経済の成長に貢献してきたWTOは日本経済にとっても重要な存在です。

本テキストでは、海外ビジネスに関わるなら知っておきたい、そんなWTOについて解説していきます。WTOとは何か、誕生の歴史やGATTとの関係性といった基礎知識から、課題や問題点、米中の対立問題や事務局長のオコンジョ=イウェアラ氏についてなど、WTOに関する多くの事柄について理解を深めていきましょう。

1. WTO(World Trade Organization / 世界貿易機関)とは?

WTOは自由貿易で成り立っている日本にとって、とても重要な存在です。

貿易の自由化によって発展してきた世界経済ですが、トランプ政権においてアメリカが保護貿易の動きを見せたのは記憶に新しいところです。近年、中国の台頭を警戒した各国が関税を上げるなど、保護貿易が世界経済のトレンドとなりつつありますが、行き過ぎた保護貿易はかつて第二次世界大戦が起こった原因の一つとされているブロック経済のような排他的な貿易体制にもつながります。

2021年3月現在で164の国や地域が加盟するWTOは、貿易の自由化を促進するために国際ルールを定めており、貿易摩擦が政治的な問題に発展することを防ぐための紛争解決手続システムも設けている機関であり、その前身はブロック経済の過ちを受けて作られたGATTです。

WTO(World Trade Organization / 世界貿易機関)とは?

WTO(World Trade Organization)とは、1995年1月1日に設立された国際機関「世界貿易機関」です。貿易に関するさまざまなルールを定めており、事務局はスイスのジュネーブにあります。WTOの任務は下記の5つです。

・WTO設立協定、多角的貿易協定の実施・運用
・多角的貿易関係に関する交渉の場と実施の枠組みの提供
・紛争解決に係る規則及び手続に関する了解の運用
・貿易政策検討制度の運用
・IMF、世界銀行、関連機関との協力

WTOの誕生と歴史

WTOの誕生のきっかけは、1986年に開始されたGATTの多角的貿易交渉「ウルグアイ・ラウンド」です。

2国間の貿易問題を仲裁していたそれまでのGATT交渉とは異なり、複数国の間で貿易問題が浮上するようになり、対象もサービス貿易や知的財産権といった新しい分野におよび、農作物の自由化など、交渉が多角化したのがウルグアイ・ラウンドの大きな特徴です。

このような多角的な貿易交渉を実施、運営管理する国際機関が必要となったため、1995年にWTOが誕生しました。

WTOとGATTの関係性

WTOの前身であるGATT(The General Agreement on Tariffs and Trade)は自由貿易を目的につくられた国際協定であり、国際機関であるWTOとはそもそも位置付けが異なります。

第二次世界大戦を引き起こした原因の一つとされているブロック経済への反省から発効されたのがGATTであり、ウルグアイ・ラウンドをきっかけに多角的な交渉を管理する機関が必要となり、WTOが生まれました。

2. WTOの加盟国は164ヵ国(2021年3月現在)

このセクションではWTOの加盟国について見ていきましょう。

2021年3月現在、WTOの加盟国数は164となっており、国・地域名は下記のとおりです。

アジア地域のWTO加盟国

インド,インドネシア,カンボジア,シンガポール,スリランカ,タイ,大韓民国,台湾,中華人民共和国,日本,ネパール,パキスタン,バングラデシュ,フィリピン,ブルネイ,ベトナム,香港,マカオ,マレーシア,ミャンマー,モルディブ,モンゴル,ラオス

北米地域のWTO加盟国

アメリカ合衆国,カナダ

中南米地域のWTO加盟国

アルゼンチン,アンティグア・バーブーダ,ベネズエラ,ウルグアイ,エクアドル,エルサルバドル,ガイアナ,キューバ,グアテマラ,グレナダ,コスタリカ,コロンビア,ジャマイカ,スリナム,セントビンセントおよびグレナディーン諸島,セントクリストファー・ネーヴィス,セントルシア,チリ,ドミニカ,ドミニカ共和国,トリニダード・トバゴ,ニカラグア,ハイチ,パナマ,パラグアイ,バルバドス,ブラジル,ベリーズ,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ

欧州地域のWTO加盟国(NIS諸国を含む)

アイスランド,アイルランド,アルバニア,アルメニア,欧州共同体(EC),イタリア,ウクライナ,英国,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,ギリシャ,キプロス,キルギス,グルジア,クロアチア,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロべニア,タジキスタン,チェコ,デンマーク,ドイツ,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベルギー,ポーランド,ポルトガル,マケドニア,マルタ,モルドバ,モンテネグロ,ラトビア,リトアニア,リヒテンシュタイン,ルーマニア,ルクセンブルク,ロシア

大洋州地域のWTO加盟国

オーストラリア,サモア,ソロモン,トンガ,ニュージーランド,バヌアツ,パプアニューギニア,フィジー

中東地域のWTO加盟国

アフガニスタン,アラブ首長国連邦,イエメン,イスラエル,オマーン,カタール,クウェート,サウジアラビア,トルコ,バーレーン,ヨルダン

アフリカ地域のWTO加盟国

アンゴラ,ウガンダ,エジプト,ガーナ,カーボヴェルデ,ガボン,カメルーン,ガンビア,ギニア,ギニアビサウ,ケニア,コンゴ共和国,コンゴ民主共和国,ザンビア,シエラレオネ,ジブチ,ジンバブエ,スワジランド,セネガル,セーシェル,コートジボワール,タンザニア,チャド,中央アフリカ,チュニジア,トーゴ,ナイジェリア,ナミビア,ニジェール,ブルキナファソ,ブルンジ,ベナン,ボツワナ,マダガスカル,マラウイ,マリ,南アフリカ共和国,モザンビーク,モーリシャス,モーリタニア,モロッコ,リベリア,ルワンダ,レソト

そのほか、WTO加盟の準備を進めている国や地域もあり、今後加盟国はさらに増える予定です。

3. WTOの目的と役割

多角的な交渉を管理する機関として誕生したWTOですが、その目的と役割をもう少し詳しく見ていきましょう。

WTOが設立された目的とその役割とは?

WTOの設立目的は、前述したように第二次世界大戦の反省を踏まえて作られたGATTを前身として、貿易ルールのさらなる拡充とその運営を行う機関が必要とされたことにあります。また、その役割は主に3つあり、それは「交渉」と「監視」と「紛争解決」です。

WTOは「交渉」によって世界共通の貿易に関するルールを作り、「監視」によって各加盟国がルールをしっかり守っているかどうかを確認し、ルール違反の措置や是正の勧告などによって「紛争解決」を行います。

WTOが存在することで多国間協力が促され世界平和が維持されている?

WTOとその前身GATTによって、多国間の貿易が自由化され、世界の平和が維持されてきました。貿易が活性化すれば生活の水準も上がります。

GATTより前の時代では、産業を守るために保護貿易を行うのが一般的でしたが、それが貿易摩擦を生み、争いにつながることからGATTが誕生し、経済開放によって世界平和と経済的成功をもたらしたというのは決して大げさな表現ではないでしょう。

4. WTOの課題と問題点

世界全体が自国の貿易を保護する動きが加速する中でWTOが機能不全に…?

WTOと前身であるGATTは貿易の自由化によって世界経済の発展と世界平和の維持に成功しましたが、WTOにも解決すべき課題や問題点は多くあります。新型コロナウイルスによるパンデミックの影響もあり、世界経済が保護主義へと傾きつつある中でWTOが機能不全になっているとの声も大きくなっています。

古いルールが今もそのまま適用されているため、新しい貿易の形にルールが追いついていないという問題や、先進国と途上国の対立問題も解決されていません。

WTOは各国政府がメンバーとなっており、意志決定は、全会一致によって決まると定められているのですが、加盟国も増えて貿易の形も変わりつつある現代において全会一致は非常に困難なルールであり、結局何も決まらない、ということも多くなりました。ドーハ・ラウンドは各国間の交渉分野をめぐる対立が解けないまま何度も最終合意に失敗しています。

2020年8月には任期半ばでアゼベド事務局長が辞任。この背景には中国を途上国として扱うWTOのルールにトランプ政権下のアメリカが反発し、上級委員会の委員専任を拒否したために上級委員会が機能しなくなってしまう、という出来事がありました。

そんな中、新たにWTO事務局長に就任した人物がいます。初のアフリカ出身者事務局長で、かつ女性であることが話題を集めた、元ナイジェリア財務相のオコンジョ=イウェアラ氏です。

5. 新たにWTOの事務局長に就任したオコンジョ=イウェアラ氏とは?

2021年2月15日の臨時一般理事会でオコンジョ=イウェアラ氏が事務局長に就任

アゼベド事務局長が辞任し、半年も事務局長不在が続いていたWTOですが、2021年2月15日の臨時一般理事会で、オコンジョ=イウェアラ氏が事務局長に就任しました。世界銀行専務理事やナイジェリア財務相および外相などを歴任した人物であり、パンデミックから回復するためにWTOの存在が不可欠であることを強くアピールしています。

WTO機能不全の原因となったアメリカも政権交代し、バイデン政権はオコンジョ=イウェアラ氏を支持。半年の混乱にようやく終止符が打たれました。

6. WTOをめぐる中国とアメリカの関係と対立構造について

何かと対立関係にある中国とアメリカですが、この対立関係がWTOに及ぼす影響は前述したように非常に強いものであるため、この項ではWTO、中国、アメリカそれぞれの関係性と両国の対立について解説します。

中国とWTOの関係

中国はそれまでの閉鎖的な体制を1978年に打ち出した改革開放政策によって大きく方向転換。2001年にWTOに加盟しています。

WTO加盟後、中国への外資による直接投資はWTO加盟前の2000年の408億ドルから一気に3倍以上の1383億ドルに増加。中国の経済は急激に発展し、世界に大きな存在を示すこととなりました。

WTOをめぐる中国とアメリカの対立

トランプ政権はWTOのルールを無視し、アメリカファーストを掲げた保護貿易を行い、中国に対しても制裁措置を取り、これが米中貿易摩擦につながったのは記憶に新しいところです。

中国は経済的に大きな発展を遂げましたが、貿易慣習はまだまだ先進国のレベルに達しているとは言い難く、知財保護などの面でルールが遵守されていないといった問題も残っています。

バイデン政権において、それまでのアメリカの強硬的な姿勢は幾分緩和されたものの、中国の不公正な貿易慣習に対しては対処するためのルールの制定を強く求めており、WTOを舞台とした米中対立はまだまだ終わりそうにありません。

7. WTOが日本に必要な理由

日本はWTO DSと呼ばれる紛争解決手段を活用している

日本はDS(Dispute Settlement / 紛争解決)と呼ばれるWTOの紛争解決手続を大いに利用し、国際ルールに適合していない他国の措置に対して是正を求めてきました。

経済産業省によると、2020年10月時点で、これまでに日本がWTOの紛争処理に持ち込んだ貿易問題は24件。DSによって解決した19件のうち18件が日本の主張に沿うものとなりました。

DSによって日本の主張が認められた代表例が中国のレアアース輸出制限です。これは日本が中国との貿易問題をWTOに持ち込んだ初めてのケースでした。2012年、日本はアメリカやEUと共同で提訴。中国への是正を求めました。

WTO上級委員会は2014年に提訴国の主張を全面的に認め、中国は2015年に輸出制限措置を撤廃しています。

貿易立国である日本にとって、自由貿易体制を維持・促進しており、紛争解決に一役買ってくれるWTOは非常に重要な存在です。

近年、WTOの古いルールを補完すべくFTAが多く締結されており、WTOの存在意義について問われている時代ではありますが、FTAが乱立する時代にこそ、WTOが調整役になって、極端なFTAを調整することが必要なのではないでしょうか。

8. 優良な海外進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介します

今回は、海外ビジネスに関わるなら知っておきたいWTOについて解説しました。

先の大戦の反省を踏まえて生まれたGATTを前身として、正式な国際機関として誕生したWTOは今や世界経済にとってなくてはならない存在です。近年、米中対立が緊張感をもたらしている世界経済において、新事務局長のもとでWTOが問題の速やかな解決に働きかけてくれるといいですね。

今後も世界の貿易事情にはさまざまな変化が訪れると予想されるため、海外ビジネスを行う上で専門家の意見を仰ぐことは非常に重要です。

国際貿易でお困りのことやお悩みがあるなら、海外の最新事情に詳しい専門家にご相談することを強くオススメします。

「Digima〜出島〜」には、厳正な審査を通過した優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

「自社の商品・サービスを海外で展開してみたい」「海外移住を前提とした海外ビジネスにチャレンジしたい」「海外進出に挑戦したいが何から始めればいいのかわからない」…といった、多岐に渡る海外進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しない海外進出のために…! 最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出相談数 2,000 件突破!!
最適サポート企業を無料紹介

\ 3つの質問に答えて /
コンシェルジュ無料相談

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group 

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    カケモチ株式会社

    インドネシア市場に特化して、市場調査・越境EC・会社設立・ビザ申請・駐在員様向け秘書サービスなどをご提供している、インドネシア進出の専門会社です。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    72
    価格
    対応
    スピード
    知識

    インドネシア進出前から進出後に至る業務を多岐に渡って支援。
    多国展開はしておらず、インドネシア市場を専門にして、日本語が話せるインドネシア人スタッフを多数採用しています。

    ■インドネシア進出支援
     ・現地視察
     ・市場調査
     ・仮想進出
     ・越境EC
     ・会社設立

    ■インドネシア駐在員様支援
     ・オンライン秘書サービス
     ・ビザ申請

    ■インドネシア人集客支援
     ・多言語サイト制作
     ・SEO
     ・Web広告
     ・SNS運用

    まずはお気軽にご連絡をください。

  • オススメ

    MRKS International LLC / マークスインターナショナル合同会社

    機動力が持ち味のインドネシア進出支援。インドネシアに特化し、各分野のプロが確実に迅速にサポートいたします。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    100
    価格
    対応
    スピード
    知識

    インドネシアに特化した進出コンサルティングファームです。東京とインドネシア・ジャカルタに拠点があります。

    マッキャンエリクソン / 電通 / J. Walter Thompsonなどで、インドネシアなど国際的なマーケティングに従事してきた代表が、2018年にジャカルタにおいてデジタルマーケティングの会社を、2021年に東京とジャカルタにおいてコンサルティング会社を設立。

    ご提供サービス
    【パッケージサービス】
    ○コンサルティング顧問契約
    ○戦略策定から事業運営までワンストップ支援
    ○ご進出プランの資料・提案書作成(フィージビリティスタディ)

    【個別サービス】
    (進出ご検討段階)
    ○無料オンライン相談
    ○市場調査(市場環境、競合環境、規制調査、消費者調査)
    ○現地視察(訪問先アレンジからアテンドまで)
    ○テストマーケティング(展示会出展サポートなど)
    ○現地パートナー探し及びマッチング支援 など

    (進出ご決定後)
    ○各種法務手続き(会社設立や必要な許認可取得、駐在員VISA取得など)
    ○各種税務・人事労務施策支援
    ○マーケティング・プロモーション支援
    ○クリエーティブ開発支援
    ○営業開拓支援  
    ○FC展開支援 など

    弊社の特長は、クライアント企業様の社内(他部門や上層部など)に向けた「資料・企画書」の作成からもサポートを行う点です。また、現地では、信頼ある法務・労務・税務の専門家や、デザインやコピーラインティング(英語・インドネシア語)、動画撮影編集などクリエーターともタッグを組んでおります。

  • オススメ

    GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

    70か国/90都市以上での現地に立脚したフィールド調査

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    300
    価格
    対応
    スピード
    知識

    GLOBAL ANGLEは海外進出・事業推進に必要な市場・産業調査サービス、デジタルマーケティングサービスを提供しています。70か国90都市以上にローカルリサーチャーを有し、現地の言語で、現地の人により、現地市場を調べることで生きた情報を抽出することを強みとしています。自社オンラインプラットホームで現地調査員管理・プロジェクト管理を行うことでスムーズなプロジェクト進行を実現しています。シンガポール本部プロジェクトマネージメントチームは海外事業コンサルタント/リサーチャーで形成されており、現地から取得した情報を分析・フォーマット化し、事業に活きる情報としてお届けしております。


    実績:
    東アジア(中国、韓国、台湾、香港等)
    東南アジア(マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ等)
    南アジア(インド、パキスタン、バングラディッシュ等)
    北米(USA、メキシコ、カナダ)、南米(ブラジル、チリ等)
    中東(トルコ、サウジアラビア等)
    ヨーロッパ(イタリア、ドイツ、フランス、スペイン等)
    アフリカ(南アフリカ、ケニア、エジプト、エチオピア、ナイジェリア等)

  • オススメ

    株式会社セカラボ

    「海外進出プロジェクトの担当になったけど、 進出先で本当に商品が売れるのかわからない…」と お悩みではありませんか?

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    100
    価格
    対応
    スピード
    知識

    わたしたちセカラボでは、顧客との綿密なコミュニケーションから

    1)海外ビジネスにおける課題の整理
    2)事業の推進に必要な専門業務の割り出し
    3)各国・各分野の専門家グローバルCXOとの連携プログラム

    をご提案します。

    どこの国でビジネス展開をすべきか見えていないという課題に対しては、進出国選定のための市場調査およびその専門家との連携プログラムが有効です。

    また、現地の販売代理店に自社商材の取り扱いを交渉したいという課題に対しては、商談先企業の探索とアポ取得の販路開拓プログラムを実行すべきでしょう。

    わたしたちセカラボでは、顧客の現在地(スタート地点)と事業の目標(ゴール地点)から割り出した、もっとも有効なプログラムをご提案します。

コンシェルジュに無料相談する

入力1

入力2

確認

送信

課題やお悩みをカンタンヒアリング。
下記の項目に答えるだけでサポート企業をご紹介します。

連絡先を入力する

役職

個人情報保護方針利用規約 を必ずお読みになり、同意いただける場合は次へお進みください。

前に戻る

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group 

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    カケモチ株式会社

    インドネシア市場に特化して、市場調査・越境EC・会社設立・ビザ申請・駐在員様向け秘書サービスなどをご提供している、インドネシア進出の専門会社です。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    72
    価格
    対応
    スピード
    知識

    インドネシア進出前から進出後に至る業務を多岐に渡って支援。
    多国展開はしておらず、インドネシア市場を専門にして、日本語が話せるインドネシア人スタッフを多数採用しています。

    ■インドネシア進出支援
     ・現地視察
     ・市場調査
     ・仮想進出
     ・越境EC
     ・会社設立

    ■インドネシア駐在員様支援
     ・オンライン秘書サービス
     ・ビザ申請

    ■インドネシア人集客支援
     ・多言語サイト制作
     ・SEO
     ・Web広告
     ・SNS運用

    まずはお気軽にご連絡をください。

  • オススメ

    MRKS International LLC / マークスインターナショナル合同会社

    機動力が持ち味のインドネシア進出支援。インドネシアに特化し、各分野のプロが確実に迅速にサポートいたします。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    100
    価格
    対応
    スピード
    知識

    インドネシアに特化した進出コンサルティングファームです。東京とインドネシア・ジャカルタに拠点があります。

    マッキャンエリクソン / 電通 / J. Walter Thompsonなどで、インドネシアなど国際的なマーケティングに従事してきた代表が、2018年にジャカルタにおいてデジタルマーケティングの会社を、2021年に東京とジャカルタにおいてコンサルティング会社を設立。

    ご提供サービス
    【パッケージサービス】
    ○コンサルティング顧問契約
    ○戦略策定から事業運営までワンストップ支援
    ○ご進出プランの資料・提案書作成(フィージビリティスタディ)

    【個別サービス】
    (進出ご検討段階)
    ○無料オンライン相談
    ○市場調査(市場環境、競合環境、規制調査、消費者調査)
    ○現地視察(訪問先アレンジからアテンドまで)
    ○テストマーケティング(展示会出展サポートなど)
    ○現地パートナー探し及びマッチング支援 など

    (進出ご決定後)
    ○各種法務手続き(会社設立や必要な許認可取得、駐在員VISA取得など)
    ○各種税務・人事労務施策支援
    ○マーケティング・プロモーション支援
    ○クリエーティブ開発支援
    ○営業開拓支援  
    ○FC展開支援 など

    弊社の特長は、クライアント企業様の社内(他部門や上層部など)に向けた「資料・企画書」の作成からもサポートを行う点です。また、現地では、信頼ある法務・労務・税務の専門家や、デザインやコピーラインティング(英語・インドネシア語)、動画撮影編集などクリエーターともタッグを組んでおります。

  • オススメ

    GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

    70か国/90都市以上での現地に立脚したフィールド調査

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    300
    価格
    対応
    スピード
    知識

    GLOBAL ANGLEは海外進出・事業推進に必要な市場・産業調査サービス、デジタルマーケティングサービスを提供しています。70か国90都市以上にローカルリサーチャーを有し、現地の言語で、現地の人により、現地市場を調べることで生きた情報を抽出することを強みとしています。自社オンラインプラットホームで現地調査員管理・プロジェクト管理を行うことでスムーズなプロジェクト進行を実現しています。シンガポール本部プロジェクトマネージメントチームは海外事業コンサルタント/リサーチャーで形成されており、現地から取得した情報を分析・フォーマット化し、事業に活きる情報としてお届けしております。


    実績:
    東アジア(中国、韓国、台湾、香港等)
    東南アジア(マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ等)
    南アジア(インド、パキスタン、バングラディッシュ等)
    北米(USA、メキシコ、カナダ)、南米(ブラジル、チリ等)
    中東(トルコ、サウジアラビア等)
    ヨーロッパ(イタリア、ドイツ、フランス、スペイン等)
    アフリカ(南アフリカ、ケニア、エジプト、エチオピア、ナイジェリア等)

  • オススメ

    株式会社セカラボ

    「海外進出プロジェクトの担当になったけど、 進出先で本当に商品が売れるのかわからない…」と お悩みではありませんか?

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    100
    価格
    対応
    スピード
    知識

    わたしたちセカラボでは、顧客との綿密なコミュニケーションから

    1)海外ビジネスにおける課題の整理
    2)事業の推進に必要な専門業務の割り出し
    3)各国・各分野の専門家グローバルCXOとの連携プログラム

    をご提案します。

    どこの国でビジネス展開をすべきか見えていないという課題に対しては、進出国選定のための市場調査およびその専門家との連携プログラムが有効です。

    また、現地の販売代理店に自社商材の取り扱いを交渉したいという課題に対しては、商談先企業の探索とアポ取得の販路開拓プログラムを実行すべきでしょう。

    わたしたちセカラボでは、顧客の現在地(スタート地点)と事業の目標(ゴール地点)から割り出した、もっとも有効なプログラムをご提案します。

もっと企業を見る

海外進出・海外ビジネスで
課題を抱えていませんか?

Digima~出島~では海外ビジネス進出サポート企業の無料紹介・
視察アレンジ等の進出支援サービスの提供・
海外ビジネス情報の提供により御社の海外進出を徹底サポート致します。

無料相談はこちら

0120-979-938

海外からのお電話:+81-3-6451-2718

電話相談窓口:平日10:00-18:00

海外進出相談数
22,000
突破